メールマガジン「秘密の皮膚科学」

2014年05月08日配信

第409号 停滞?『肌の改善が止まったときは』の秘密

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2014/05/08━☆
     健康な素肌を取り戻すために知ってほしいこと!

            「秘密の皮膚科学」

     第409号 発行者:シニアフェロー 牛田専一郎
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆


 みなさん、こんにちは。
 シニアフェローの牛田専一郎です。

 非接触生活を始めたばかりのころは
 肌に劇的な変化があったものの、しばらくすると
 停滞しているような気がすることがあります。

 また、長く非接触生活を続けていると、
 環境の変化や肌のバリア力の変化によって
 肌が不調になるときもあるでしょう。

 今回は、そんなときの対処法をお知らせしますね。 



☆------------------------------------------------------------☆

               ── 停滞? ──

            『肌の改善が止まったときは』の秘密

☆------------------------------------------------------------☆


 ▼なんとなく停滞気味のときは


 非接触生活を始めて1年になるという方から
 こんなご報告をいただきました。


  *━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*
   ◆『初心にかえって再確認』(40代・女性)
   --------------------------------------------------------

   1年くらい非接触生活を続けていますが
   もう一度、初心にかえりたくて申し込みました。

   まずは自分の肌が本当に弱い事を再確認し、
   生活を改めて一つ一つ見直しました。

   この1年間、自分の思い込みやこれ位大丈夫という適当さで
   ある程度まで改善はしましたが、そこで止まっていました。

   本当に泣きたくなる位、ちょっとした事で
   肌はすぐに粉を吹いたり皮むけをしたり。
   2回以上洗ったタオルやマスクでも、
   物によっては肌が荒れてしまいます。

   身の回りの品々が恐ろしくて、
   少し神経質になり過ぎだと自分でも思います。

   でもとにかく、指定のペーパータオルで手を洗い
   顔に触らないようにしたら、また止まっていた位置から
   少し改善へ向けて進みつつあります。

   小鼻のきわの赤みがひいてきて、
   毛穴の黒ずみがなくなりました。

   そして最近気が付きましたが、一部分だけですが
   しみがかなり薄くなっていました。
   これはASVCのお蔭ですね。

   接触した日はASVCをつけると、すぐにぴりぴりするので
   何がいけなかったのか1日を振り返ります。

   しみやしわが多いので、傍目には
   綺麗な肌には見えないでしょうが
   私自身は肌理が整った綺麗な肌だと思っています。

   これからもよろしくお願いします。


  *━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*


 非接触生活が軌道に乗ってくると、だんだん
 普段の生活を見直す機会が少なくなってきます。

 まだまだ改善したいところはあるけれど
 最近あまり変化が見られないというときは、
 自己流のやり方になっていないか
 立ち止まって考えてみましょう。






 ▼ここを変えたら、劇的に変化!


 "停滞期"を乗り越えたフェローのみなさんから
 『ここを変えたら劇的に変化した!』
 というご報告が届いていますので
 いくつかご紹介しますね。



  1.ペーパータオルでの手洗いの徹底
 *----------------------------------------------------------*

   洗顔時、洗髪時、顔に触るとき、
   手をペーパータオルでよく洗うようにしたら
   毛穴に変化があった、赤みが減った、
   というご報告が届いています。



  2.タオル・寝具カバーの切り替え、洗い直し
 *----------------------------------------------------------*
 
   市販のタオルや寝具カバーには、
   強い柔軟剤や抗菌剤が使われていることが多くあります。

   そのような場合、指定の洗濯洗剤で何回洗い直しても
   触れるたびにトラブルが起きてしまうことも。

   口の周りや顔全体の赤み・カサつきなどが
   なかなか改善しない場合は、顔を拭くタオルを
   サウンドスタイルのものに切り替えましょう。

   枕にタオルを敷いたり、ふとんの肌に触れる部分に
   衿カバーとしてタオルをつけることで、
   ニキビができなくなったというご報告もあります。



  3.ヘアブラシ・メイクブラシの洗い直し
 *----------------------------------------------------------*

