メールマガジン「秘密の皮膚科学」

2005年03月15日配信

第21号 肌の味方? 『石けん』の秘密

 ※洗浄力の弱い洗浄剤として、「石けんで落とせる程度のメイクをしましょう」と
  伝えている箇所がありますが、石けんを含むどのような洗浄剤も肌には刺激となります。
  ふだんのメイクはお湯で落とせる程度にし、洗浄力の弱い洗浄剤も使わないようにしましょう。
  (2012.7.3)

 みなさん、こんにちは。
 コスメプロデューサー・牛田専一郎です。


 最近、洗顔についてのお問い合わせが増えています。


 ○石けんでメイクが落ちるの?
 ○石けんはお肌にやさしいの?
 ○マスカラはどうやって落としたらいいの?


 などなど。


 みなさんからたくさんの声をお聞きすることができて
 とっても嬉しく思っています。

 なかなかお返事を書く時間がとれず、
 こころ苦しいかぎりですが...。

 メルマガ上で、すこしでもお答えできたらと思っています。


 というわけで、今週からしばらく
 洗顔についてお話をしていく予定です。


 顔を洗わない日はありませんよね。
 身近な話題だからこそ、気合いを入れてお届けします。


 まずは『石けん』のお話からおつきあいください!

☆--------------------------------------------------------☆

    肌の味方? 『石けん』の秘密


☆--------------------------------------------------------☆


 ▼白木さんの新しい洗顔法



 「今日は牛田さんに報告があるんですよ!」



 お、白木さんゴキゲンですね。
 何かいいことあったんですか?



 「洗顔剤を石けんに切り替えたんです。
  メイクはクレンジングじゃなきゃ落ちない!
  って思い込んでいたけど、キレイに落ちちゃったんですよ~。
  洗いあがりもサッパリ、ツルツル!」



 そうそう。
 パウダーファンデーションくらいなら、
 ごくごくフツウの固形石けんで落ちてしまうんですよ。



 「石けんで洗顔するなんて、手抜きみたいで嫌だったけど...。
  これからはドンドン、石けんをオススメしていきましょう!」



 ......。



 「牛田さん、ノリ悪いですねぇ。
  あれ!?
  もしかして...オ、オススメじゃないんですか?」



 ............。


 そうなんです。
 実は、牛田は石けんをオススメしているわけではないのです。
 ゴメンナサイ。今まで、舌っ足らずだったようです。


 これまでのメルマガで、
 『メイクは石けん洗顔で落ちる程度のものにしましょう』
 というお話を何度かしてきました。


 いかにも『石けんがベスト!』
 と言っているように聞こえてしまって...いましたよね。


 しかし、牛田が意図していたのは、
 『石けんは安全である、自然にも肌にもやさしい』
 ということではありませんでした。

 あくまで、『石けんで落ちる程度』。
 洗浄力の目安として、石けんを挙げていたのです。




 「?? なんだかよく分からないです...」




 なぜ石けんをオススメしないか。
 今週はじっくり、その理由をご説明します。





 ▼これが石けんの正体です



 石けんには、一般的に
 「肌にやさしい」
 というイメージがあるようです。

 まるで、界面活性剤が含まれていないかのように
 捉えられていることもあります。


 しかし、石けんは脂肪酸とアルカリの化学反応によってできたもの。
 自然界には存在しない化学合成品です。



 つまり...
 石けんは、りっぱな合成界面活性剤なのです。


 石けんは、本来混ざり合うことのない水と油をくっつけることで、
 汚れを落としているのです。

 果たして、
 そんな界面活性効果を持つものが
 肌にやさしいと言えるでしょうか?


 もちろん、答えはノーなのです。





 ▼洗顔剤の方程式! 「洗浄力がある=肌をいためる」



 白木さん、ムズカシイ表情になっちゃいましたね。



 「う~~~ん。
  石けんには、軽いメイクを落とすだけの洗浄力があるけど
  そのぶん、肌を傷めるチカラも持っている。
  そういうことなんですね?」



 そうです。
 石けんはアルカリ性ですから、肌が傷んでいると刺激も感じます。

 しかし、石けんにも良いところがあるんですよ。


 それは、水で洗い流すことができるということ。
 界面活性力も、水と一緒に失われるのです。


 「界面活性効果が残らないことが、石けんの救いなんですね。
  結局のところ、一番いい洗顔剤って何なんですか?」

 (補足訂正)
 石けんは洗い流した後も遊離脂肪酸が肌に残り、刺激となることがわかっています。(2012.7.3)



 ▼結局のところは...


 実を言うと、そう言われると少し困ってしまうんです...。

 なぜなら。
 そもそも、皮膚は自浄作用を備えているものなんです。
 肌は、何もつけないことで、健康が保たれるものなんです。



 「メイクをするから、落とさなければいけないんですね。
  つまり、メイクをしなければ、洗顔剤はいらないんですね」


 ええ。
 何も付けなければそのままでいいけれど、
 何か付けてしまうから、それを落とす「チカラ」が
 必要になってしまうんですよ。


 ですから、せめて......。


 洗顔剤を使うなら、
 洗浄力の低いものを選んでほしい! と思っています。



 「大切なのは洗浄力の強さなんですね。
  それは、一体どうやって見極めたらいいんですか?」



 白木さん、お答えしたいんですが...。
 今週も長くなってきてしまいました。
 洗浄力についてのお話は、また来週にさせてくださいね。

 (補足訂正)
 洗浄力の低いものも、肌を傷めてしまうことに変わりありません。
 日常的に洗浄剤は使わないようにしましょう。(2012.7.3)


 次回をどうぞお楽しみに!


 *   *   *   *   *   *   *   *   *   *


 ☆新メルマガ☆『秘密のプロジェクト』創刊!


 『秘密の化粧品』の姉妹版メルマガが誕生します。


 本メルマガでは、引き続き肌のお話を、
 新メルマガでは、新しく設立する化粧品会社の情報を
 お伝えしていきます。


 興味を持っていただけた方は、どうぞご登録くださいね。


 ☆こちらから→ http://www.mag2.com/m/0000148285.htm


 来週もどうぞお楽しみに!

【次のエントリー】
 →第22号 よく落ちる? 『洗浄力』の秘密

【前のエントリー】
 →第20号 これでツルツル? 『顔剃り』の秘密

このページのTOPへ