メールマガジン「秘密の皮膚科学」

2009年01月20日配信

第180号 めざせ完全お湯洗髪?『何もつけない・徹底復習』(3)の秘密

 みなさん、こんにちは。
 コスメプロデューサーの牛田専一郎です。


 新春特集『何もつけない・徹底復習』。

 第1回目は、生活習慣にひそむ"お肌を傷める原因"を。
 http://hisesshoku-derm.com/archives/2009/01/178.php

 2回目では、傷んだお肌を健康にする"8つの習慣"を。
 http://hisesshoku-derm.com/archives/2009/01/179.php


 それぞれお届けしてまいりました。

 そしてシリーズ3回目となる今回は!

 お問い合わせの最も多い、
 【お湯洗髪】についてお話いたします。 
 


☆------------------------------------------------------------☆

         ―― めざせ完全お湯洗髪? ――

       『何もつけない・徹底復習』(3)の秘密

☆------------------------------------------------------------☆


 ▼まずはおさらいを......


 前号でお話した「8つの習慣」。
 みなさん覚えていますか?



       【健康なお肌でいるための8つの習慣】

 現在8つの実践項目はリニューアルされています。
 8つの生活習慣はこちらからご確認ください↓
 http://hisesshoku-derm.com/contents/style/nanimo.php(2012.7.19)

 ┌――――――――――――――――――――――――――――――
 | 
 | (1)乳液、美容液、クリームなどしっとりするものを使わない
 | 
 | (2)日常生活では日焼け止めを使用しない
 | 
 | (3)ファンデーションは
 |    界面活性剤やシリコンが使われていない
 |    パウダータイプのものを、下地を使わずにお肌につける
 | 
 | (4)メイクをしたときは、部分的にクレンジングを使い、
 |    ファンデーションは洗浄力の弱い洗浄剤を使って落とす
 | 
 | (5)身体にボディソープや石けんを使わない
 | 
 | (6)シャンプー・リンスを使わずに、
 |    お湯洗髪や小麦粉シャンプーに挑戦する
 | 
 | (7)石けんや重曹などのアルカリ剤や、
 |    柔軟剤、蛍光増白剤が含まれている洗剤で洗濯をしない
 | 
 | (8)クリーニングに出した衣類は
 |    直接お肌に触れないようにする
 |
 └――――――――――――――――――――――――――――――


 最もお問い合わせが多いのは、
 冒頭でもお話したとおり、6番目の項目。

 『シャンプー・リンスを使わずに、
  お湯洗髪や小麦粉シャンプーに挑戦する』
 というものです。


 乳液や化粧水はやめられても、
 シャンプーだけはどうしてもやめられない......という声が
 現在もたくさん届いています。


 誰しも、生活習慣を変えるのは難しいものです。

 しかし、お肌が弱い人が健康な素肌を取り戻すために
 【お湯洗髪】は避けては通れない道。


 シャンプー・リンスを使い続けているかぎり、
 ニキビ、お肌の赤み、カサつきに悩まされ続けてしまうのです。




 ▼あなたのお悩みも解決するかも? 
          ~『お湯洗髪』Q&A~



 ここで、読者のみなさんから実際によく寄せられている
 12の質問&牛田からの回答をご紹介いたします。

 あなたが今まさに悩んでいる項目があるかもしれません。
 ぜひ、ご一読を......。


 ┌――――――――――――――――――――――――――――――
 | 
 |【よくあるQ:その1】
 | 
 | ◆小麦粉シャンプーを経て、今は湯シャンをしています。
 |  冬になってからというもの、髪に静電気が起きるように
 |  なってしまったのですが、何かいい方法はありますか?
 |
 └――――――――――――――――――――――――――――――

  【牛田のA】

    静電気が起きやすいときは、
    毛先に椿油など、ピュアなオイルをつけるとよいでしょう。
    熱めのお湯なら、洗髪時にオイルを洗い流すことができます。



 ┌――――――――――――――――――――――――――――――
 | 
 |【よくあるQ:その2】
 | 
 | ◇髪をお湯だけで洗っていますが、ツヤがなくなりました。
 |  小麦粉シャンプーの方がよいのでしょうか。
 |
 └――――――――――――――――――――――――――――――

