バックナンバーメールマガジン「秘密の皮膚科学」

2021年11月02日配信

第686号 家族でも違う?『肌の強さ』の秘密

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2021/11/02━☆
    健康な素肌を取り戻すために知ってほしいこと

           「秘密の皮膚科学」

    第686号 発行者:シニアフェロー 牛田専一郎
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆


 みなさん、こんにちは。
 シニアフェローの牛田専一郎です。


 「牛田さん、家族なら肌の強さにも
  違いはなさそうだし、一緒に非接触生活に
  取り組みやすいですよね!」


 ええ......。
 そうだと良いのですが。

 今回は、ご家族で始められた方からの
 ご相談メールを紹介しましょう。

☆-------------------------------------------------------☆

          家族でも違う?

         『肌の強さ』の秘密

☆-------------------------------------------------------☆


 ▼子供がシャンプーをやめたら湿疹!?


 10月から非接触生活を始められた方が
 こんなご質問をくださいました。


 50代女性 (抜粋)
 ━━━━━━━━━━━━━━━

 家族が次々と私の肌を見て、
 シャンプーなしを始めました。

 家族5人全員シャンプー、石鹸辞めたのですが、
 〇歳の次男はシャンプー、洗顔料による洗顔、
 化粧水など全て辞めてひと月以上になりますが、

 1週間から10日ぐらいしたら、頭皮の痒みと
 顔全体に痒みが出てしばらくはそのまま続けていましたが
 我慢ができなくなり皮膚科に行ったそうです。

 * ------------ * ------------ * ------------ * ------------ *

 「湿疹ですね」と言われてヒルドイド、
 軽いステロイド、アレルギーを抑える
 飲み薬を頂いてきましたが、

 シャンプーを辞めてそのような状態に
 なるのはどうしてでしょうか。
 少しフケも軽く出ているようです。

 ━━━━━━━━━━━━━━━


 「お母さまの変化を見て
  ご家族が全員始めてくださったんですね!」


 嬉しいですね、白木さん。

 ご家族やご友人から「肌がきれいになった」と
 言われているそうですよ。


 「でもお一人だけ頭皮や顔に痒みが
  出てしまったのはなぜなのでしょうか」


 肌の強さは家族であっても人それぞれ。
 みんな同じではありません。

 一次刺激性物質との接触があっても
 トラブルが出る家族と
 出ない家族がいるのです。




 ■かゆみの原因は?


 お湯洗髪は髪や皮膚を傷めない方法ですので、
 痒みなどの原因になることはありません。
 何か他に強い接触がありそうですね。


 「すでに洗濯洗剤は
  切り替えられているんですよね」


 ええ。
 ですが、洗っても落ちない加工をされたものとの
 接触が続いているのかもしれません。

 また、頭皮と顔の痒みとのことですので、
 抗菌加工をされた寝具やヘルメット、
 柔軟加工をされた帽子、整髪料などとの
 接触も考えられます。


 「どうしたらいいんでしょうか?」


 枕などの寝具は直接触れないよう、
 指定洗剤で洗ったタオルなどを敷くように
 してください。

 ヘルメットが必要な場合は、
 直接頭に触れないよう大きめのハンカチなどを
 はさんで対策をしてみましょう。


 他にもライフスタイルによって
 さまざまな原因が考えられます。

 接触しているものを見つけられる
 無料カウンセリングもあります。

 迷ったら受けてみてください。

 ☆オンラインカウンセリング
  https://jstcd.or.jp/cs/




 ■原因がわからないこと


 肌の強さは部位によっても
 違うんですよ。

 同じ接触があっても頭皮にトラブルが出る方、
 身体に出る方、顔にだけ出る方。

 どの部位にトラブルが出やすいかは、
 人それぞれなのです。

 身体の部位によって肌の強さは異なり、
 その個人差も大きいことがわかっています。

 なぜ違いがあるのかは
 わかっていませんが。




 ▼おわりに ~ 肌の弱い方に合わせて始めよう ~


 「牛田さん、家族でも肌の強さは
  遺伝しないのでしょうか」


 そうですね、白木さん。

 肌の強さは家族間でも個人差が大きいようです。
 同じ生活環境でも肌への影響の現れ方はさまざま。

 ご両親の肌が強くて、
 肌の弱いお子さんが洗濯洗剤を変えてもらえない、
 という事態も起こります。

 ご相談の方のように、家族全員で
 実践していけると共通の話題も増え、
 肌の改善も早く進みます。

 肌が強い方にとっても非接触生活は
 有効ですから、肌の弱い方に合わせて
 生活できるといいですね。




 ☆ご相談・ご質問など、お気軽にどうぞこちらへ。
  →→https://jstcd.or.jp/contact/




関連性の高い記事

【次のエントリー】
 →間接接触にも注意?『手がガサガサするとき』の秘密 | 第687号

【前のエントリー】
 →第685号 さらに詳しく?『続・洗顔の手順』の秘密

このページのTOPへ