メールマガジン「秘密の皮膚科学」

2009年12月15日配信

第215号 お肌のカサカサはシワのもと?『冬のカサつきQ&A』の秘密

 みなさん、こんにちは。
 コスメプロデューサーの牛田専一郎です。


 「牛田さん、今年もあの季節がやってきましたよ!」


 例のアレの季節、ですね......。


 「読者のみなさんも、もうお分かりですよね?
  そうです、テーマは【カサつき】です!」


 やはり今年も、
 カサつきについてのお問い合わせが
 先月から増加しています。

 2009年度版の"カサつきQ&A"をまとめてみました。
 特にワセリンの使い方でお悩みの方、
 ぜひご参考にしてくださいね。

 

☆------------------------------------------------------------☆

 

        ── お肌のカサカサはシワのもと? ──

          『冬のカサつきQ&A』の秘密

 

☆------------------------------------------------------------☆


 ▼ワセリン関連のお問い合わせ多数!


  ┌────────────────────────────
  |◆Q1【ワセリンは我慢するべき?】
  | 
  | 乾燥がひどいときは少しだけ、
  | 目の周りだけ白色ワセリンを塗っています。
  | 時々頬も......。
  | 我慢して塗らないほうがよろしいでしょうか?
  | 
  |                     (40代・女性)
  | 
  └────────────────────────────

  

  ⇒⇒⇒【"ごまかす"程度ならOK】

   お肌がカサついている部分では、
   角質の異常剥離が起きています。

  

   ワセリンを使用し、カサつきをごまかす程度の
   保護をするとよいでしょう。

   皮脂膜に保護されているような状態をつくり、
   なるべく自然な角質の剥離に近づけることが大切です。

 

   ただし、夜のお休み前は何もつけないようにして、
   お肌の自然な皮脂分泌を妨げないようにしましょう。

   カサつきがなかなか治まらない場合は
   タンパク変性物質や感作物質との接触が考えられます。
   接触物の再確認をしましょう。


   [関連バックナンバー]
   ☆第145号 ワセリンでプツプツが?
    『ワセリンのつけ方・落とし方』の秘密
    http://hisesshoku-derm.com/archives/2008/05/145.php

 


  ┌────────────────────────────
  |◆Q2【オイルはワセリンの代わりになる?】
  | 
  | ワセリンの代わりに
  | 100%スクワランのものを使っても良いでしょうか?
  | 
  | 以前に、スクワランは肌に良いと聞いて
  | 購入したのがまだ残っています。
  | 
  |                     (40代・女性)
  | 
  └────────────────────────────

 

  ⇒⇒⇒【オイルを使うなら、添加物のないピュアなものを】

   ワセリンの代わりに、
   馬油やスクワランを使いたい。
   これは、よくいただくご質問のひとつです。

  

   馬油やスクワランの中には、
   肌に良いと謳っているものもありますが、
   「皮膜を作ってお肌を保護する」という目的に
   一番適しており、なおかつ安価なのはワセリンです。

 

   以前買ったオイルが余っていて
   捨ててしまうのがもったいないなど、
   どうしてもオイルを使用する場合は、
   添加物のないピュアなものを、
   部分的につけるようにしてください。

 

   この他にも、
   「オイルをつけた夜は、
    お湯だけで済ませるのではなく
    洗顔剤が必要でしょうか?」
   というお問い合わせもいただきます。

 

   オイルの落とし方も、ワセリンと同じです。
   カサつく部分にのみ薄くつける程度でしたら
   お湯と手ぬぐいのみで落としましょう。

   洗浄剤を使わないと落とせないくらいに
   つけてしまうと、かえって逆効果になります。

   洗浄剤の使用はカサつきの原因となりますので、
   注意してくださいね。

 


  ┌────────────────────────────
  |◆Q3【添加物のないワセリンはどこで買えますか?】
  | 
  | 牛田さんがおススメされていたワセリンを使おうと思い、
  | 近くの薬局や雑貨店などで探したのですが、
  | 添加物が入ったものしか見つかりません。
  | 
  | どんなところで取り扱っているのか知りたいです。
  | 
  |                     (30代・女性)
  | 
  └────────────────────────────

 

  ⇒⇒⇒【日本薬局方の白色ワセリンはありますか?
      と、聞いてみましょう】

   薬局の店頭で見つけられない場合は、お店の方に
   「日本薬局方の白色ワセリン」または
   「局方(きょくほう)の白色ワセリン」
   と言ってみましょう。探してもらえるはずです。

 

   インターネットで探す場合は
   「日本薬局方」
   「白色ワセリン」
   などのキーワードで検索してみてください。

   輸入品のワセリンには、
   BHTなどの酸化防止剤が使われているものがあります。

   皮膚に刺激となることがありますので、
   ワセリン以外の添加物のないものを選びましょう。

 


  ┌────────────────────────────
  |Q4◆【ワセリンや化粧水はカサつき予防になる?】
  | 
  | 海外に行く機会が多く、機内で長時間過ごす度
  | 肌が非常に乾燥します。
  | 
  | バックナンバーを拝見していたら
  | あまりにも乾燥する時はワセリンや化粧水を使って......
  | とあり、使用したいと思います。
  | 予防のために使用するのはいかがでしょうか?
  | 
  |                     (30代・女性)
  | 
  └────────────────────────────

 

  ⇒⇒⇒【予防は必要ありません】

   特にお肌がカサついていないときは、
   予防として使用する必要はないでしょう。
   
   何かをつけている状態は、
   皮膚にとっては負担となります。

   お肌が健康なときは何もつけずに過ごし、
   カサついてしまったらワセリンをつけましょう。

 

