メールマガジン「秘密の皮膚科学」

2011年05月10日配信

第276号 お答えします『紫外線Q&A』の秘密

 みなさん、こんにちは。
 コスメプロデューサーの牛田専一郎です。


 毎年、この季節になると
 紫外線に関するお問い合わせが増えてきます。

 そこで「牛田プロジェクト」では、
 紫外線対策の質問・疑問を大募集しました。

 今回は、バックナンバーの内容をおさらいしつつ
 みなさんからの質問にお答えしていきます。


☆------------------------------------------------------------☆

             ── お答えします ──

           『紫外線Q&A』の秘密

☆------------------------------------------------------------☆


 ▼まずはおさらいから


 見聞きする機会が多い"紫外線"の情報。

 そのせいか
 「紫外線は危ない」
 「日焼けをするとシミになる」
 「日焼け止めを使わなければ!」
 という意識をもつ方が多いことがわかりました。

 パウダーファンデーションや日焼け止めをつけると
 肌が荒れてしまう、という方でも
 「何もつけない」ことに不安を感じているようです。


 まずは紫外線についておさらいをしましょう。

 下記のバックナンバーでもお話しているとおり、
 日本の紫外線の量は増えていません。

  ☆第98号 つければ安心?『日焼け止めとの付き合い方』の秘密
   http://hisesshoku-derm.com/archives/2007/05/98.php


 健康な肌であれば、日常生活レベルの日焼けをしても、
 だんだんと元に戻っていきます。
 日焼けによってシミができることもありません。

 日焼け止めは、つけているときだけでなく
 落とすときにも、洗浄剤による負担があります。

 日焼け止めを使うリスクをきちんと認識してくださいね。


 現在ニキビや赤み・シミ・シワのある方は、
 日常生活では日焼け止めを使うのではなく、
 日焼け止めに頼らない紫外線対策をしましょう。

  ☆第237号 今年もそろそろ?『トラブル肌の紫外線対策』の秘密
   http://hisesshoku-derm.com/archives/2010/06/237.php


 傷んだ部分に強い紫外線を浴びると
 色素沈着の原因になってしまいますが、
 日焼け止めを使うとさらに肌を傷めてしまうことになります。






 ▼おすすめできる日焼け止めは、ありません

  ┌────────────────────────────
  |◆Q1【おすすめの日焼け止めは?】
  | 
  | 市販されている洗濯用洗剤が
  | トップクリアリキッドというように、
  | 牛田さんおすすめの市販されている
  | 日焼け止めがあれば、教えていただきたいです。
  | 
  |                     (30代・女性)
  └────────────────────────────

   ◇A.『おすすめできるものはありません』

   日焼け止めには界面活性剤やシリコン、
   紫外線吸収剤が使用されています。

   そのため、具体的な製品をおすすめすることが
   できないのが現状です。

   今回お寄せいただいたご質問のなかにも、
   「○○○という日焼け止めを使ってもよいでしょうか」
   というものが多くありました。

   無添加を謳っている日焼け止めは
   肌にやさしそうに思えますが、
   どんなものにも界面活性剤は使われています。

   肌が荒れやすい方は、日焼け止めを使用する前に
   腕の内側などでテストしてから使いましょう。






 ▼こんなときどうする? 状況別紫外線対策

  ┌────────────────────────────
  |◆Q2 シーン1【子どもと公園で遊ぶとき】
  | 
  | 毎日午前中は2時間みっちり、
  | 息子と公園遊びをしています。
  | 
  | 今は帽子&マスク&ストールで日焼け防止していますが、
  | これから暑くなってくると、マスク&ストールは
  | 暑苦しくて無理かなぁと思います。
  | 
  | 子どもと一緒になって遊ぶので日陰にいることも難しく、
  | どうやって紫外線対策すれば良いのかわかりません。
  | 自転車にも毎日乗ります。
  | 
  |                     (30代・女性)
  └────────────────────────────

