メールマガジン「秘密の皮膚科学」

2014年01月21日配信

第394号 1年を振り返って 『さまざまな実感』の秘密

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2014/01/21━☆
     健康な素肌を取り戻すために知ってほしいこと!

            「秘密の皮膚科学」

     第394号 発行者:シニアフェロー 牛田専一郎
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆


 みなさん、こんにちは。
 シニアフェローの牛田専一郎です。

 早いもので1月も後半ですが、今回は
 年末年始にいただいたメールをご紹介します。

 非接触生活を始めて気づいたこと、実感していること......

 多くの方が、1年を振り返って
 さまざまな思いを寄せてくださいました。



☆------------------------------------------------------------☆

            ── 1年を振り返って ──

             『さまざまな実感』の秘密

☆------------------------------------------------------------☆


 ▼今回は、3名のメッセージを抜粋してご紹介します


 ┌────────────────────────────
 | 
 | ●ご報告その1:
 | 
 |  『自分の感覚を信じていいんだと実感しました』
 |
 |----------------------------------------------------
 | 
 | 自分ではまだノーメークに自信が持てませんが、
 | ノーメークである事を明かすと、多くの人が
 | 綺麗だと驚いてくれるのでとても嬉しいです。
 | 
 | 長く通っている整体の先生に
 | 顔のツボをやって頂いた時に、今までで一番
 | 肌に弾力があって調子が良いと言われました。
 | 
 | 年末年始に親戚に会った時に、
 | 自分の娘のような年の女の子に
 | 綺麗綺麗と言われ信じられなかったです。
 | 
 | もちろんその子達の方がずっと綺麗で、
 | 歳の割りにはキレイ、と言う事だとは分かっています。
 | 
 | 自分はじっくり鏡で間近で見てしまうし、
 | 調子の良し悪しにムラがあるので、
 | イマイチ自信がもてません。
 | 
 | でも、何もつけないととにかく気持ちがいいし、
 | 初めて洗顔料を使った時の嫌な記憶とおさらばでき、
 | 本当に納得できますので、今後も続けたいと思います。
 | 
 | ちなみに初めて洗顔料を使った時の嫌な記憶とは、
 | すごくカサカサに感じて、そのために化粧水やクリームを付けて、
 | 気持ち悪くて、なんで? と思った中学生の時の記憶です。
 | 何もつけない生活を始めて思い出しました。
 | 
 | 自分の身体や感覚ではちゃんと"NO"とわかっていたのに、
 | 親もやっているし友達も皆やっているし、
 | それが当たり前みたいに思って、何と無駄な事をして
 | 勿体無い時間を過ごしたかと思います。
 | 
 | 一人でも多くの方々が
 | 何もつけない生活を送って欲しいなと思います。
 | 
 |                     (40代・女性)
 |       
 └────────────────────────────


 ┌────────────────────────────
 | 
 | ●ご報告その2:
 | 
 |  『一次刺激性物質の存在を始めて知りました』
 |
 |----------------------------------------------------
 |
 | 原因不明の湿疹が出来なくなりました。
 | ずっと気にしていた毛穴も目立たなくなってきました。
 | 
 | 何もつけない生活を始めてすぐに
 | マイクロスコープを自分で購入して、
 | 自分の肌を見て見ましたが、
 | 信じられないくらいにひどい状態でした。
 | 
 | それまで自分ではニキビは定期的に部分的にできるし、
 | 年齢のせいで毛穴が目立つようになってきたのかな
 | とは思いつつも、肌はきれいな方だと思っていたのですが、
 | とんでもない、肌のキメが全くありませんでした。
 | 
 | 特に頬のあたりや鼻は
 | キメってなんなのというくらいないし、
 | 毛穴に赤く炎症ができていて、
 | 荒れ果てた砂漠のようなひどい状態でした。
 | 
 | でも顎のあたりや腕の内側などはきれいなキメが見えます。
 | "何もつけない"を頑張れば、
 | こんなキメが顔にも戻るのだと信じ、今3ヶ月たちますが、
 | おでこや目元や顔周囲はキメが戻ってきています。
 | 
 | 頬や鼻はまだまだ砂漠状態ですが......、
 | 頑張って続けたいと思います。
 | 
 | 何もつけない生活を始めて、
 | 初めて一次刺激性物質の存在を知りました。
 | それまで柔軟剤や抗菌剤が肌に影響を及ぼすなど
 | 考えたこともありませんでした。
 | 
 | 洗濯洗剤を指定のものに切り替え、
 | 接触を避けているつもりですが、
 | どこにでも一次刺激性物質は存在しているのでしょうね。
 | 接触を避けようとしてもきりがないなと思ってしまいます。
 | 
 | 一次刺激性物質を目でみることができたら
 | どんなによいでしょう。
 | 菌やウィルスと同じで目に見えるわけがないのに
 | そう願ってしまいますが、何度も自分の生活を見直し、
 | 接触をなくすしかないですよね。
 | 
 | 原因がわかり、ニキビがなくなるまで
 | ステップ2に進めませんが、根気強く続けていき、
 | よい報告ができるよう頑張ります。
 | 
 |                     (30代・女性)
 |       
 └────────────────────────────


 (牛田より)

