メールマガジン「秘密の皮膚科学」

2014年02月04日配信

第396号 ビギナーの壁?『におい・ベタつき解消法』の秘密

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2014/02/04━☆
     健康な素肌を取り戻すために知ってほしいこと!

            「秘密の皮膚科学」

     第396号 発行者:シニアフェロー 牛田専一郎
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆


 みなさん、こんにちは。
 シニアフェローの牛田専一郎です。

 先輩フェローの実践方法が
 蓄積されたおかげで、

 すんなりとお湯洗髪に移行できた!
 という方が増えているようです。

  ☆こちらで読めます [お湯洗髪成功レポート]
   http://hisesshoku-derm.com/archives/2007/03/post-14.php


 しかしその一方で
 『やっぱり、においやベタつきが気になってしまう』
 という声も。

 今回は、先輩フェローから寄せられた
 におい・ベタつき解消法をご紹介します。



☆------------------------------------------------------------☆

             ── ビギナーの壁? ──

            『におい・ベタつき解消法』の秘密

☆------------------------------------------------------------☆


 ▼先輩フェロー・Aさん(30代・女性)のご報告

 ┌────────────────────────────
 | 
 | 『しっかり丁寧に洗えば、お湯だけでもサラサラです』
 |
 |----------------------------------------------------
 | 
 | しっかり洗えば、お湯だけでも
 | こんなにサラサラになるんだと驚いた。
 | 
 | 主人にチェックしてもらったが
 | ニオイもフケもなし。
 | フケが多くて悩んでいたのが嘘のよう。
 | 
 | まず湯船で3分洗って、
 | 下を向いてシャワーで3分、
 | 上を向いてシャワーで3分洗髪しています。
 | 
 | 頭頂部がベタつきやすいので念入りにしています。
 | 今後は、タオルやブラシもサウンドスタイルのものに
 | 変えていくつもりです。         
 |       
 └────────────────────────────

 (牛田より)

 お湯洗髪が上手にできるようになると
 髪や地肌からにおいがしなくなります。

 「汗をかいても、においがしなくなった」
 というご報告をいただくことも。

 メルマガ『非接触生活プロジェクト』では
 毎週、実践者のレポートをご紹介しています。
 ぜひ、こちらも読んでみてくださいね。

  ☆創刊からすべてのバックナンバーを公開中!
   http://hisesshoku-ryouhou.com/archives/02mm/






 ▼先輩フェロー・Bさん(女性)のご報告


 『お湯洗髪後のふんわりとした
  洗い上がりには満足していますが、
  午後になると脂っぽいにおいがするような......』

 というご相談をくださったBさん。


 牛田から以下のポイントをお伝えしたところ、

 -=-=-=-=-=-=-==-=-=--=-=-=-=-=-=-==-=-=--=-=-=-=-=-=-= 

  1.獣毛ブラシを使って上から下から100回を目安にとかすこと

  2.お風呂でよく温まること

  3.髪を分けながら、綿手袋をして地肌をまんべんなく洗っていくこと
    (指先で地肌のベタつきを確かめながら
     2往復くらい少しずつ洗うとよいでしょう)

