メールマガジン「秘密の皮膚科学」

2016年03月29日配信

第502号 牛田が語る『非接触生活への思い』の秘密

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2016/03/29━☆
     健康な素肌を取り戻すために知ってほしいこと

            「秘密の皮膚科学」

     第502号 発行者:シニアフェロー 牛田専一郎
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆


 ふもふもさん、こんにちは。
 シニアフェローの牛田専一郎です。

 メルマガ500号、501号では
 測定フェローにお話を伺いました。

  ☆『測定フェローにインタビュー』前編
   http://hisesshoku-derm.com/archives/2016/03/500500.php

  ☆後編
   http://hisesshoku-derm.com/archives/2016/03/501500.php


 このメルマガの配信を始めて、もうすぐ12年。
 今となっては創刊当初のことをご存じない方も
 たくさんいらっしゃるでしょうね。

 今回は、創刊号から登場している白木さんと一緒に
 500号までの歩みを振り返ってみたいと思います。


☆------------------------------------------------------------☆

              ── 牛田が語る ──

            『非接触生活への思い』の秘密

☆------------------------------------------------------------☆


 ▼なつかしのメルマガ創刊


 私、牛田は、コスメプロデューサーとして
 化粧品の開発に関わってきました。

 化粧品を楽しんで使える方がいる一方で、
 化粧品によって肌を傷めてしまう方がいることが
 長年の悩みでした。

 一人でも多くの方に、
 肌の健康について正しい知識を持ち、
 自分の肌を守れるようになってほしい。
 そんな思いから、メルマガで情報発信を始めることにしました。

 ☆こちらが創刊準備号。2004年10月のことでした。
  http://hisesshoku-derm.com/archives/2004/10/post_1.php


 創刊当初のメルマガでは
 "何もつけない"というキャッチフレーズを使い、
 自称・美肌研究家の白木さんと
 化粧品やシャンプー・リンスを使用しないことを伝えました。


 「何もつけないほうが肌にいいなんて、
  最初はとても信じられませんでした」


 当時はコスメフリークだった白木さん。
 ビックリしていましたね。

 牛田の常識はみんなの非常識、
 なんて言われていましたっけ。

 化粧水や乳液をつけるのが当たり前、という風潮のなか
 この内容がどれくらい受け入れられるのか心配していましたが......

 意外にも!? 当初から大きな反響があり、
 "何もつけない"をやってみたというご報告や
 肌についてのご質問がたくさん寄せられました。






 ▼だんだんと切実なご相談が届くように


 メルマガでの情報発信を続けるうちに、
 だんだんと切実な内容のご相談が増えてきました。


 『アトピーがあり、温泉に行くのも抵抗がある』
 『重度のニキビで、人と目を合わせられず、下ばかり向いている』

 『良いと言われるさまざまな化粧品や民間療法を試して
  さらにひどくなってしまった。どうしたらいいかわからない』

 『顔のトラブルが気になり、外に出られず
  引きこもりになってしまった』

 などなど......。


 2005年には肌の測定器を導入し、希望者を募って
 定期的に肌の数値を測定する活動を始めました。

 また2006年には、メルマガの読者からもモニターを募って
 "何もつけない"を実践したうえでの
 肌の状態の変化を観察していただきました。

 読者やモニターのみなさんのご協力により
 化粧品以外にも肌に影響を与えるものがあり、
 その数は決して少なくない、ということが分かってきたのです。






 ▼洗濯洗剤の存在に着目


 研究を進めるうちに、"何もつけない"とお湯洗髪だけでは
 肌トラブルが改善しない事例があることがわかってきました。

 化粧品やシャンプー・リンス以外で
 肌に影響を及ぼしているものは何か。
 そこで浮かび上がってきたのが【洗濯洗剤】の存在でした。

 柔軟剤をやめても肌の状態が改善しないという方が多く、
 洗濯洗剤に含まれるその他の成分が肌に影響を与えているらしい、
 というところまでは分かったのですが......


 「当時は洗濯洗剤の成分の表示義務がなくて、
  どの成分が肌に影響を与えているのか、
  どの洗剤なら肌の弱い人でも使えるのか、
  手がかりとなる情報がなかったんですよね」


 そうでしたね。

 手がかりがないなら、実際に使って試してみよう!
 ということで、2007年にさまざまな洗剤を購入して
 肌の弱いスタッフが使用し、テストを行いました。

 そして2008年、洗い上がりの生地に成分が残留しない洗剤として
 トップクリアリキッドを特定することができたのです。






 ▼【間接接触】についても明らかに


 2009年には、手や髪を経由した一次刺激性物質との
 接触についても明らかになってきました。


 『いつも手で触っている顎にニキビができる』
 『頬杖をつく左側にばかり赤みがある』
 『前髪を触るのをやめたら、額のベタつきやニキビが治まった』


 などなど。

 こんなことも影響するなんて!
 という驚きの声もたくさんありました。

  ☆第427号 いつ、どこで?『間接接触』の秘密(1)
   http://hisesshoku-derm.com/archives/2014/09/427.php


 O-157が流行った1996年頃から家庭用抗菌グッズが増え始め、
 製品にさまざまな加工を施すことがスタンダードになっています。

 肌の弱い人は、それらに触れた手で髪や肌を触るだけで、
 影響を受けてしまうことが分かってきました。

 肌トラブルを起こしやすい環境になってきていること、
 また、個人のライフスタイルが多様化していることを踏まえ、
 2010年代に入ってからは"自分で肌トラブルの原因を見つけること"
 がメルマガのテーマとなりました。


  ☆第383号 自分で見つける!『原因発見法』の秘密(1)
   http://hisesshoku-derm.com/archives/2013/10/383.php







 ▼そして思いは変わらず


 メルマガ創刊当初は"非常識"と言われていましたが、
 このごろになって『過剰なお手入れをしないこと』が
 トレンドになってきている兆しがあります。

 だんだんと男性の実践者が増えているのも
 うれしいことのひとつ。

 身体のかゆみが治まった、薄毛が気にならなくなった、
 などのご報告をいただいています。

 男女関係なく、肌の弱い方は
 皮膚科を転々としても改善せず
 治療をしても無駄とあきらめてしまったり、
 自己流の方法でさらに悪化させてしまうことがあります。

 また、外見を気にして人目を避けたり、
 自信が持てず外出できない、仕事ができないなど、
 重度の皮膚疾患はその人の生活を制約し、
 人生に大きな影響を及ぼしてしまうことがあります。

 非接触生活研究会では、これからも、肌の弱い方が
 最短期間で肌の悩みを解消できるようサポートをするとともに、
 肌の弱い方が快適に過ごせる環境づくりに取り組んでいきます。

 これからも研究開発に、ご協力、ご支援を
 よろしくお願いいたします。



☆ご相談・ご質問など、お気軽にどうぞこちらへ。
  →→ http://hisesshoku-ryouhou.com/archives/06info/info.html


【次のエントリー】
 → 第503号 この春に『非接触生活を始める方へ』の秘密

【前のエントリー】
 →第501号 500号記念!『測定フェローにインタビュー』の秘密(2)

このページのTOPへ