   機内でお肌がカサつく人は、
   同じ姿勢のまま動けないことからくる
   心身のストレスがお肌に現れやすい人です。


   [関連バックナンバー]
   ☆第49号 カサカサ? 『カサつき』の秘密
    http://hisesshoku-derm.com/archives/2005/10/49.php

 


  ┌────────────────────────────
  |◆Q5【手足のひび割れが治りません】
  | 
  | 顔以外で悩んでいるのが、
  | 手や足の皮膚が荒れてひび割れて、とても痛いことです。
  | 
  | お風呂上がりは何も付けずに過ごし、
  | 朝ワセリンを塗るのですが、なかなか治りません。
  | 
  | 普通のツルツルした肌になるには
  | どうすればよいか、教えて下さい。
  | 
  |                     (30代・女性)
  | 
  └────────────────────────────

 

  ⇒⇒⇒【日常の接触を見直しましょう】

   手足のひび割れも、洗濯洗剤の影響が考えられます。
   石けんで洗っていたものはすべて、
   トップクリアリキッドで洗い直すようにしましょう。

 

   また、新しいストッキングや靴下にも
   柔軟仕上げがされています。
   自宅で数回洗ってから使用してみてください。

   身体にも石けんやボディシャンプーは使用しないようにして、
   お肌を傷めるものと接触しないようにしましょう。
   だんだんとひび割れは治まっていきます。

 

   食器洗いなどの家事をするときは、作業をする前に
   添加物のない白色ワセリンを薄くつけましょう。
   ワセリンがお肌を保護してくれます。

 

 


 ▼なぜカサつくのか? を考えよう


 前号で、セラミド・コレステロール・脂肪酸のお話をしましたね。

 これら3つは細胞間脂質と呼ばれ、
 角質と角質をくっつける"接着剤"の役割を果たしています。

  ☆『接触性過敏症候群とは』の秘密
   http://hisesshoku-derm.com/archives/2009/12/214.php


 お肌がカサつくのは、
 この"接着剤"がうまく機能しなくなっているから。

 

 原因は、
 タンパク変性物質や感作物質との接触による場合と、
 体調による場合の2つがあります。

 お肌が弱い、接触性過敏症候群の人は
 接触や体調によって
 接着剤の力が弱くなりやすいのです。

 ですから、体調を整えることや、
 お肌に触れているものを見直すことが
 カサつきの有効な対策になります。

 

 


 ▼ちょっとしたことが、カサつき対策に


 ご質問メールの中には、
 お肌のカサつきがこのままシワになるのでは......という
 心配の声もありますが、
 洗浄剤等のお肌を傷めるものと接触しなければ
 シワなどの原因になることはありません。

 

 お肌が正常な角質の剥離を取り戻せば
 カサつきは気にならなくなります。
 運動・栄養・休養も忘れないようにしてくださいね。


 どんなカサつきにも、必ず理由があります。

 冬のカサつきについては
 バックナンバーでいくつか取り上げていますので、
 ご参考になさってくださいね。


 [関連バックナンバー]
 ☆解決のヒントは身近にある!
  『真冬のうるおい術』の秘密(1)
  http://hisesshoku-derm.com/archives/2006/12/89.php

 ☆『真冬のうるおい術』の秘密(2)
  http://hisesshoku-derm.com/archives/2006/12/90.php

 ☆季節到来?『冬のカサつき』の秘密
  http://hisesshoku-derm.com/archives/2007/11/123.php

 

 

 

 ★牛田への感想・コメントがありましたら、
  お気軽にどうぞこちらへ。
  → http://hisesshoku-derm.com/archives/01about/info.php

 

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
   ☆メルマガ☆『秘密のプロジェクト』も好評配信中!
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

 はげしく稼動中!の『秘密のプロジェクト』。
 最新情報をメルマガでお届けしています。


 ○プロトタイプA開発秘話!!
 ============================
 ピリピリして「何もつけない」ができないと赤くなる・・・
 化粧品の常識が見事にひっくり返っている原料です。

 無謀にも・・・どうしてそんな原料を開発したのでしょう?
 その訳はこちらに↓
 http://hisesshoku-ryouhou.com/


 ○モニター制度が変わった!
 ==========================
 お肌の弱い人が最短でトラブルを解消するために
 3ステップ制度に変更されました。

 お肌の弱い人は、まず接触を断つことが最優先。
 全国から海外からも応募者殺到中!

 新応募フォームはこちらから↓
 https://marketstyles.co.jp/monitor/

 パスワードはメルマガ「秘密のプロジェクト」にあります。
 毎号変わりますのでご了承ください。

 先週のパスワードは?  ふぐ料理3点セット!

 

 ○臨時号のフォローと年末年始のお知らせ
 ======================================
 洗濯洗剤のサンプルは、海外を含め106名に発送!
 測定は、12月17日まで、新年は、1月13日から。

 新たな展開が「秘密のプロジェクト」であるかもしれません。

 次号の「秘密のプロジェクト」は12月17日配信予定。
 ご登録はこちらから→< https://marketstyles.co.jp/mm/ >


 ...続きは『秘密のプロジェクト』をお読みくださいね。

関連性の高い記事

【次のエントリー】
 →第216号 筋肉の衰えはたるみのもと?『ちょっと気になるQ&A』の秘密

【前のエントリー】
 →第214号 "お肌の弱い人"って?『接触性過敏症候群とは』の秘密

このページのTOPへ