メールマガジン「秘密の皮膚科学」

2007年05月23日配信

第98号 つければ安心?『日焼け止めとの付き合い方』の秘密

 みなさん、こんにちは。
 コスメプロデューサー・牛田専一郎です。


 すっかり久しぶりの配信となってしまいました。

 楽しみに待っていてくださったみなさん。
 もしや、牛田に何かが......?
 と心配してくださったみなさん。


 大変申し訳ありません。

 例のごとく、牛田は研究室にこもっていました。
 「秘密の化粧品」は激しく稼動中! です。

 あと2号に迫った100号では
 大きなお知らせができるかもしれません。
 もうしばし、お待ちくださいね。


 さて。

 なかなか配信できないにもかかわらず、
 牛田のもとには毎日のように
 たくさんの感想・質問メールが届いております。

 本当にありがたいことです。
 みなさん、どうもありがとうございます。


 今日は、ここのところ特に多くいただいている
 ご質問についてお答えしたいと思います。


 テーマは「日焼け止め」。


 久しぶりに白木さんも登場します。
 どうぞ最後までお付き合いくださいね。

☆----------------------------------------------------------☆

         ―― つければ安心? ――

      『日焼け止めとの付き合い方』の秘密


☆----------------------------------------------------------☆


 ▼牛田、実験室から外へ


 「牛田さん!
  実験室から出てくるのを待ってたんですよ。
  季節はもう春を通り越して、初夏です!」



 そういえば、すっかり日差しが強くなっているような。



 「そういえばじゃありません!
  紫外線について、読者さんからメールが届いてるんですよ。
  ホラ、こんなにいっぱい!」
  (受信トレイを開いて見せる白木)



 すみません......。

 ではさっそく、ある読者さんからいただいたメールを
 一部抜粋してご紹介しますね。


 ┌――┐
 |\/| 【日焼け止めなら何でもダメですか?】
 └――――――――――――――――――――――――――――――
 |
 | バックナンバーを拝見したところ、
 | 「日焼止めはおすすめできない」とのことですが、
 | どんなものでもダメなのでしょうか?
 |
 | ちなみに現在は、
 | 朝......牛田さんからいただいた秘密の石けんで洗顔
 | 昼......ノーメイクで、外出時だけやむを得ず日焼け止め
 |
 | という感じです。
 |
 | 「何もつけない」歴も長くなってきていますが、
 | 最近、太陽の光が強くなっているような気がして......
 |
 | 日焼け止めを塗るべきか、やめるべきか。
 | とても迷っています。
 |
 └――――――――――――――――――――――――――――――


 お問合せ、ありがとうございます。
 日焼け止めをつけたらいいのかどうか、お悩みなのですね。


 "太陽の光が強くなっているような気が"するとのことですが、
 まずはこの問題から考えてみましょう。



 ▼紫外線の量は年々増えている?


 "紫外線は皮膚や人体に悪影響を及ぼす"。
 このことは、健康や美容に関するテレビ・雑誌・広告によって
 広く知られるようになりました。

 しかし、それらの情報のなかには
 事実ではないことが多分に含まれている場合があります。


 例えば、「年々増える紫外線量に負けない肌に......」といった記述。

 日本では50年前から紫外線量は増えていません。
 おそらく、それ以上前から変わっていないでしょう。


 そのことを示したデータが
 気象庁のサイトに掲載されています。
 http://www.data.kishou.go.jp/obs-env/ozonehp/ozone_monthave_sap.html



 ▼皮膚癌の発生率が増えている?


 オゾンホールが出現してからも、
 有色人種の皮膚癌が増えたというデータは示されていません。
 有色人種の皮膚癌の発生率は変わっていないでしょう。

 特に日本では、そもそも50年、いや100年以上前から
 紫外線量が変わっていないのですから、当然のことですよね。


 紫外線量についても、皮膚癌についても、
 「化粧品を売るための文句」として利用されている場合が多いのです。



 ▼紫外線について、詳しくは......


