バックナンバーメールマガジン「秘密の皮膚科学」

2022年03月15日配信

どんな仕組み?『非接触生活で改善するわけ』の秘密 | 第701号

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2022/03/15━☆
    健康な素肌を取り戻すために知ってほしいこと

           「秘密の皮膚科学」

    第701号 発行者:シニアフェロー 牛田専一郎
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆


 みなさん、こんにちは。
 シニアフェローの牛田専一郎です。


 「牛田さん、ところで皮膚って
  どうして傷むんでしたっけ?」


 白木さん......基本に返ってきましたね。

 そういえば皮膚の役割やしくみだけ詳しく
 お話したことはなかったかもしれません。
☆-------------------------------------------------------☆

          どんな仕組み?

       『非接触生活で改善するわけ』の秘密

☆-------------------------------------------------------☆


 ▼健康な素肌って?


 まずはおさらいから。

 皮膚は、胃や腸と同じ、身体の臓器の一部です。
 身体の一番外側で、紫外線や細菌・ウイルス、
 化学物質などの侵入を防ぎ外的刺激から体内を守っています。

 つまり、肌は体内に何も入り込ませない機能を
 持っています。


 「そのおかげで泥水に手を入れても
  肌にしみこんだりしないんでしたよね」


 よく覚えていましたね、白木さん。
 体内を守ることが皮膚の大きな役割なのですが、

 その皮膚をさらに守っているものは
 何だったかわかりますか?


 「えーっと......皮膚常在菌ですね!」


 その通りです。

 私たちの肌には、約1兆個もの皮膚常在菌がすみつき、
 皮脂膜とともに、肌の健康を守っているのでしたね。

 皮膚常在菌は汗、皮脂を取り込み、脂肪酸や
 グリセリンを産生します。産生された脂肪酸や
 グリセリンを取り込む皮膚常在菌も存在し、
 精妙なバランスで共存しています。

 このバランスが整った状態で悪性菌の
 繁殖を防いでいるのです。



 さらに『皮脂膜』も皮膚を守っています。

 皮膚はいくつもの薄い層で構成されています。
 それらの層の一番外側にあるのが「皮脂膜」。
 汗と皮脂から作られる天然の保護膜です。

 皮脂膜は、皮膚を外界の刺激から守りながら、
 その表面を滑らかで潤いあるものにしています。
 健康な素肌には自ら潤いを作り出す力があるのです。

 皮脂膜が守ってくれているからこそ、
 皮膚は健康な状態を保つことができ、
 「体内を守る」という本来の役割を果たすことができるんですよ。





 ▼健康な皮膚を乱すものは?


 「普通の状態なら誰でも肌はきれいなんですね?」


 そうなのです。
 この皮膚生理を乱す要因はいくつかあります。



 〇保湿

 化粧水、乳液、美容液、オイルなどしっとりした
 使用感のものをつけてしまうと、皮脂分泌の妨げとなり、
 皮膚は自ら潤う力を発揮できなくなってしまいます。



 〇殺菌、洗浄

 石けんやボディソープ、洗顔料、クレンジング剤での
 洗浄をしたり、殺菌効果のあるものを肌につけると、
 皮膚常在菌も殺菌してしまい、バランスが崩れることで
 悪性菌が繁殖しやすくなります。



 〇外傷(角質層が破れる)

 スクラブ入りの洗顔料で洗ったり、ナイロンタオルで
 ごしごしこすったりしたときなど、
 物理的に角質層に傷がついた状態です。



 〇タンパク質を変性させるものとの接触


 「タンパク質が変性するって
  どういうことでしたっけ」


 タンパク変性はじつは身近に起きている
 現象なんですよ、白木さん。

 たとえばゆで卵。タンパク質は高温になると変性しますが、
 熱変性でタンパク質が固化してゆで卵ができるのです。

 他にもお茶やワイン、渋柿を口に入れると
 苦味を感じますよね。

 それはそれはタンニンが舌や口腔粘膜の
 タンパク質と結合し、タンパク質が変性した際の痛みを
 「渋み」として感じているためです。


 「ふ~む。他にもタンパク質を変性させるものって
  あるんですか?」


 ゆで卵やタンニンは熱変性と変性剤(一次刺激性物質)による
 変性でしたが。

 他にも酸変性・アルカリ変性(強酸、強アルカリによるもの)、
 強い紫外線などがあります。

 ちなみに日常的に使用されている生活用品には、
 使用感改善、洗浄効果や殺菌効果を持たせるために
 界面活性剤やシリコーンが使用されています。


 「そういうものもタンパク質を変性させるんですね」


 そうなのです、白木さん。

 皮膚が傷んでいる状態とは、皮膚のタンパク質が
 変性したり傷ついて修復されないときのことです。

 ニキビや毛穴の開大、赤みや色素沈着があるとき
 皮膚は傷んでいます。

 炎症は生体の防御反応で、傷ついたり、変性を受けた
 細胞を分解したり修復したりするために起こっているんですよ。





 ▼おわりに ~皮膚生理を意識して綺麗な肌に~


 今日はあらためて、皮膚の仕組みをお話をしました。
 白木さん、いかがでしたか?


 「皮膚生理を乱すものと接触をしなければ
  肌が荒れることはないんですよね?」


 はい。
 今、皮膚がタンパク変性を起こしている状態でも
 接触をしなければ、必ず健康な皮膚に戻ります。

 やることはとてもシンプル。
 日常生活でも皮膚生理をときどき思い出してくださいね。




 ☆ご相談・ご質問など、お気軽にどうぞ。
  →→ https://jstcd.or.jp/contact/



【次のエントリー】
 →何と似ている?『肌の強さ、弱さの例え』の秘密 | 第702号

【前のエントリー】
 →日本古来の繊維?『大麻』の秘密 | 第700号

このページのTOPへ