  【牛田のA】
 
    シャンプーを使ったときほどではありませんが、
    次第に自然なツヤが出るようになります。
    そのまましばらくお湯洗髪を続けてみてください。

    ベタつきなどが気になってきたら、
    小麦粉シャンプーを使いましょう。

    大切なのは、"シャンプー・リンスをしない"ということ。
    これさえクリアできていれば、
    お湯洗髪だけにこだわる必要はありません。

    手触りや仕上がりのお好みで
    小麦粉シャンプーを併用してみてください。



 ┌――――――――――――――――――――――――――――――
 | 
 |【よくあるQ:その3】
 | 
 | ◆ずっと湯シャンをしていますが、
 |  頭皮のベタつきや、痒みがなかなかとれません。
 |
 └――――――――――――――――――――――――――――――

  【牛田のA】

   お湯洗髪のコツは3つ。
   (1)お湯の温度、(2)念入りなブラッシング、
   (3)充分なすすぎ、です。

   時間をかけて毎日丁寧に洗いましょう。

    ☆ついに完成! 湯シャン法・決定版はこちら
     http://hisesshoku-derm.com/archives/2008/12/176.php


   痒みがなかなかとれないという方は、
   枕カバーなどの寝具を、石けんや柔軟剤、
   蛍光増白剤の入った洗剤で洗っていることが考えられます。

   いま一度、洗濯洗剤を確認してみてください。


   「どうしてもベタつくので、週1回はシャンプーを
    してしまう」というメールをいただくこともありますが、
   お湯洗髪成功の秘訣は【まず1ヶ月続けること】。


   上記の"決定版"を参考にしながら、
   ご自分なりに工夫を楽しんで、続けてみてくださいね。



 ┌――――――――――――――――――――――――――――――
 | 
 |【よくあるQ:その4】
 | 
 | ◇湯シャンに切り替えてから、
 |  肌の調子がとても良くなりました。
 |  しかし、フケがひどいので困っています。
 |
 └――――――――――――――――――――――――――――――

  【牛田のA】

    フケが気になるときは、髪を洗う前に
    念入りにブラッシングをするようにしましょう。

    髪を洗うときに地肌を強くこすりすぎると
    フケの原因となります。
    やさしくマッサージするように洗ってください。

    すすぎはシャワーで充分に行いましょう。



 ┌――――――――――――――――――――――――――――――
 | 
 |【よくあるQ:その5】
 | 
 | ◆湯シャンをしていますが、髪の先のほうが傷んで、
 |  ぐねぐねになってしまっています。
 | 
 |  湯シャン前にはなかった枝毛も、気づいたらできています。
 |
 └――――――――――――――――――――――――――――――

  【牛田のA】

   お湯や小麦粉での洗髪は、髪がタンパク変性物質に
   触れていないため、髪が傷む原因にはなりません。

   ぐねぐね、パサパサしているのは、
   シャンプー・リンスによって傷んでしまった部分です。

   髪の毛もタンパク質ですから、
   シャンプー・リンスの使用によって
   タンパク変性を起こしています。

   今までは、リンスやトリートメントで
   髪をコーティングしてすべりをよくしていたため、
   気づかなかっただけなのです。

   毛先が傷んでいるようでしたら、
   その部分を切ってしまいましょう。

   お湯洗髪を続けながらしばらく待っていると、
   健康な髪が伸びてくるはずですよ。



 ┌――――――――――――――――――――――――――――――
 | 
 |【よくあるQ:その6】
 | 
 | ◇スタイリング剤は使いたいけど、シャンプーは使いたくない。
 |  髪型でもおしゃれしたいのにと悩んでいますが、
 |  なにか解消方法はないでしょうか?
 | 
 |  また、ヘアワックスはお湯や小麦粉で落とせますか?
 |
 └――――――――――――――――――――――――――――――

