バックナンバーメールマガジン「秘密の皮膚科学」

2022年02月01日配信

対策は簡単?『冬の静電気の防ぎ方』の秘密 | 第696号

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2022/02/01━☆
    健康な素肌を取り戻すために知ってほしいこと

           「秘密の皮膚科学」

    第696号 発行者:シニアフェロー 牛田専一郎
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆


 みなさん、こんにちは。
 シニアフェローの牛田専一郎です。


 冬といえば、パチパチとした静電気が。


 「朝支度をするときに髪をとかすと
  静電気で髪が顔にまとわりつくんですよね」


 実はその静電気をおさえる方法は、
 とっても簡単なんですよ。

☆-------------------------------------------------------☆

           対策は簡単?

       『冬の静電気の防ぎ方』の秘密

☆-------------------------------------------------------☆


 ▼そもそも静電気ってなに?


 「着替えるときにパチパチしたり、
  静電気ってそもそも何なんでしょうか?」


 私たちの身の回りのものはすべて電気を持っています。
 プラスチック、金属、繊維、そして私たち人体も同じです。

 通常はプラスの電気とマイナスの電気を同じ数だけ
 持っていてバランスが取れた状態です。

 ところが異なるものが衝突すると、
 片方からもう片方へ、マイナスの電気が移動します。


 「バランスが崩れてしまうんですね!」


 はい。

 マイナスの電気を奪われた側は、
 プラスの電気が多くなり、
 奪った側はマイナスの電気が多くなります。

 このバランスが崩れた状態を静電気というのです。


 「う~ん......。それでどうなるんですか」


 静電気を帯びたものは、バランスが良い状態に
 戻ろうとします。プラスに帯電したものと
 マイナスに帯電したものが近づくと......。

 マイナスの電気はプラスに帯電した側に戻ろうとします。
 すると放電が行われパチッとするのです。





 ▼対策は?組み合わせと加湿


 「静電気を帯びないようにする
  方法はないんでしょうか?」


 摩擦を避ける方法もありますが、
 着替えのときにパチパチするのは
 衣類の素材の組み合わせが原因です。

 何度かメルマガでお話していますが、
 素材によってプラスに帯電しやすいもの、
 マイナスに帯電しやすいものがあります。


 【+に帯電しやすい素材】
   毛皮、絹、ナイロン、ウール、髪

 【帯電しにくい素材】
   レーヨン、綿、麻、アセテート

 【ーに帯電しやすい素材】
   塩化ビニール、アクリル、ポリエステル、ポリウレタン


 プラスに帯電しやすいものと
 マイナスに帯電しやすいものを組み合わせると
 静電気は起きやすくなります。

 例えば白木さんもときどき着ているフリースは
 ポリエステル。重ね着するなら、
 ウールのセーターよりも綿素材のシャツがいいですね。


 「脚にスカートがまとわりつくのも
  ナイロンのタイツとスカートの裏地の
  ポリエステルの組み合わせのせいだったんですね!」


 その通りです、白木さん。
 髪をとかすときも獣毛ブラシのほうが
 静電気は起きにくくなります。


 「そういえば夏はどうして
  静電気が起きないんでしょうか」


 良い質問ですね!

 静電気が起きやすいのは湿度40%未満と言われています。
 夏は湿度が高いうえ、汗をかきやすいので
 静電気を帯びにくいんですよ。

 冬の静電気を避けるには空気を乾燥させないこと。
 室内の湿度を50~60%にすると良いようです。
 加湿器を利用して調節してみましょう。





 ▼おわりに ~静電気防止スプレーは使える?~


 「ちなみに静電気防止スプレーは
  使ってもいいですか?」


 帯電防止剤には界面活性剤などの
 一次刺激性物質が使われています。


 ーーーーーーーーーーーーー

 静電気防止スプレーにはアルコールに溶かした
 界面活性剤が含まれています。

 衣類に吹き付けるとアルコールは蒸発し、
 界面活性剤が残ります。

 残った界面活性剤が衣類や髪、空気中にある
 水分を吸収し、静電気が発生しにくくなるしくみです。

 ーーーーーーーーーーーーー


 肌の弱い方は使わないほうがいいでしょう。

 衣類の組み合わせや湿度の調整で
 対策できるといいですね。




 ☆ご相談・ご質問など、お気軽にどうぞこちらへ。
  →→ https://jstcd.or.jp/contact/




関連性の高い記事

【次のエントリー】
 →対策したら肌がきれいに?『フェローのレポート』の秘密 | 第697号

【前のエントリー】
 →両立できる?『メイクをしながら肌を改善するには』の秘密 | 第695号

このページのTOPへ