メールマガジン「秘密の皮膚科学」

2012年08月21日配信

第323号 できていない率?『ステップ1アンケート』の秘密

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2012/08/21━☆
     健康な素肌を取り戻すために知ってほしいこと!

            「秘密の皮膚科学」

     第323号 発行者:シニアフェロー 牛田専一郎
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆


 みなさん、こんにちは。
 シニアフェローの牛田専一郎です。

 ご存知の方も多いと思いますが、
 昨年10月、モニター制度が2ステップになりました。

 今回は、
 ステップ1のお申込み後3週間目に
 お送りしているアンケートの集計結果をお知らせいたします。

 ステップ1で目指すものは
 【8項目の完全達成】。

 はたして......
 目標は達成できているでしょうか?



☆------------------------------------------------------------☆

            ── できていない率? ──

            『ステップ1アンケート』の秘密

☆------------------------------------------------------------☆


 ▼3週間後アンケート ~7つの質問~


  [Q1]皮膚疾患で病院に通ったことはありますか。

  [Q2](Q1→Yesの場合)病院での治療に満足されましたか。

  [Q3]「何もつけない生活」を始めて、
     現段階で肌に変化はありますか。

  [Q4]お湯洗髪に挑戦してどのくらいですか。

  [Q5]ASVC22や小麦粉シャンプーを使って、
     お湯洗髪はスムーズにできそうですか。

  [Q6]8項目のうち、実践が難しい項目はありますか。

  [Q7]試用後の感想や質問、お湯洗髪のコツ、
     ASVC22の上手な使い方等がありましたら教えてください。



 ☆集計結果をこちらのページに掲載しています。
  http://hisesshoku-ryouhou.com/archives/2012/08/step1_20120802.html






 ▼実践が難しい項目と、その理由


 最後の質問
 「8項目のうち、実践が難しい項目はありますか」に対しては、
 54%の方が「ある」と回答しています。

 その54%の方にできていない項目と
 理由を尋ねたところ
 次のような結果となりました。


 ┌────────────────────────────
 | 
 | [1]基礎化粧品、シャンプー・リンスを使用しない
 | 
 |                →できていない率:17%
 | 
 └────────────────────────────

   [できない理由]

    ・仕事柄、化粧をしないのは難しい
    ・シャンプーを使用しないと、人に会うときに気になる
    ・お湯洗髪が難しく、うまくできない




 ┌────────────────────────────
 | 
 | [2]肌にトラブルのあるときはメイクをしない
 |   (メイクが必要なときは、
 |    お湯と手ぬぐいのみで落とせる程度に)
 | 
 |                →できていない率:6%
 | 
 └────────────────────────────

   [できない理由]

    ・仕事上、化粧が必須であり
     ファンデーションを薄くしても
     軽く落とせる程度のメイクは難しい。



  ◎牛田より:

    健康な肌になれば、
    ファンデーションをつける必要がなくなります。

    ちょっとしたポイントメイクをするだけで
    充分映えるようになりますよ。

    日ごろから肌に負担をかけないようにして
    "隠す必要のない肌"を目指しましょう。




 ┌────────────────────────────
 | 
 | [3]日常生活では日焼け止めを使わない
 |
 |                →できていない率:9%
 | 
 └────────────────────────────

   [できない理由]

    ・日焼けが心配
    ・シミの部分にのみ塗ってしまう


  ◎牛田より:

    シミが増えることが心配で
    日焼け止めをつけるのは、実は逆効果。

    シミは傷んだ部分にできています。
    日常的に肌に負担をかけることは、
    シミを作るリスクを増やすことになります。




 ┌────────────────────────────
 | 
 | [4]顔、身体、髪、手は水またはお湯のみで洗う
 |
 |                →できていない率:15%
 | 
 └────────────────────────────

   [できない理由]

    ・調理の仕事をしているため、
     石けんを使わずに手を洗うことはできそうにない

    ・共同浴場のため
     身体を石けんで洗わないと文句を言われそう

    ・髪の量がかなり多い上に、硬く
     生え方にも癖があるので
     シャンプーなしでは、収まりがつかない

    ・お湯洗髪が難しい


  ◎牛田より:

    医療や調理などの現場では
    規則で洗浄剤の使用が
    義務付けられていることもあると思います。

    そのような場合は、石けんを使用した手で
    顔や髪に触れないように注意しましょう。




 ┌────────────────────────────
 | 
 | [5]肌に触れる衣類や寝具は指定の洗剤で洗う
 | 
 |                →できていない率:32%
 | 
 └────────────────────────────