  【牛田のA】

   特別な日のメイクと同じように、
   髪のアレンジを楽しみたい日もあることでしょう。

   ただし、忘れないでほしいのは
   ワックス等にも界面活性剤が使われているということ。

   お肌の調子が悪いときは整髪料の使用を控えるなど、
   ご自分のお肌の状態を見ながら、
   使用方法を工夫してみましょう。

   ヘアワックスがお湯や小麦粉シャンプーで落とせるかどうかは、
   その製品の性質によって異なるため、一概にお答えできません。

   お湯や小麦粉で落ちるかどうか、
   実際にお試しになってみてください。



 ┌――――――――――――――――――――――――――――――
 | 
 |【よくあるQ:その7】
 | 
 | ◆月に一度のカラーリングや白髪染めの後に
 |  シャンプーをしてしまうのですが、
 |  これもやめた方がいいでしょうか?
 |
 └――――――――――――――――――――――――――――――

  【牛田のA】

    月に一度程度なら問題ないでしょう。

    日ごろからお肌を傷めるものに接触していなければ、
    シャンプーやカラーリングをしても、
    お肌のバリア機能が働くはず。
    見た目にもダメージが現れにくくなります。

    これはカラーリング剤だけでなく、
    ヘアワックスなどのスタイリング剤にも言えることです。

    たまのおしゃれを楽しむためにも、
    普段からお肌の調子を整えておくことが大切です。



 ┌――――――――――――――――――――――――――――――
 | 
 |【よくあるQ:その8】
 | 
 | ◇お湯で洗う際、ものすごく頭皮が脂っぽいです。
 |  今までこんなに油が手にまとわりつく事が
 |  なかったのでビックリです。
 |
 └――――――――――――――――――――――――――――――

  【牛田のA】

    シャンプー・リンスを使わないようにするうちに
    だんだんと手に付く皮脂は少なくなっていきます。
    変化を観察してみてくださいね。

    また、ヌルヌルの正体が頭皮から手についた脂だった、
    という場合もあります。

    お湯洗髪をした後に、濡れたタオルや手ぬぐいで
    手についた脂を拭ってから触ってみてください。



 ┌――――――――――――――――――――――――――――――
 | 
 |【よくあるQ:その9】
 | 
 | ◆パーマをかけています。
 |  小麦粉シャンプーはすぐにパーマが落ちてしまうような
 |  気がするのですが、何か良い方法はありませんか?
 |
 └――――――――――――――――――――――――――――――

  【牛田のA】

    お肌の調子がよければ、
    スタイリング剤などを使うとよいでしょう。

    お湯洗髪をお勧めしているのは
    あくまでも「お肌が弱い方」が対象です。

    刺激に対して影響を受けにくいお肌の方、
    いわゆる"お肌が強い方"は
    シャンプーやスタイリング剤を使っても問題ありません。

    ご自分のお肌の状態を見ながら判断しましょう。



 ┌――――――――――――――――――――――――――――――
 | 
 |【よくあるQ:その10】
 | 
 | ◇洗髪はなるべく湯シャンにしているのですが、
 |  痒いときは、インドハーブやクレイを使用しています。
 |  あまりよくないでしょうか?
 |
 └――――――――――――――――――――――――――――――

  【牛田のA】

    インドハーブやクレイは、
    お肌の弱い方には刺激となることが分かっています。
    カサつきや赤みがあるときは使用しないようにしましょう。



 ┌――――――――――――――――――――――――――――――
 | 
 |【よくあるQ:その11】
 | 
 | ◆界面活性剤を使っていないシャンプーなどを
 |  売っている会社をネットで見つけたりするのですが、
 |  そういう商品なら使ってもいいでしょうか?
 |
 └――――――――――――――――――――――――――――――

  【牛田のA】

    界面活性剤不使用と謳っている商品にも
    実際は使用されていることが多くあります。

    どのような洗浄剤も界面活性剤ですので、
    できるだけ触れないようにしましょう。



 ┌――――――――――――――――――――――――――――――
 | 
 |【よくあるQ:その12】
 | 
 | ◇小麦粉シャンプーを始めて、フケが気になるようになりました。
 |  バックナンバーで「洗いすぎ」という理由を見つけたので
 |  出来るだけ優しく、小麦粉を洗い流す程度に
 |  気をつけているのですが、あまり変化はありません。
 | 
 |  「洗いすぎ」の他に考えられる原因があるでしょうか?
 |
 └――――――――――――――――――――――――――――――

  【牛田のA】
 
    お湯洗髪をする前に、髪をよくブラッシングしてみてください。
    念入りなブラッシングをすることによって、
    髪の汚れはほとんど落とすことができます。

    充分なすすぎもポイントです。
    シャンプーを使うときよりも、時間をかけて丁寧に洗いましょう。

    また、髪は毎日洗うようにしてください。
    皮膚のバリア機能を保つためにも、
    古い皮脂膜や皮膚常在菌を洗い流して
    新しいものと入れ替えることが大切です。





 ▼「できない!」の声にお応えして......


