メールマガジン「秘密の皮膚科学」

2011年05月17日配信

第277号 日焼け止めに頼らない? 『読者の紫外線対策』の秘密

 みなさん、こんにちは。
 コスメプロデューサーの牛田専一郎です。


 前回は「牛田プロジェクト」で募集した
 紫外線対策の質問・疑問にお答えしました。

  ☆第276号 お答えします『紫外線Q&A』の秘密
   http://hisesshoku-derm.com/archives/2011/05/276.php

 
 ・お肌を傷めないことが何よりのシミ対策になる
 ・日焼け止めを塗らなくても紫外線対策はできる
 というお話をしましたが......


 今回は、読者のみなさんが実践している
 【日焼け止めに頼らない工夫】をご紹介いたします。


☆------------------------------------------------------------☆

           ── 日焼け止めに頼らない? ──

          『読者の紫外線対策』の秘密

☆------------------------------------------------------------☆


 ▼日焼け止めに頼らない工夫(その1)~日傘・帽子・日陰の活用~

  ┌────────────────────────────
  |◆【日傘をさし、なるべく日陰を歩きました】
  | 
  | 今回のテーマ「紫外線対策」ですが、去年私が行ったのは
  | 「日傘をさす」「なるべく日陰を歩く」くらいでした。
  | 
  | それでも、仕事がデスクワークな上、インドア派なので
  | 日焼けやシミを自覚することも「黒くなった」と
  | 人から指摘されることもありませんでした。
  | 
  | 一昨年までは、冬だろうが雨の日だろうが
  | 日焼け止めを欠かさず塗っていたため、
  | 「日焼け止めを塗らない」ということに
  | 物凄い抵抗感がありました
  | (私にとっては湯シャンよりハードルが高かったです)。
  | 
  | しかし思い切って日焼け止めを止めたところ
  | 「何だ、結構平気じゃん」という結果に......。
  | 
  | 今考えると、必要があって
  | 日焼け止めを塗っていた訳ではなく、
  | 「日焼け止めを塗らないと黒くなる」という
  | 強迫観念が強かったのだと思います。
  | 
  | これから「何もつけない」を始めるという人も、
  | 最初の勇気は必要かと思いますが
  | 「『駄目だ』と思ったらまた日焼け止めを塗ればいいや」
  | くらいの気持ちで始めてみては如何かなと思います。
  | もし日に焼けてしまってもASVCでリカバリーは出来ますしね。
  | 
  | でもめったにないアウトドア用に、牛田様に
  | 日焼け止めを開発していただけないかなーと思っています。
  | 
  |                     (30代・女性)
  └────────────────────────────

  ┌────────────────────────────
  |◆【日傘と帽子を活用しています】
  | 
  | 通常の外出時はもっぱら日傘です。
  | 照り返しや、おでこの接触を極力避けるためには、
  | 帽子より日傘の方がいいと思います。
  | 
  | 遮光率100%の日傘は少ないのですが、
  | 『○ン○リア100』さんのものは完全遮光なのでおすすめです。
  | 
  | 昨年の春先には、パートナーの車のガラスに
  | 「遮光フィルム」を貼ってもらいました。
  | 市販のフィルムもありますが、業者さんに
  | 加工してもらった方が、キレイで安心です。
  | 
  | 体感温度も下がるので、気になるほほの火照りも
  | 抑えられているのではないかと思います。
  | 
  | 牛田さんのメルマガに出会ってから、
  | 日焼け止めクリーム類は一切使っていません。
  | 
  | バスや電車では、たとえ座席があいていても、
  | 日陰サイドに立っている「日陰の女」です(笑)。
  | ジョギングや、洗濯物を干すときは
  | つばの長めのキャップをかぶるようにしています。
  | 
  |                     (30代・女性)
  └────────────────────────────