 昨年のちょうど今ごろに、紫外線について取り上げています。
 詳しくは、こちらをご覧くださいね。


  ◇第74号 『紫外線』の秘密
  http://hisesshoku-derm.com/archives/2006/05/74.php

  ◇第78号 『もっと詳しく! 紫外線』の秘密(1)
  http://hisesshoku-derm.com/archives/2006/06/78.php

  ◇第79号 『もっと詳しく! 紫外線』の秘密(2)
  http://hisesshoku-derm.com/archives/2006/06/79.php



 ▼日常生活レベルなら"何もつけない"


 「なるほど~。
  紫外線量に変化がない、ってことは分かりました。
  でも、量に変化がなくても
  お肌に影響を及ぼすことには変わりないんですよね?」



 そうですね。
 紫外線を浴びれば、当然のことながら日焼けをします。

 でも、通勤や通学、ちょっとした散歩程度であれば、
 何もつけなくても大丈夫なんですよ。



 「どうしてですか?」



 痛みや赤みを伴わない日焼けであれば、
 お肌は自然に回復するからです。
 老化・シミ・シワの原因にもなりません。



 ▼ぜったい焼きたくない! という場合には?


 「ふーん。肌の色は黒くなるけど、
  お肌に負担をかけない程度の紫外線であれば
  元どおりになるってことですね」



 そのとおり。
 真夏に小麦色の肌になっても、
 たいてい冬には白くなっているでしょう?

 お肌はおそるべき自然回復力を持っているんですよ。

 ただし、夏であろうとも徹底的に焼きたくない!
 という方は、次のことを気をつけましょう。


 ○紫外線量の多い時間帯(10時~14時)は
  外出を控えるなどして、直射日光を浴びないようにする

 ○やむをえず外出をするときは、衣服で肌を覆う
  (長袖のものを着る・帽子を被る・日傘を差す......etc)



 ▼日焼け止めは??


 「やっぱり、日焼け止めは避けるべきなんでしょうか?」



 結論から言うと、おすすめはしません。
 お肌を紫外線から守る働きをしてくれますが、
 "副作用"が大きすぎるからです。



 「副作用!?」



 日焼け止めはお湯や石けんで落とすことができません。
 どうしても、クレンジング剤が必要になります。

 以前からお話をしているとおり、
 クレンジング剤には界面活性剤が含まれています。


 日焼け止めでお肌を守っても、
 それを落とすときにお肌を傷めてしまう。

 結果的には、日焼け止めを使う前より
 お肌が荒れてしまう......という皮肉な結果になりかねないのです。



 ▼"落ちにくいタイプ"にご用心


 "落ちにくい"日焼け止めには、特に注意が必要です。
 その類の日焼け止めは「シリコン」を使って作りますから、
 シリコンの影響を受けやすい人や、お肌の弱い人が使ってしまうと
 大きなダメージを受けてしまうでしょう。

 しかも、強力なクレンジング剤でなければ落ちませんから
 お肌に二重の苦難を強いているのと同じことになります。


 だから、日焼け止めは「最終手段」。
 スポーツをしたり、レジャーをするときなど、
 屋外で長時間にわたって直射日光を浴びる場合だけ
 日焼け止めを使用するようにしてください。

 その場合も、日焼け止めを使うリスクをお忘れなく。
 できるだけ"日焼け止めに頼らない工夫"を心がけてくださいね。



 ▼専門家であるはずの病院でも


 病院でも、レーザー治療の後や、ピーリング治療の後、
 そして火傷の治療の後などに
 日焼け止めをつけることを勧められるケースがあるようです。


 医療の現場に化粧品の情報が届きにくいせいか、
 "日焼け止めをつけた後のケア"
 (=さらにお肌を傷めるクレンジングが必要であるということ)
 まで、配慮が行き届きにくいのかもしれません。

 最近、牛田がお医者様とお話をしていて感じたことです。



 ▼それでも、どうしても!