 よくあるQ&A、いかがだったでしょうか?

 ひとつでも"そうなんだ!"と思っていただけるものがあれば。
 そして、新しい習慣を始めるキッカケになれば、幸いです。



 「牛田さんてば、もったいぶっちゃって......。
  【完全お湯洗髪】のための開発を進めているんですよね?」



 白木さんに前フリを取られてしまいましたが......。


 "小麦粉シャンプーを使ってもお湯洗髪ができない"
 "完全お湯洗髪に移行できない"

 という声にお応えするために、
 姉妹メルマガ『秘密のプロジェクト』で開発を進めています。

 今回使用されたのは「プロトタイプB」。
 頭皮モニターのみなさんにお試しいただきました。

  ☆プロトタイプB・使用後のアンケートはこちら!
   http://hisesshoku-ryouhou.com/contents/hiar_enquete.html



 現在、「プロトタイプB」のモニター追加募集が行なわれています。
 お湯洗髪を実践する必要を感じている方は、ぜひ!
 この機会にご応募くださいね。


 
 ↓↓↓ ご応募はこちらから! ↓↓↓

 【プロトタイプB応募フォーム】
 https://marketstyles.co.jp/entryform/hair_sample/hair_index.html



 ご応募に必要なパスワードは、
 『秘密のプロジェクト』でお知らせしておりますので
 メルマガにご登録ください。

 ◎ご登録はこちらから↓
  < https://marketstyles.co.jp/mm/ >



 ※なお、パスワードは毎号変わりますのでご了承ください。
  次号の「秘密のプロジェクト」は1月22日配信予定です。




 ▼【何もつけない】復習シリーズ! 次号は......


 今回は「お肌の新しい習慣・8項目」のうち
 お湯洗髪についてお話しました。

 次号では、その他の7項目について
 困ったときの対処法や、お手入れのヒントをご紹介します。

 どうぞお楽しみに!



 ★牛田への感想・コメントがありましたら、
  お気軽にどうぞこちらへ。
  http://hisesshoku-derm.com/archives/01about/info.php




*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
   ☆メルマガ☆『秘密のプロジェクト』も好評配信中!
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

 はげしく稼動中! の『秘密のプロジェクト』。
 最新情報をメルマガでお届けしています。


 ○プロトタイプA開発秘話!!
 ============================
 ピリピリして「何もつけない」ができないと赤くなる・・・
 化粧品の常識が見事にひっくり返っている原料です。

 無謀にも・・・どうしてそんな原料を開発したのでしょう?
 その訳はこちらに↓
 http://hisesshoku-ryouhou.com/


 ○プロトタイプA・モニター募集中!
 ==================================
 開発コードは Pr-A 通称"プロトタイプA"
 モニター・スタッフと開発した秘密の原料です。

 測定に来なくてOKです。
 全国から海外からも応募者殺到中!

 新・プロトタイプA応募フォーム↓
 https://marketstyles.co.jp/monitor/

 パスワードはメルマガ「秘密のプロジェクト」にあります。
 毎号変わりますのでご了承ください。

  先週のパスワードは? 成人式シリーズ4点セット!

 ○濃度20%・・・プロトタイプBモニター追加募集!
 ==================================================
 頭皮モニターアンケート集計中間結果が発表されました。
 こちら→http://hisesshoku-ryouhou.com/contents/hiar_enquete.html

 新たな展開が「秘密のプロジェクト」であるかもしれません。

 次号の「秘密のプロジェクト」は1月22日配信予定。
 ご登録はこちらから→< https://marketstyles.co.jp/mm/ >


 ...続きは『秘密のプロジェクト』をお読みくださいね。


関連性の高い記事

【次のエントリー】
 →第181号 疑問氷解?『何もつけない・徹底復習』(4)の秘密

【前のエントリー】
 →第179号 8つの習慣? 『何もつけない・徹底復習』(2)の秘密

このページのTOPへ