  ◇A.『紫外線の強い時間帯の外出を控えましょう』

   公園でお子さんと遊ぶときは、
   帽子や長袖の衣類で対策をすることができます。

   夏は、紫外線の強い時間帯
   (10~14時)を避けることが有効です。



  ┌────────────────────────────
  |◆Q3 シーン2【ウォーキングをしたい】
  | 
  | この4月から、毎日ウォーキングをしています。
  | 
  | だんだん紫外線が強くなって来ますが、
  | 一日で、どの時間帯を選べば良いでしょうか?
  | ちなみに、夜は余り歩きたくありません。
  | 
  |                     (50代・女性)
  └────────────────────────────
  
  ◇A.『朝や夕方に歩きましょう』

   Q2のケースと同じように、
   ウォーキングをするときも
   紫外線の強い時間帯を避けたほうがベターです。

   紫外線の強い季節(5~8月)は
   朝や夕方の時間を選ぶとよいでしょう。



  ┌────────────────────────────
  |◆Q4 シーン3【曇っている日】
  | 
  | よくアルファ、ベータの紫外線の違いを聞きますが、
  | 曇りの日もどちらかは地上まで届くのですよね。
  | 
  | 天候はどの程度気にした方がいいのでしょうか。
  | なんとなく、晴れの日以外は気が緩むのですが......。
  | 
  |                     (30代・女性)
  └────────────────────────────

   ◇A.『曇っていても紫外線対策をしましょう』

    紫外線は雲に遮られても80%くらい通過してくる
    と言われています。

    紫外線の強い季節(5~8月)の紫外線の強い時間帯
    (10~14時)は、曇りの日でも帽子や日傘で
    紫外線対策をしましょう。



  ┌────────────────────────────
  |◆Q5 シーン4【ガラス越しで日に当たってしまう】
  | 
  | 電車やバスなどで窓側の席になるとき、
  | 場合によってはカーテンなどがなかったり、
  | 自分で開け閉めできないようなことがあり、
  | しばらくじりじりと日に当たってしまいます......。
  | 
  | ガラス越しでも、日焼けは日焼けでしょうか。
  | 
  |                     (30代・女性)
  └────────────────────────────

   ◇A.『短時間なら問題ありません』

    車のガラスは紫外線カットがされていると思いますので、
    短時間でしたら特に問題はないでしょう。

    長時間車の運転をするときは、
    長袖や厚手の衣類で対策することができます。




  ┌────────────────────────────
  |◆Q6 シーン5【夏場に屋外でテニスをする】
  | 
  | 息子が、テニスをしています。
  | 真夏でも炎天下で試合があったりします。
  | こんな時は、日焼け止めも必要でしょうか?
  | 
  |                     (50代・女性)
  └────────────────────────────
  ┌────────────────────────────
  |◆Q7 シーン6【ゴルフを楽しみたい】
  | 
  | いわゆるオーガニック系の日焼け止めを使用していました。
  | ですが、やはりニキビになってしまうため
  | 使用を断念いたしました。
  | 
  | 趣味でゴルフをするため、
  | その時の日焼け対策で悩んでおります。
  | 
  |                     (30代・女性)
  └────────────────────────────

   ◇A.『避けられない状況では日焼け止めを』

    炎症が起きるほどの強い日焼けをすると、
    肌を傷めてしまいます。

    夏場の屋外でのスポーツや海でのレジャーなど
    帽子や日傘などで紫外線対策をできないときは
    日焼け止めを使いましょう。

    日焼けによるダメージより、日焼け止めによる
    ダメージのほうが小さくなるためです。

    ここまでのご質問でもお答えしているように
    日焼け止めをつけると荒れてしまう、
    現在肌にトラブルがあるという方は
    できるだけ、紫外線の強い時間帯を避けることが有効です。

    紫外線の強い時間帯に屋外でのスポーツを避けるだけで、
    日焼け止めをつけるリスクをなくすことができます。






 ▼日焼け止めの使い方・落とし方

  ┌────────────────────────────
  |◆Q8【お肌に直接塗っても大丈夫?】
  | 
  | 普段は"なにもしない"を実践し、
  | 紫外線対策には日傘を使っていますが、
  | ゴルフコースに出るときには
  | さすがに傘を差すわけにいかず
  | 日焼け止めを塗っています。
  | 
  | お湯で洗顔後の肌に直接塗って大丈夫でしょうか。
  | 
  |                     (40代・女性)
  └────────────────────────────