 家具や日用品だけでなく、
 私たちの肌にじかに触れる衣類や寝具などにも
 さまざまな加工がされています。

 お二人目の方が書いてくださったように、
 完全に一次刺激性物質との接触を防ぐことは
 不可能に近いかもしれません。

 残念なことですが、肌の弱い人にとって
 現代は暮らしづらい環境であると言えるでしょう。

 ただ、非接触生活習慣の8項目に加え、
 "一次刺激性物質の付着した手で顔や髪に触らない"
 ということを徹底するだけでも
 肌にかかる負担はかなり軽減できるはずです。

 慣れないうちは大変かもしれませんが、
 ぜひ実践してみてくださいね。




 ┌────────────────────────────
 | 
 | ●ご報告その3:
 | 
 |  『半年間でくせ毛、毛穴、シワが改善しました』
 |
 |----------------------------------------------------
 | 
 | 初めてお便りさせていただきます。○○と申します。
 | いつもメルマガ、ありがとうございます。
 | 
 | 今年、6月に運命的(笑)に
 | 平野卿子さんの「肌断食」に出会って、
 | その後、宇津木先生の本を1冊読んで
 | 6月15日から段階的にではありますが、
 | "何もつけない生活"を始めました。
 | 
 | 本だけでは心もとないので「秘密の皮膚科学」のサイト、
 | メルマガは貴重な情報源となり、現在に至ってます。
 | 
 | 
 | ◆頭皮・髪について 
 | 
 | 生まれたときから頭皮の脂漏性湿疹があり、
 | 成長するにつれ軽減していったものの、
 | シャンプーによってはフケ症が悪化するのが悩みでした。
 | 
 | また今年に入って、年齢的なホルモンの変化からか、
 | 生え際のくせ毛がよりまとまりつかなくなって、
 | シャンプージプシーのようになっていました。
 | 毛量が多い上にくせ毛なので、気になって、気になって......。
 | 
 | 石けんシャンプーで挫折の経験があるので
 | 湯シャンも不安だったのですが、
 | やってみると最初はカツラみたいかもって思いながらも、
 | シャンプーするよりもくせ毛の状態がいいんです!
 | 
 | その後、これならやれると思い
 | 小麦粉シャンプーを続けています。
 | 途中、サウンドスタイルの小麦粉シャンプーを使用しましたが、
 | 手作りのよりもはるかに優れていました。
 | 
 | でも自分で作る方が手間がかからないので、
 | ときどき湯シャンしながら自前のでやっています。
 | あんなにくせ毛のことで悩んでいたのが嘘のようです。
 | 
 | 
 | ◆肌について
 | 
 | 肌の方は、すぐに化粧水、美容液を止めました。
 | メイクはリキッドファンデとオイルクレンジング→
 | リキッドファンデと純石鹸洗顔→
 | ミネラルファンデーションとお湯洗顔
 | という経緯で現在に至っています。
 | 
 | 冬場になり、乾燥を感じるようになって
 | 薄くワセリンを塗っています。
 | 平野さんではないけれど、当人比としては徐々にではありますが、
 | 毛穴やしわが改善していると思っています。
 | 
 | 
 | ◆勇気のいる選択でしたが
 | 
 | 何も使わないこと......もうずいぶん慣れましたが、
 | 使わないことを選択するのも勇気がいりますね。
 | 手っ取り早く使った方が改善する気がするのですから、
 | 情報の刷り込みは恐ろしいです。
 | 
 | でも、実際にやってみて、使っていた頃よりも
 | 当人比ではありますがよくなっているという事実は大きく、
 | この先も続けるつもりです。
 | 
 | 半年間、一人でやってみたので、
 | 来年はフェローになってみようかと考えています。
 | シミ、シワ、赤みなど気になるところはまだまだあるので。
 | 
 | 今年のお礼は今年の内にと、
 | こんな年末になってお便りさせていただきました。
 | また来年も引き続きよろしくお願い致します。
 | 
 |                     (50代・女性)
 |       
 └────────────────────────────






 ▼おわりに ~ 長期的な視点で、じっくりと ~


 今回は、3名の方からいただいたメッセージを
 ご紹介しました。

 白木さん、いかがでしたか?


 「肌だけでなく、生活そのものを見つめ直しながら
  じっくりと改善に取り組んでいらっしゃる......

  そんな印象を受けました!」


 そうですね。

 最近は、まずご自分で半年から1年程度
 非接触生活を実践してから、初めてご報告をくださったり
 プログラムに参加したりする方が増えてきました。

 非接触生活の本質を理解して、
 長期的な視点で取り組む方が増えてきたようです。


 「バックナンバーが膨大になりつつありますが、
  じっくり読んでくださっている方が多くて
  うれしいですね!」


 年末年始の貴重な時間に
 ご報告をくださったみなさん、
 本当にありがとうございました。





 ☆ご意見をお待ちしております。
  質問・疑問なども、お気軽にどうぞこちらへ。
  →→ http://hisesshoku-derm.com/archives/01about/info.php




関連性の高い記事

【次のエントリー】
 →第395号 冬の定番!『3つの質問』の秘密

【前のエントリー】
 →第393号 応援します!『非接触生活サポートプログラム』の秘密

このページのTOPへ