   [できない理由]

    ・家族が柔軟剤を好む
    ・家族が洗濯しているため、洗剤を変えるのが難しい
    ・現在使っている洗剤がなくなったら替える予定

    ・毛布はクリーニングに出すので触れてしまう
    ・頑固な汚れに石けんを使ってしまうことがある
    ・海外在住のため、指定の洗剤が手に入らない


  ◎牛田より:

    洗濯洗剤については、
    家族との兼ね合いが一番難しいようです。

    いつも肌に触れる寝具や衣類は
    肌に大きな影響を与えます。

    どうしても洗濯洗剤を替えることが許されなければ、
    直接肌に触れるものだけでも分けて、
    手洗いをするとよいでしょう。

    1人用のバケツ洗濯機を
    お使いの方もいらっしゃいます。

    早く肌の状態を改善したいなら
    「今使っているものがなくなったら」ではなく
    「今すぐに指定の洗剤に切り替える」
    ようにしてくださいね。

    また、最近増えている
    "生地の製造段階で加工されているもの"は
    洗濯をしても加工が落ちにくいので要注意。

    何回洗っても
    接触した部分のトラブルがおさまらないときは、
    その衣類を着ないようにしましょう。




 ┌────────────────────────────
 | 
 | [6]抗菌剤配合の浴槽用洗剤や、
 |   除菌・消臭スプレーを使用しない
 | 
 |                →できていない率:9%
 | 
 └────────────────────────────

   [できない理由]

    ・トイレ掃除のペーパーが手軽で止められない




 ┌────────────────────────────
 | 
 | [7]クリーニングに出した衣類や寝具は
 |   直接肌に触れないようにする
 | 
 |                →できていない率:15%
 | 
 └────────────────────────────

   [できない理由]

    ・会社指定のマスクと帽子を着用しなければならない
    ・ドライクリーニングしか適さない
     素材の服を着る機会がある




 ┌────────────────────────────
 | 
 | [8]日常的に手で顔や髪に触らない
 | 
 |                →できていない率:52%
 | 
 └────────────────────────────

   [できない理由]

    ・顔が痒くなりどうしても顔を触ってしまう
    ・気がついたら顔や髪を触っている
    ・寝ているときに無意識に触ってしまう







 ▼8つの習慣・達成率ワースト3は?


 1位 → 日常的に手で顔や髪に触らない(52%)
 2位 → 肌に触れる衣類や寝具は指定の洗剤で洗う(32%)
 3位 → 基礎化粧品、シャンプー・リンスを使用しない(17%)


 ......という結果となりました
 (カッコ内は"できていない率")。


 白木さん、いかがですか?


 「1位はやっぱりなぁ、という感じです。
  間接接触に気をつけるのは
  ホントに難しいですよね」


 そうですね。

 しかし、今回の結果をみると
 「間接接触は難しいと感じている方」は
 「間接接触をきちんと認識できている方」である
 とも言えそうです。

 真剣に取り組んでいるからこその回答、
 かもしれませんね。






 ▼その他の設問の結果は?


  ◆[Q5]ASVC22や小麦粉シャンプーを使って、
      お湯洗髪はスムーズにできそうですか。

   →「はい」と「使わなくてもできた」を合わせると
     78%でした。

 問題なくできる方が増えてきたお湯洗髪ですが、
 回答を見ると最初は苦労する方もいるようです。

 お湯洗髪のアイディアはだんだんと蓄積されてきましたが、
 引き続き研究をしていきたいと思います。



  ◆[Q2](皮膚疾患で通院したことがある方)
   病院での治療に満足されましたか。

   →「治療に満足した」という回答は18%でした。

 8割の方は、
  ・薬が効かない
  ・何度も再発する
  ・根本的な治療がない

 などの不満足を感じているようです。

 今後はこちらも重要なテーマになりそうですね。



 ☆[集計結果]詳しくはこちらでどうぞ!
  試用後の感想や使い方のコツも多数お寄せいただきました。
  http://hisesshoku-ryouhou.com/archives/2012/08/step1_20120802.html






 ☆質問・疑問などがありましたら、
  お気軽にどうぞこちらへ。
  →→ http://hisesshoku-derm.com/archives/01about/info.php

関連性の高い記事

【次のエントリー】
 →第324号 部分別?『トラブルの原因推測』の秘密 <顔・額>

【前のエントリー】
 →第322号 夏休み返上?『ご報告スペシャル』の秘密

このページのTOPへ