  ┌────────────────────────────
  |◆【日差しが強いときは外出を控えています】
  | 
  | 歩く時に影をよく使ったり、
  | 日差しが強いときはあまり野外では過ごさないように
  | こころがけています。
  | 
  |                     (20代・女性)
  └────────────────────────────


 ☆牛田より補足

 日傘は色の濃いものを、
 帽子はつばの広いものを使いましょう。

 帽子はトップクリアリキッドで2回以上洗ってから
 使用することも忘れないでくださいね。

 日常生活レベルの紫外線で多少日焼けをしても、
 肌は傷んでいませんのですぐに元に戻ります。

 それでもどうしても焼けたくないという方は、
 紫外線の強い季節(5~8月)の
 紫外線の強い時間帯(10~14時)は
 外出を控えるとよいでしょう。






 ▼日焼け止めに頼らない工夫(その2)~体調管理をしっかりと~


  ┌────────────────────────────
  |◇【簡単な運動を毎日しています】
  | 
  | 新陳代謝を良くすれば
  | 日焼けをしないという話を本で知りました。
  | 
  | 簡単な運動を毎日するだけなのですが、
  | かなりの効果があるのではないかと思い、実践しております。
  | 
  | 血流を良くすることが一番肌には大事なことなのですね。
  | 
  |                     (50代・女性)
  └────────────────────────────

  ┌────────────────────────────
  |◇【心身の調子を整えるよう心がけています】
  | 
  | 紫外線対策は、日差しを浴びないことです。
  | 普段は屋内で仕事をしていますので
  | 早朝と夕方の通勤時に外に出るくらいですが、
  | 日中の外出時は帽子・日傘が必須です。
  | 
  | 後は栄養・睡眠です。
  | 体調を整える事が肌にもいい事だと思います。
  | 
  | なかなか思うようにはいかないですが、
  | ストレスもため込まない事です。
  | 
  | あたりまえな事ですが、
  | 毎日となるとむずかしいです。
  | 
  |                     (40代・女性)
  └────────────────────────────


 ☆牛田より補足

 皮膚のバリア力が保たれている健康な肌なら、
 日焼けをしてもシミにはなりません。

 強い紫外線にあたることで
 色素沈着やシミになることを心配しなければならないのは
 【傷んでいる肌】。

 一次刺激性物質と接触して炎症を起こしている部分、
 火傷や傷が修復できていない部分がある肌です。

 傷んでいる部分に強い紫外線があたると、
 さらに炎症が進み、肌は色素を沈着させて
 肌の内部を守ろうとします。

 肌の弱い人が皮膚のバリア力を落とさないためには、

 (1)一次刺激性物質と接触しないこと
 (2)運動・栄養・休養による体調管理をすること

 が基本です。

 読者のメッセージにもあったように
 心身のバランスを整えるのは難しいことですが、
 日焼け後の肌の回復を妨げないためにも、
 一次刺激性物質との接触と、心身の健康に気を配りましょう。






 ▼ビタミンCの食材は効果あり?


 紫外線対策として
 「ビタミンCを含む食材を摂っている」
 という声もありました。


  ┌────────────────────────────
  |◎【ローズヒップティーはシミ予防になりますか?】
  | 
  | ビタミンCの豊富なローズヒップティーを飲んでいると、
  | シミができないと聞いたことがあるのですが、
  | 本当でしょうか?
  | 
  |                     (30代・女性)
  └────────────────────────────

 残念ですが、
 ビタミンCが豊富な食材をたくさん摂っても
 皮膚以外の他の臓器で優先的に消費されてしまい、
 皮膚までの充分な到達は期待しにくいようです。

 ビタミンCの摂取は
 皮膚への直接的効果は期待できないかもしれませんが、
 肉体の健康を維持することにより、間接的に
 健康な素肌を保持する効果があると思います。






 ■まとめ ~ 怖がるだけでなく、正しい知識を ~


 5月も半ばを過ぎ
 夏の日差しを思わせる日も増えてきました。

 白木さん、みなさんの対策はいかがでしたか?


