メールマガジン「秘密の皮膚科学」

2017年03月28日配信

第548号 フケ、ベタつき、パサつき『お湯洗髪・よくいただくご質問』の秘密

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2017/03/28━☆
     健康な素肌を取り戻すために知ってほしいこと

            「秘密の皮膚科学」

     第548号 発行者:シニアフェロー 牛田専一郎
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆


 みなさん、こんにちは。
 シニアフェローの牛田専一郎です。

 前回は、お湯洗髪についておさらいしました。

  ☆第547号 髪もお湯だけで『お湯洗髪』の秘密
   http://hisesshoku-derm.com/archives/2017/03/547.php


 「これまでシャンプーやリンスをしてきた方にとって
  お湯洗髪は大きなチャレンジですよね!

  私も最初はドキドキしました」


 そうですね、白木さん。

 今回はお湯洗髪について
 ビギナーの方からよくいただくご質問にお答えします。

☆------------------------------------------------------------☆

          ── フケ、ベタつき、パサつき ──

           『お湯洗髪・よくいただくご質問』の秘密

☆------------------------------------------------------------☆


 ▼5つのQ&Aをご紹介します


 *============================================================*
  ◆よくいただくご質問(1)
   『髪がベタつき、フケが出てしまいます』
 *============================================================*

  →→→『日常生活で頭が一次刺激性物質に触れていないか、
      お湯洗髪の基本手順ができているか、確認しましょう』


 まず、頭皮が一次刺激性物質に触れていると、
 ベタついたり、フケが出たりすることがあります。

 たとえば、こんなことはありませんか?


  ◎帽子・枕・タオルなどに
   柔軟・抗菌などの加工がされている

  ◎手を洗わないまま頭をかいたり、髪を触ったりしている

  ◎車・電車・バスなどのシートに頭が触れている

  ◎白髪染めやカラーリングをしている

  ◎ヘアブラシを洗っていない
   (髪には、日常生活で付着した一次刺激性物質がついています。
    ブラシは指定の中性洗剤で洗いましょう)

   ☆洗濯用中性洗剤(500mL)
    https://soundstyle.co.jp/goods/8004.html


 また、髪や頭皮を充分に洗えていない可能性もあります。
 基本の洗髪方法をおさえつつ、次のポイントを実践しましょう。


  -----------------【お湯洗髪のポイント】---------------------

  1.獣毛ブラシを使って、上から、下から各100回を目安に梳かすこと

  2.洗髪前に、お風呂でよく温まること

  3.髪を分けながら、綿手袋をして地肌をまんべんなく洗っていくこと
   (指先で地肌のベタつきを確かめながら、
    2往復くらい少しずつ洗っていくとよいでしょう)

  4.髪に付着している一次刺激性物質を
    綿手袋に付着させるようにして、よく梳き落とすこと

  5.洗髪後ドライヤーですぐに乾かすこと

  -------------------------------------------------------------

 ゴシゴシと強く頭皮をこすりすぎると、フケが出やすくなります。
 マッサージをするように、やさしく丁寧に洗ってくださいね。





 *============================================================*
  ◆よくいただくご質問(2)
    『髪のパサつき、ゴワつき、枝毛が気になります』
 *============================================================*

  →→→『一度傷んだ髪は、お湯洗髪をしても元に戻りません。
      気になる場合はカットしましょう』


 前回もお話しましたが、
 シャンプーやリンスにはタンパク変性作用があります。
 髪や地肌は脱脂され、本来の潤いを失ってしまいます。

 "お湯洗髪を始めたら急にパサパサ・ゴワゴワするようになった"
 と感じるかもしれませんが、それが現在のありのままの姿。

 これまではリンスやコンディショナーで
 髪の表面をコーティングしていたために、
 髪の傷みに気づかなかったのです。

 髪は死んだタンパク質でできているため、
 一度傷んだ髪が、健康を取り戻すことはありません。

 パサつき、ゴワつき、枝毛などが気になる場合は、
 思い切ってカットしましょう。

 お湯洗髪を続けるうちに、
 自然な潤いとツヤのある髪が伸びていきます。




 *============================================================*
  ◆よくいただくご質問(3)
    『お湯洗髪の頻度はどれくらいがよいですか?』
 *============================================================*

