バックナンバーメールマガジン「秘密の皮膚科学」

2016年01月19日配信

第492号 料理前、外出後は?『手の洗い方』の秘密

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2016/01/19━☆
     健康な素肌を取り戻すために知ってほしいこと!

            「秘密の皮膚科学」

     第492号 発行者:シニアフェロー 牛田専一郎
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆


 みなさん、こんにちは。
 シニアフェローの牛田専一郎です。

 風邪やインフルエンザが気になる季節。
 手洗いについてのご質問が増えてきました。

 今回は、次の3つのシチュエーションでの
 手の洗い方についてお話しします。

 ◯料理をするとき
 ◯外出先から帰ったとき
 ◯お手洗いのあと

 それぞれの状況でどのように手を洗ったらよいのか、
 みなさんも考えてみてくださいね。

☆------------------------------------------------------------☆

           ── 料理前、外出後は? ──

              『手の洗い方』の秘密

☆------------------------------------------------------------☆


 ▼まずは『菌』についておさらいしましょう


 日常生活で意識する機会はほとんどないかもしれませんが、
 私たちの皮膚には『表皮ブドウ球菌』『アクネ菌』などの
 皮膚常在菌がすんでおり、その数は約1兆個ともいわれています。

 皮膚常在菌は、肌から分泌される皮脂や汗を食べて
 酸を排出し、皮膚を弱酸性に保っています。

 『黄色ブドウ球菌』などの悪性菌はアルカリ性を好むため、
 皮膚常在菌のバランスが保たれているとき(=弱酸性)は
 繁殖しません。

 皮膚常在菌は、皮膚の上で精妙な食物連鎖を築きながら
 皮膚を守るバリアの役割を果たしているのです。



 


 ▼常在菌のバランスを壊さない生活を


 風邪やインフルエンザを予防するには
 石けんやハンドソープを使った手洗いが必要では?

 というお問い合わせも多いのですが、
 これらを使うと皮膚常在菌が殺菌され、
 悪性菌が繁殖しやすい環境になってしまいます。

 顔や身体と同じように、手もお湯だけで洗い、
 皮膚常在菌が増殖しやすい環境をつくりましょう。

  ◎非接触生活・4つめの習慣
  【顔、身体、髪、手は水またはお湯のみで洗う】
   http://hisesshoku-derm.com/contents/style/nanimo04.php



 では次に、冒頭でご紹介した
 3つのシチュエーションでの手洗いについてお話します。






 ▼状況(1):料理をするときは


 *━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*
  『Q.調理前は石けんを使って手を洗うべき?』(女性)
  ------------------------------------------------------------

  牛田先生が推奨しているペーパーで
  拭き取るように手を洗っています。
  お陰様で冬でも乾燥知らずです。

  私が今迷っているのは、料理をするときです。
  直接食材に触るので、料理前だけは
  純石けんなどで洗ったほうがいいのでしょうか?

 *━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*

 ◆A.調理前後も、いつもの手洗いで大丈夫です。


 皮膚常在菌がバリアの役割をしていますから、
 雑菌が手で繁殖することはありません。

 調理前も、調理後も、いつもの方法
 (流水のもとペーパータオルで丁寧に手を拭う)で
 手を洗いましょう。

 ちなみに、
 "手にケガをしているときは料理をしてはいけない"
 とよく言われますね。

 手に切り傷などがあるときは
 傷の部分は皮膚常在菌が増殖しにくく、
 悪性菌が繁殖しやすい環境になっているからです。

 ただし、手にケガをしていても、
 調理してすぐに食べるなら問題はありません。
 食品についた菌が増殖するまでには時間がかかるからです。

 お弁当など、調理してから
 時間をおいて食べるものの調理は控えましょう。





 
 ▼状況(2):外出先から帰ったときは


 *━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*
  『Q.いつもの手洗いで、ウイルスも洗い流せる?』(女性)
  ------------------------------------------------------------

  指定のペーパータオルを使った手の洗い方で
  手についた雑菌やウイルス細菌も取れますか?

  風邪予防には手洗い・うがい、なので
  どうかと思いまして!

 *━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*

 ◆A.洗い流せます。増殖することもありません。


 日常生活でさまざまなものに触れることで
 一時的に付着する菌を『通過菌』といいます。

 雑菌やウイルスは通過菌ですので、
 付着してそのまま手で増殖することはありません。

 流水で1分ほどよく洗うだけで
 ほとんどのウイルスが落ちているという報告もあります。

 外出先から戻ったら、時間をかけて
 お湯で丁寧に手を洗いましょう。

 石けんを使っていないからといって
 風邪をひきやすくなることはありませんので、
 安心してくださいね。

 インフルエンザ対策が気になる方は、こちらをどうぞ。
  ☆第207号 石けんで洗うべき?『インフルエンザ対策』の秘密
  http://www.hisesshoku-derm.com/archives/2009/10/207.php 
 





 ▼状況(3):お手洗いのあとは


 *━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*
  『Q.オムツを替えたあともお湯だけで大丈夫?』(女性)
  ------------------------------------------------------------

  赤ちゃんがおり、オムツを替えた後も
  お湯で洗うのみで雑菌が取れるか、心配です。

 *━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*

 ◆A.大丈夫です。お湯でよく洗いましょう。


 先ほどもお話ししたとおり、
 皮膚常在菌のバランスが保たれた手では
 悪性菌が繁殖しません。

 オムツ替えやお手洗いのあとも
 石けんを使わず、お湯だけで大丈夫。
 丁寧によく洗いましょう。






 ▼おわりに ~ 常在菌のバランス維持を心がけて ~


 今回は手洗いについてお話しました。
 白木さん、いかがでしたか?


 「1兆個の常在菌が
  私たちの肌を守ってくれているんですね。

  目に見える石けんやハンドソープに目が行きがちですが、
  目には見えない常在菌たちに思いを馳せながら
  この冬を過ごしたいと思います......!」


 そうですね。

 手・顔・身体を洗うときは、殺菌ではなく
 "常在菌のバランスを崩さないこと"
 を第一に考えましょう。
 





 ☆ご相談・ご質問など、お気軽にどうぞこちらへ。
  →→http://hisesshoku-ryouhou.com/archives/06info/info.html

【次のエントリー】
 →第493号 洗剤との付き合い方『手の洗い方』の秘密(2)

【前のエントリー】
 → 第491号 先輩実践者のアドバイス『サポートプログラム終了アンケート』の秘密(2)

このページのTOPへ