 【以下は内容が古いので読まないでください。】
 ※肌が傷んでいなければ、日常生活レベルの日焼けをしてもシミになることはなく、
  すぐに白い肌に戻ります。全成分に問題のないファンデーションでも肌につけたままに
  しておくことは、皮膚生理を妨げます。肌の調子が悪いとき、荒れやすい人はファンデーションも
 つけないようにしましょう。(2012.7.10)


 「洋服や日傘だけじゃどうしても不安だなぁ......。
  私はおでこが日焼けをしやすいんです。
  どうしたらいいでしょうか?」



 日焼けをしやすい方や、何もつけずにはいられない方は
 パウダータイプのファンデーションをつけましょう。

 パウダーファンデーションには、日焼け止めと同じ
 「散乱剤」という成分が含まれているんですよ。


 日常レベルの紫外線であれば、
 十分に紫外線をはね返すことができます。
 また、パウダータイプであれば石けんで落とすこともできます。

 ただし、お肌への負担が軽い分、
 日焼け止めとしての効果は持続しにくくなります。
 こまめに塗りなおすなどの工夫が必要ですね。



 ▼こんなメールをいただきました


 ┌――┐
 |\/| 【原因はコレでした】
 └――――――――――――――――――――――――――――――
 |
 | どうも頬のあたりからあごにかけてカサカサするのです。
 | "何もつけない"を続けているのに、なぜだろう?
 | と思ったのですが......1つだけ、つけていました。
 |
 | それは日焼け止めです。
 |
 | 化粧はしないのですが、日焼け止めを塗っていました。
 | しかも、石けんのみで洗顔していました!
 |
 └――――――――――――――――――――――――――――――
 

 "何もつけない"を実践しているのに、
 どうもお肌の調子が思わしくないという方。

 日焼け止めだけは別だと思っていませんか?


 海や山へお出かけの日でなければ、
 ちょっとお休みをしてみてください。

 日焼け止めという「フタ」を取って
 軽いお肌で初夏を楽しんでみませんか?




  ★牛田への感想・コメントがありましたら、
   お気軽にどうぞこちらへ。
  http://hisesshoku-derm.com/archives/01about/info.php



*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
   ☆メルマガ☆『秘密のプロジェクト』も好評配信中!
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

 はげしく稼動中! の『秘密のプロジェクト』。
 "ほやほや"の最新情報をメルマガでお届けしています。

 最新号をちょっとだけご紹介。
 
 ○プロトタイプA開発秘話!!
 ============================
 一番ピリピリして「何もつけない」ができないと赤くなる・・・
 化粧品の常識が見事にひっくり返っている原料です。

 無謀にも・・・どうしてそんな原料を開発したのでしょう?
 その訳はこちらに↓
 http://hisesshoku-ryouhou.com/


 ○プロトタイプA・モニター募集中!
 ==================================
 開発コードは Pr-A 通称"プロトタイプA"
 モニター・スタッフと開発した秘密の原料です。

 測定に来なくてOKです。
 全国から海外からも応募者殺到中!

 プロトタイプA・読者モニター応募フォーム
 こちら↓

  https://marketstyles.co.jp/monitor/

  (パスワードはメルマガ「秘密の化粧品」で発行されています。
  ご希望の場合はお手数ですが、メルマガ「秘密の化粧品」をご登録ください。
  パスワードは毎号変わります。ご了承ください。)


 新たに開発されプロトタイプAの使い方が、
 「秘密のプロジェクト」で発表されています。

 次号では、さらに新たな発表があるかも!?
 ご登録はこちらから→< https://marketstyles.co.jp/mm/ >


 ○プロトタイプAの秘密が公開されています。
 =========================================
 mixiの「秘密の化粧品」コミュニティです。
  
 トピック:プロトタイプAの秘密を語ろう!
 こちら→http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=11584748


 ○秘密のファンデーション開発開始!
 ==================================
 開発に参加するには
 こちら↓
 http://hisesshoku-ryouhou.com/form/fdmoni_entry.html
 まだ募集中ですよ。

 「何もつけない」ができた方、チャレンジしている方の声は
 こちら↓
 http://hisesshoku-ryouhou.com/contents/fmoni_comment.htm


 ...続きは『秘密のプロジェクト』をお読みくださいね。

 ☆ご登録はこちらからどうぞ!
 →< https://marketstyles.co.jp/mm/ >

関連性の高い記事

【次のエントリー】
 →第99号 聞かせてください!『あなたの治療体験談』の秘密

【前のエントリー】
 →第97号 試してみました!『お湯洗髪体験談』の秘密

このページのTOPへ