バックナンバーメールマガジン「秘密の皮膚科学」

2016年01月26日配信

第493号 洗剤との付き合い方『手の洗い方』の秘密(2)

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2016/01/26━☆
     健康な素肌を取り戻すために知ってほしいこと!

            「秘密の皮膚科学」

     第493号 発行者:シニアフェロー 牛田専一郎
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆


 みなさん、こんにちは。
 シニアフェローの牛田専一郎です。

 前回のテーマは『手の洗い方』でした。

  ☆第492号 料理前、外出後は?『手の洗い方』の秘密
  http://hisesshoku-derm.com/archives/2016/01/492.php 


 肌の弱い方は石けんやハンドソープを使わず、
 水またはお湯で手を洗いましょう。

 と、お話したところ、


 ●水やお湯だけで落ちないときは?
 ●台所やトイレ掃除はどうしたらいい?
 ●食器や鍋はどう洗う?

 などのご質問が届きました。

 今回は、前回の内容を補足しながら
 洗剤との付き合い方についてお話します。
   

☆------------------------------------------------------------☆

           ── 洗剤との付き合い方 ──

             『手の洗い方』の秘密(2)

☆------------------------------------------------------------☆


 ▼なぜ、非接触生活では洗剤を使わないの?


 石けんやハンドソープを使わない手洗いを
 おすすめしている理由は3つあります。


┌────────────────────────────
| ●理由(1)
|  日常生活で手に付着する雑菌や汚れは、
|  水またはお湯のみで落とすことができるため
└────────────────────────────
 
  前回のメルマガでもお話しましたが、
  手で雑菌が増殖することはありません。
  皮膚常在菌がバリアの役割をしているからです。
  
  1分程度、流水のもとで手を洗うと
  雑菌などを洗い流すことができます。


┌────────────────────────────
| ●理由(2)
|  肌の弱い方は、手荒れをしやすいため
└────────────────────────────

  石けんやハンドソープは界面活性剤であり、
  肌に刺激を与える一次刺激性物質です。

  殺菌成分が配合されている製品も多く、
  肌の弱い方が使用すると、手荒れをしやすくなります。


┌────────────────────────────
| ●理由(3)
|  手からの間接接触を防ぐため
└────────────────────────────

  肌にやさしいと謳っている石けんも、
  油脂由来の界面活性剤を使っているハンドソープも、
  使ったあとの手には、遊離脂肪酸が残留しています。

  脂肪酸は一次刺激性物質です。

  その手で顔や髪を触ると、手や髪が触れた部分に
  ニキビやカサつき、赤みなどが出ることがあります。






 ▼こんなときどうする? ご質問にお答えします


 *------------------------------------------------------------*
  Q1.水やお湯では、油性の汚れが落ちません。
 *------------------------------------------------------------*

  A1.

  インク汚れなど、水やお湯だけでは落ちないときは
  洗剤を使って落としましょう。

  手荒れをしやすい方は、落ちにくい汚れが手につかないよう
  手袋をして作業するなどの工夫をしましょう。

 
 *------------------------------------------------------------*
  Q2.キッチンやトイレは洗剤を使って洗いたいのですが。
 *------------------------------------------------------------*

  A2.

  素手で洗剤に触れなければ大丈夫です。
  手袋をして掃除しましょう。
  
  お風呂の浴槽や食器など、身体に触れるものを洗うときは
  残留のおそれがありますので、
  できるだけ洗剤を使わないようにしましょう。


 *------------------------------------------------------------*
  Q3.毎日の食器洗い。どうするか悩んでいます。
 *------------------------------------------------------------*

  A3.

  食器洗い用洗剤のほとんどに
  抗菌剤や油脂由来の界面活性剤が含まれています。

  肌の弱い方は、カップに抗菌剤・脂肪酸などが残留していると
  唇が荒れてしまうことも。

  思い当たる方は、洗剤を使わずに食器を洗いましょう。

  ☆【洗剤を使わない洗浄法】フェローのレポートをご紹介しています。
 http://hisesshoku-ryouhou.com/archives/2012/10/325.html  


  とくに肌トラブルがない方、
  化粧品同様、石けんや洗剤も好きな香りのものを選んで
  問題なく楽しんで使える方は、お湯洗いを強制的に行う必要はありません。

  手荒れをしやすい方は、洗剤を使わずに洗うか、
  ゴム手袋をして手を守りましょう。

  ゴムで手荒れをするという方は、
  綿手袋をしてから、そのうえにゴム手袋をするとよいでしょう。



  


 ▼おわりに ~ 必要に応じて ~


 今回は洗剤との付き合い方についてお話しました。
 白木さん、いかがでしたか?


 「前回の内容を読んで、
  "どんなときも洗剤を使ってはいけない"と
  思ってしまった方もいらっしゃるかもしれませんが、
  そうではないんですね。

  肌の弱い人は使わないほうがベターではあるけれど、
  肌にじかに触れないように気をつけながら
  必要に応じて使いましょう、ということですね」


 そうです。

 比較的肌の強い方でも、

 ◇唇や手が荒れている
 ◇洗剤が触れた部分にトラブルが起こる

 といった場合は、洗剤の影響を受けている可能性があります。

 脂肪酸・抗菌剤・柔軟剤などの残留物が
 肌に触れないように、気をつけましょう。




 ☆ご相談・ご質問など、お気軽にどうぞこちらへ。
  →→http://hisesshoku-ryouhou.com/archives/06info/info.html

関連性の高い記事

【次のエントリー】
 → 第494号 どんな出来事が?『肌が変化したきっかけ』の秘密

【前のエントリー】
 →第492号 料理前、外出後は?『手の洗い方』の秘密

このページのTOPへ