  4.髪に付着している一次刺激性物質を
    綿手袋に付着させるようにしてよく梳き落とすこと

  5.洗髪後、ドライヤーですぐに乾かすこと

 -=-=-=-=-=-=-==-=-=--=-=-=-=-=-=-==-=-=--=-=-=-=-=-=-= 



 1週間後に、こんなご報告をくださいました。

 ┌────────────────────────────
 | 
 | 『ブラッシング→湯船→綿手袋→ドライヤーで解決しました』
 |
 |----------------------------------------------------
 | 
 | 先日はお湯洗髪後のにおいについて
 | アドバイスをくださりありがとうございました。
 | 
 | 1.ブラッシングが足りなかったので
 |   100回するようにし、ブラシも洗うようにしました。
 |   (ガーゼは毎回取り替えていましたが
 |    ブラシ自体は洗っていませんでした)
 | 
 | 2.湯船に浸かるようにしました。
 | 
 | 3.綿手袋を使うようにしました。
 |   (地肌を指先で洗い、髪に付いた脂は
 |    手櫛で梳かすようにしました)
 | 
 | 4.洗髪後はすぐにドライヤーをしました。
 | 
 | においがだいぶ改善されましたし、
 | 時々ベタついたのもなくなりました。
 | 本当にありがとうございました!
 | 
 | あとは、どの程度洗うとベタつかないかが
 | 分かるようになればと思っています。
 |       
 └────────────────────────────






 ▼先輩フェロー・Cさん(20代・女性)のご報告

 ┌────────────────────────────
 | 
 | 『小麦粉シャンプーを利用しながら、徐々にお湯洗髪へ』
 |
 |----------------------------------------------------
 | 
 | 最初の数日は湯シャンでがんばってみましたが、
 | 私の髪の毛は太く固く、量がとても多いため
 | なかなか難しく......。
 | 
 | 今は毎日小麦粉シャンプーをしていますが、
 | ケミカルなものを使わないのが
 | こんなに気持ち良いものかと、
 | 毎晩のシャンプーがとても楽しいです。
 | 
 | 体が喜んでいるのを感じます。
 | 
 | 洗い上がりの髪が日に日に柔らかくなっていて、
 | ツヤがいいと言われます。
 | 
 | 皮脂の量が少しおさまってきたようなので、
 | 徐々に小麦粉の量を減らして、ゆくゆくは
 | 湯シャンメインにできたらと思っています。 
 |       
 └────────────────────────────

 (牛田より)

 においやベタつきが気になると、ついつい
 シャンプーを使いたくなるかもしれませんが。

 髪の毛以外の部分につかないように
 気をつけながらシャンプーをしても、
 使用頻度が週1回だけだったとしても。

 シャンプーを使えば、
 肌はしっかりと影響を受けてしまいます。

 ハーブやクレイなどの代替品も
 肌の弱い方が使うと
 カサついてしまうことがありますので、
 注意してくださいね。

 小麦粉にアレルギーがなければ、Cさんのように
 小麦粉シャンプーを利用しつつ
 徐々にお湯洗髪に移行する。
 というのも、ひとつの方法ですね。






 ▼まとめ ~ じっくり洗えば、におわない、ベタつかない ~


 今回は、先輩フェローの
 におい・ベタつき解消法をご紹介しました。

 白木さん、いかがでしたか?


 「お湯洗髪がすっかり習慣になった、
  という方が増えてきましたね。

  かつては"シャンプー・リンスをしないなんて!"
  という驚きや戸惑いの声が目立ちましたけど、
  徐々に浸透してきたのでしょうか?」


 そうですね。
 雑誌にも取り上げられたりして
 少しずつ認知されてきたのかもしれません。

 ただ、ほとんどの方にとって
 お湯洗髪は"初めて行なうこと"。

 ご自分なりのやり方を確立するまでに
 時間がかかるかもしれませんが、
 毎日の洗髪タイムに
 いろいろな方法を試してみてくださいね。

 ポイントは
 焦らずじっくり取り組むこと。
 "ひと手間かけて、丁寧に"を心がけることです。

 なお、髪がベタついても、においが気になっても、
 肌には影響がありません。

 シャンプー・リンスを使わないことで
 肌の状態は改善していきます。




 ☆ご意見をお待ちしております。
  質問・疑問なども、お気軽にどうぞこちらへ。
  →→ http://hisesshoku-derm.com/archives/01about/info.php





関連性の高い記事

【次のエントリー】
 →第397号 非接触生活式?『アンチエイジング』の秘密

【前のエントリー】
 →第395号 冬の定番!『3つの質問』の秘密

このページのTOPへ