   ◇A.『ワセリンを薄くつけてから日焼け止めを』

    お肌が荒れやすい方は、
    ワセリンを薄くつけた上に日焼け止めをつけるとよいでしょう。

    こうするとトラブルが出にくいという報告がありますので、
    試してみてくださいね。




  ┌────────────────────────────
  |◆Q9【日焼け止め使用後のお手入れは?】
  | 
  | 日常生活以上の日射しを浴びる際(ビーチなど)で
  | 日焼け止めを使用した場合、
  | 落とす際は洗顔剤を使用しても構いませんか?
  | 
  | また、日焼け後のお手入れですが、
  | 美白剤やパックも使用しない方が良いでしょうか?
  | 
  |                     (30代・女性)
  └────────────────────────────

   ◇A.『落とすときは洗浄剤を。日焼け後の美白剤はNG』

    ウォータープルーフの日焼け止めのなかには、
    専用のクレンジングでないと落とせないものがあります。

    日焼け止めを使用した場合は、
    洗浄剤を使いましょう。

    どのような日焼け止め、洗浄剤であっても
    一次刺激性物質であることに変わりはありません。
    一度使用したら、肌を休ませる時間を取りましょう。

    また、日焼け後にも
    美白剤などはつけないようにしてください。

    日焼けをした後の肌は、軽い炎症状態になっていますので
    冷たいタオルなどで冷やしてあげると良いでしょう。

    美白剤やパック類に含まれた一次刺激性物質と接触すると
    炎症がますます進み、肌を傷めてしまいます。






 ▼紫外線にまつわる説、あれこれ

  ┌────────────────────────────
  |◆Q10【目からの紫外線で日焼けする?】
  | 
  | 以前、テレビか何かで
  | 「全身に紫外線を当てた場合と、
  | 目以外を包帯で覆って目だけを紫外線に当てた場合、
  | どちらも同じように全身が黒くなった」
  | というマウスの実験を見たことがあります。
  | 
  | 実際、目だけ紫外線を浴びてもよくないのでしょうか。
  | 
  |                     (30代・女性)
  └────────────────────────────

   ◇A.『目からの紫外線で肌にシミができることはありません』

    雪山でスキーなどをして目に紫外線を浴びて、
    雪目(目がチカチカする・一時的に目が見えなくなる)
    になった経験のある方は分かると思いますが、
    日に当たっていない身体の皮膚が
    日焼けをすることはありません。

    紫外線対策として、サングラスの着用を
    勧められることがよくありますが、それは
    強度の紫外線が目そのものを傷めてしまうからです。

    ただ、黒色の瞳をもつ黄色人種の場合、
    日常生活ではサングラスを使用するほどのことはありません。
    日傘をさしたり、帽子をかぶるだけで充分です。



  ┌────────────────────────────
  |◆Q11【紫外線は蓄積される?】
  | 
  | 今年は、日焼け止めをつけない夏になりそうなのですが、
  | やはり不安があります。
  | 
  | シミやそばかすができるかどうかは、
  | 過去に浴びた紫外線で決まると言いますが、
  | 実際はどうなのでしょうか?
  | 
  |                     (30代・女性)
  └────────────────────────────

   ◇A.『皮膚の細胞は、代謝により日々入れ替わっています』

    浴びた紫外線が蓄積して、数年後に現れるということは
    皮膚生理上考えられないでしょう。






 ▼まとめ ~日焼け止めを使わなくても~


 さて、ここまでいつものように淡々と
 Q&Aをご紹介してきましたが。

 白木さん、いかがでしたか?