  →→→『毎日、就寝前にかならず洗髪しましょう』


 1日の活動を終えた髪には、
 さまざまな一次刺激性物質が付着しています。

 そのまま寝てしまうと、肌の弱い方は、頭皮に影響が現れます。

 さらに、髪から寝具、寝具から肌へと
 間接的に一次刺激性物質に触れることになり、
 翌朝に頬が赤くなる、ニキビができる、毛穴が目立つ、
 などの症状が現れることもあります。

 毎晩、おやすみ前には必ず洗髪して、
 髪についた一次刺激性物質を洗い流しましょう。

 洗顔と同じように、洗浄剤を使わなければ
 何回洗っても、髪や頭皮が傷むことはありません。

 皮膚のバリア機能を保つためにも、
 1日に1度は古い皮脂膜や皮膚常在菌を洗い流し、
 新しいものと入れ替えることが大切です。

 これは、かゆみや臭いを防ぐことにもつながります。




 *============================================================*
  ◆よくいただくご質問(4)
    『美容院などで、たまにシャンプーをしてもよいですか?』
 *============================================================*

  →→→『たまになら大丈夫ですが、シャンプー後はしっかり洗髪を』


 肌への影響を考えると、シャンプーをしないことがベストですが、
 たまにであれば問題ないでしょう。

 日ごろから肌を傷めるものに触れないようにしていれば、
 肌はすぐ元の状態に戻ります。

 シャンプー・リンスをしたあと、1週間程度は
 髪にシリコンなどの一次刺激性物質が付着しています。

 その間は髪をいつもより念入りに洗い、
 枕カバーをこまめに取り替えましょう。

 髪が元の状態に戻るまでは
 ブラシにも一次刺激性物質が付着していますから、
 髪を梳かしたあとは指定の中性洗剤で洗いましょう。




 *============================================================*
  ◆よくいただくご質問(5)
    『おすすめの白髪染めはありますか?』
 *============================================================*

  →→→『肌の弱い方におすすめできるものは、ありません』


 残念ながら、
 肌の弱い方におすすめできる白髪染めはありません。

 どのような白髪染めにも一次刺激性物質が含まれていますから、
 どうしても頭皮や肌に負担がかかってしまいます。

 やむをえず染めている方も多いことと思いますが、
 肌の調子がよくないときは使用を控えたほうがよいでしょう。

 髪を染めたあと、洗髪時に色落ちしたり、
 髪がつるつるした感触になったりすることがありますが、
 その期間は髪に白髪染めの成分が残っています。
 できるだけ肌に触れないように気をつけましょう。

 シャンプーをしたあとと同じように、
 白髪染めを使ったあとにも次の3つのことを実践すると、
 肌のダメージを小さくすることができます。

 ・いつもより時間をかけて丁寧に洗髪する
 ・枕カバーをこまめに取り替える
 ・ヘアブラシを指定の中性洗剤で洗う






 ▼おわりに ~ 困ったときは"お湯洗髪成功レポート" ~


 今回は、お湯洗髪について
 よくいただくご質問にお答えしました。

 白木さんは、ビギナーの頃
 どんなことが難しいと感じていましたか?


 「最初のころは髪のベタつきが気になりましたが、
  だんだん慣れてきて、さっぱりと洗えるようになりました。

  くじけそうになると、先輩方の"レポート"を読み返していましたね」


   ☆お湯洗髪成功レポート
    http://hisesshoku-derm.com/archives/2007/03/post-14.php


 お湯洗髪成功レポートでは、
 実践者のみなさんがしている工夫や、
 日々の洗髪のなかで見つけたコツをご紹介しています。

 お湯洗髪に行き詰まってしまったとき、
 もっと快適にするヒントを探したいときは、
 このページを読んでみてくださいね。




 ☆ご相談・ご質問など、お気軽にどうぞこちらへ。
  →→ http://hisesshoku-ryouhou.com/archives/06info/info.html

関連性の高い記事

【前のエントリー】
 →第547号 髪もお湯だけで『お湯洗髪』の秘密

このページのTOPへ