 「日焼け止めに頼らない紫外線対策と聞いて
  もっと特別な方法があるのかと思っていたんですが......

  帽子や日傘を使う、日陰を歩くなど
  シンプルなものばかりでしたね!」


 そうですね。

 いずれも'ちょっとした工夫'なので
 どなたでもできることだと思います。


 日焼け止めをつけることが習慣になっている人が
 使用をやめるには勇気がいることと思いますが
 「やめても意外に平気だった」というご報告が
 多く届いています。

 肌の荒れやすい方は
 日常生活では日焼け止めの使用を止めて
 シンプルな紫外線対策をしましょう。



 それでも、やっぱり......

 日焼けが心配という方のために。

 最後に、
 真夏のオーストラリアで日焼けをしてしまったという方から
 いただいたメールをご紹介します。


  ┌────────────────────────────
  |◆【シミになるかと思いましたが】
  | 
  | 今回、紫外線対策の工夫とのことで、
  | 気づいたことがあったので報告させて頂こうと思います。
  | 
  | 今年の1月末から3月上旬まで
  | オーストラリアに滞在した時の様子です。
  | 
  | 南半球は真夏で紫外線が強いと思い、
  | 日本で日焼け止めを買い、最初のうちは使っていました。
  | 日焼け止めは、○○UVクリームSPF15です。
  | 
  | 日本では、野外でスポーツをするとき以外は
  | 日焼け止めは使っていませんでした。
  | 
  | オーストラリアでも抵抗があったので、
  | 徐々に使わなくなり、結局滞在半ばでやめてしまいました。
  | 
  | 現地では日焼けしてしまったので、
  | シミになるかとも思いましたが、その後日本に戻り、
  | 数日経つと以前と変わらない状態に戻っていました。
  | 
  | 普段から出来るだけたんぱく変性の起こるものを
  | つけないようにしていたからでしょうか?
  | 
  | 科学的な裏付けのない個人の感想ですが、
  | 紫外線が強いと言われていた南半球でも
  | 効果があったと思っています。
  | 
  | これからも、出来るだけ自然派で行きたいと思っています。
  | 
  |                     (40代・女性)
  └────────────────────────────
 


 紫外線については
 たくさんの情報がありますが、
 怖がるだけでなく、正しい知識を持って
 判断・対策ができるといいですね。





 ☆紫外線対策に質問・疑問などがありましたら、
  お気軽にどうぞこちらへ。
  →→ http://hisesshoku-ryouhou.com/archives/06info/info.html





 *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
            ☆編集後記☆
  *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-



  ☆編集後記☆は独自配信のみでお届けしております。

 編集後記には、本編でお知らせできなかった情報を
 掲載しています。
 
 お読みいただくには、下記のフォームから
 メールアドレス等のご登録をお願いいたします。
 https://i-magazine.jp/bm/p/f/tf.php?id=himituco



*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-



 「秘密の化粧品」の読者のみなさんと続けている
 「牛田プロジェクト」は→< http://hisesshoku-ryouhou.com/ >

 メルマガ「牛田プロジェクト」先週のパスワードは? 
 日本で活躍する外国人フラワーデザイナーを3人。

 (ニコライ・バーグマン)(レン・オークメイド)
 (ローラン・ボーニッシュ)

 ※応募フォームとパスワードの詳細は
  メルマガ「牛田プロジェクト」でお知らせしています。
  「秘密の化粧品」とは別にメルマガ登録が必要になります。
  ご注意くださいませ。

 メルマガ「牛田プロジェクト」のご登録は
 こちらから→< https://marketstyles.co.jp/mm/ >

 次号の「牛田プロジェクト」は5月19日配信予定。

関連性の高い記事

【次のエントリー】
 →第278号 増えると黒くなる? 『メラニン値』の秘密

【前のエントリー】
 →第276号 お答えします『紫外線Q&A』の秘密

このページのTOPへ