   ブラシの毛に、抗菌加工やシリコン加工がされていると
   洗い直しても肌トラブルが起きてしまいます。
   まずは加工を確かめてみましょう。

   ヘアブラシ、メイクブラシは指定の中性洗剤で
   こまめに洗うようにしてくださいね。






 ▼不調になってしまったときは


 これまで順調に改善のご報告をくださっていた
 トレーニーの方から、こんなメールが。


  *━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*
   ◆『心当たりの物をリストアップしてみました』(30代・女性)
   --------------------------------------------------------

   実は、あまり肌の調子が良くありません。
   痒みが続き、小さい湿疹、赤みまで出てしまいました......。

   心当たりもあり過ぎて(笑)
   リストアップしてみました。

   1. 美容院でカラーリングをし、シャンプーもした。
   2. 美容院に行く為ファンデーションを塗った
    (サウンドスタイルの物と市販のチーク)。

   3. 子供の入園式で柔軟仕上げしてある服を着た。
   4. 入園式の日もメイクをした。

   5. 入園準備のため市販の布を使ってミシンをかけた
    (洗濯しなかった)。

   6. 忙しかったため、シャンプーを使っている家族がいるのに、
    お風呂の掃除が2~3日適当だった。


   以上です。

   美容院に行ってから1週間ほどですが、肌の不調が続き、
   ASVCも痒みの部分には刺激があり、休んだりしていました。
   しかし休んだ翌朝も、洗顔後に痒みがでてしまいました。

   昨日からまた35を使い始めました。
   3分はヒリヒリして無理でしたが、1分くらいで流しました。

   なんとなく昨日の夜から調子が戻って来たような気がするので、
   また頑張ってみたいと思います。


  *━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*


 かゆみ、湿疹、赤みが出るときは
 数日中の強い接触が考えられます。

 接触があっても原因さえ分かれば、
 トラブルは慢性化することなく治まります。

 肌の調子が悪くなってしまったときは
 まずは落ち着いて、
 リストアップしてみてくださいね。






 ▼おわりに ~ 気づいていないだけ、ということも ~


 周囲の人から指摘されて
 自分の肌の変化に気づいた、
 という方もいらっしゃるようです。


  *━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*
   ◆『友人からの思いがけない言葉』(60代・女性)
   --------------------------------------------------------

   お世話になっております。
   暖かくなり、肌のバリア機能が高くなったのか、
   「何もつけない」生活に慣れてきたのか、
   肌がかなり落ち着いてきました。

   そして、先日嬉しいことがありました♪
   自分では、思ったほど改善されていない気がする。
   肌の赤みが良くなったものの、まだ残っているし
   シミがあちこちにあって気になるし......。

   肌が綺麗になるのはいつのことかと、
   先行きにチョット不安を感じていました。

   でも、先日久しぶりに会った同い年の友達に、
   「若いよねぇ~肌綺麗だし何で?」って言われました♪

   自分ではあまり意識をしていなかったのに、
   綺麗になっているんだ~って、改めて、
   自分の顔をじっくり見てしまいました。

   非接触生活を始める前に比べると
   やはり良くなっているんですね。

   ついつい、ツルツルピカピカの肌を
   手に入れる事を考えてしまい、
   かなり欲張りになっていたのかもしれません。

   60歳でこの肌なら上出来かもしれません。

   でもでも......いやいや、もっと綺麗になれる!!

   そう思って、また頑張ろうと思います。
   宜しくお願いいたします。


  *━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*
  



 「毎日鏡で見ているからこそ、
  変化に気づきにくくなってしまう。
  ってこともあるのかもしれませんね」


 そうなんです、白木さん。

 自分の肌が変化しているのかどうか実感が持てない、
 という方は、定期的に写真を撮ってみましょう。

 以前のものと見比べてみれば、
 きっと肌の変化を確認できるはず。


 「記録をつけてみると、
  非接触生活がますます楽しくなりそうですね!」





 ☆ご意見をお待ちしております。
  質問・疑問なども、お気軽にどうぞこちらへ。
  →→ http://hisesshoku-derm.com/archives/01about/info.php



【次のエントリー】
 →第410号 パサつき、ベタつき『お湯洗髪の悩み・解決法』の秘密

【前のエントリー】
 →第408号 実体験!『非接触生活レポート』の秘密

このページのTOPへ