 「シミ対策のために
  日焼け止めをつけている人って多いと思うんですけど、
  肌が傷んでいなければ、日焼けをしてもシミはできないんですね」


 シミは、傷んだ部分を保護するためにできています。
 シミを防ぐには、何よりもまず【お肌を傷めないこと】が大切です。


 今回のまとめとして
 海外在住のモニターの方からいただいたご報告を紹介します。


  ┌────────────────────────────
  |◎【高山でも、農作業でも】
  | 
  | 私の紫外線対策についてですが、
  | 簡潔に言うと、つばの広い帽子だけです。
  | 
  | 昔は、日焼け止め、ファンデーション、帽子、
  | そして傘という防備でした。
  | 
  | しかし、秘密の化粧品に出会って以来、
  | 全て以上のものをやめました。
  | 結果、肌は、逆に良くなりましたし、
  | 日焼けもまったくありません。
  | 
  | 毎年夏は、4000メートルの山へ登ったりします。
  | 太陽のひざしがものすごく強いです。
  | その時も、帽子だけです。
  | 
  | 冬も、スキーへたくさん行きます。
  | 顔全体を覆う帽子のようなものをかぶっているだけです。
  | 
  | 農業もしていますが、一日中強い日差しの下にいます。
  | その時も、帽子だけです。
  | 
  | 帽子は、色の濃いもので、
  | 常に洗えるように、コットン素材です。
  | つばがかなり広く、顔全体にきちんと
  | "日陰状態"を作ることができます。
  | 
  | コットンなので、つばがたれてしまわないように、
  | つばの周り一周に、太い針金を入れています。
  | そうすると、くにゃくにゃせず、形が崩れません。
  | 
  | 紫外線帽子素材という帽子は、買いません。
  | ただ、帽子のつばのでかさ! と、色です。
  | 後は、洗濯が気軽にできる素材かということです。
  | 
  | たまに、気分を変えて、やはりつばの広い
  | 麦藁帽子をかぶったりもします。
  | 
  | 昔、一生懸命、日焼け対策をやっていた時のことを考えると、
  | あれは一体なんだったんだろう。。。と思います。
  | 
  | 他に気をつけていることは、体調の管理だけです。
  | 紫外線のことばかり考えていると、楽しむことも楽しめず、
  | それがストレスになり、かえって
  | 体調が悪くなると思っています。
  | 
  | 体調がよければ、たとえ日焼けしても
  | 修復する力があれば大丈夫と、
  | 牛田さんが以前おっしゃっていた?(確か。。。)ので。
  | 
  |                     (30代・女性)
  └────────────────────────────


 外出する時間帯の調整、
 帽子や日傘、長袖の洋服の着用など
 日焼け止めをつけなくてもできる
 紫外線対策はたくさんあります。

 自分に合った方法を工夫しながら、
 これからの季節を楽しく過ごしたいですね。



 ☆牛田への感想・コメントなどがありましたら、
  お気軽にどうぞこちらへ。
  →→ http://hisesshoku-ryouhou.com/archives/06info/info.html





 *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
            ☆編集後記☆
  *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-



  ☆編集後記☆は独自配信のみでお届けしております。

 編集後記には、本編でお知らせできなかった情報を
 掲載しています。
 
 お読みいただくには、下記のフォームから
 メールアドレス等のご登録をお願いいたします。
 https://i-magazine.jp/bm/p/f/tf.php?id=himituco



*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-



 「秘密の化粧品」の読者のみなさんと続けている
 「牛田プロジェクト」は→< http://hisesshoku-ryouhou.com/ >

 メルマガ「牛田プロジェクト」先週のパスワードは? 
 関西でGWに見頃になる花3点セット。

 (牡丹)(藤)(ポピー)

 ※応募フォームとパスワードの詳細は
  メルマガ「牛田プロジェクト」でお知らせしています。
  「秘密の化粧品」とは別にメルマガ登録が必要になります。
  ご注意くださいませ。

 メルマガ「牛田プロジェクト」のご登録は
 こちらから→< https://marketstyles.co.jp/mm/ >

 次号の「牛田プロジェクト」は5月12日配信予定。

関連性の高い記事

【次のエントリー】
 →第277号 日焼け止めに頼らない? 『読者の紫外線対策』の秘密

【前のエントリー】
 →第275号 写真で見る1年間 『シミ・シワ・毛穴の事例』の秘密(後編)

このページのTOPへ