バックナンバーメールマガジン「秘密の皮膚科学」

2016年07月26日配信

第518号 帰ってくる人?『断念と再開』の秘密

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2016/07/26━☆
     健康な素肌を取り戻すために知ってほしいこと

            「秘密の皮膚科学」

     第518号 発行者:シニアフェロー 牛田専一郎
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆


 みなさん、こんにちは。
 シニアフェローの牛田専一郎です。

 今回は非接触生活の
 『断念と再開』をテーマにお話したいと思います。


 ◯非接触生活が続けられなかった方
 ◯いったん断念したけれど、再び始めた方

 からいただいたメッセージをご紹介します。

☆------------------------------------------------------------☆

             ── 帰ってくる人? ──

              『断念と再開』の秘密

☆------------------------------------------------------------☆


 ▼希望するも、実践は難しく......


 *━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*
  ◆『やむをえず途中で断念しました』(Mさん)
  ------------------------------------------------------------

  いつも貴重な通信をありがとうございます!
  通信を拝読させて頂き2年程たちます。

  一時期、肌に何もつけない生活をしておりましたが、
  接客、健康、美容産業に携わっており、途中で断念し
  現在は日焼け止め、多少メイクをしております。

  以前より気になっておりますシミ、くすみ対策として
  日焼け止め、チークをしています。

  洗顔は極力負担を避けて石けんのみです。

  何もつけない生活を希望する反面、難しく感じております。


 *━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*


 「Mさんは、数年前からメールをくださっていますね」


 そうですね、白木さん。
 非接触生活に取り組みたい思いを持ち続けていらっしゃいますが、
 完全な実践は難しく、葛藤されています。


 「日焼け止めをつけている、というところが
  ちょっと気になりました」


 牛田もその点が気ががりなのです。

 肌の弱い方が日焼け止めやコンシーラーを使用すると
 肌が傷み、シミやくすみの悪化要因を
 さらに作ることになってしまいます。


 「シミやくすみを増やしたくないという思いで使っているのに
  もっと増えてしまうかもしれないなんて......」






 ▼思い切って、8つすべての実践を


 非接触生活を部分的に実践しても
 肌トラブルは改善しない、あるいは一定のところで停滞してしまいます。

 肌の改善が実感できずにいると、
 さまざまな美容情報に振り回されやすくなります。

 化粧品をつける生活に逆戻りして、
 肌トラブルの改善がさらに遅れてしまうことも。

 非接触生活をやってみようと決めたら、
 勇気を出して、8つの項目をすべて実践しましょう。

 ☆非接触生活・8つの習慣
  http://hisesshoku-derm.com/contents/style/nanimo.php


 こちらのバックナンバーも参考にしてくださいね。

 ☆第484号 すべて? 少しずつ?『非接触生活の始め方』の秘密
   http://hisesshoku-derm.com/archives/2015/11/484.php  






 ▼挫折を経て、再チャレンジ


 続いてご紹介するのは、
 非接触生活を再開したフェローのメッセージです。


 *━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*
  ◆『八方ふさがりから脱出しました』(20代・女性)
  ------------------------------------------------------------

  最近かなり良い変化があったのでご報告します。

  2015年8月末から非接触を実施し、
  8つの習慣は9月の時点でできていました。

  ここ最近がくんと停滞しており、脂漏性皮膚炎のような状態、
  ニキビ・湿疹だらけでした。

  こんな状態なのは、自分がまだまだ
  何かと接触しているからだと信じて、ここ数ヶ月は正直、
  自分でも病的なまで取り組んでいたように思います。
  精神的にもかなり不安定でした。


  * ----------- * ----------- * ----------- * ----------- *


  ◯ついに心が折れ、メイクを再開


  ニキビだらけの調子が下っていくばかりの肌を見て、
  こんなに頑張ってるのに、なぜ......?

  非接触を始める前の、お化粧とクレンジングをしていた時の方が
  きれいだったじゃないか、と、ついに心が折れ、
  6年ほど使用していたクレンジングとお化粧を再開しました。

  初日はよかったです。
  赤みがスーっと落ち着き、ニキビも減りました。

  クレンジング後のカサつきもありません。
  やっぱりこのクレンジングが私には合うんだ、と、そう思いました。

  ただ、なぜか蕁麻疹が出てしまい
  疑問に思いましたが翌朝には治っていました。

  3日目、クレンジングを使用後、シャワーで流したら
  瞬時に全身に痒みが広がり、長年悩んでいた蕁麻疹が再発しました。
  顔の赤みも戻ってきたようです。

  クレンジング以外は非接触生活をしていたので、
  原因は明らかでした。

  "肌に優しい""界面活性剤の影響をなくしているクレンジング"と
  謳っていても、一次刺激性物質が入ってるんだ、
  やっぱり非接触生活は間違ってなかったんだ、と
  心からの確信に変わりました。


  * ----------- * ----------- * ----------- * ----------- *


  ◯過去のメルマガを読み直して


  じゃあ、いままで病的なまで取り組んでいたのに
  なにがいけなかったのか、過去のメルマガを読み漁りました。

  思い当たったことはこの2つ。

  1.ASVCの使用を一切していなかった
  2.手ぬぐいでの洗顔をしていなかった

  ASVCは初期の頃使っただけでした。
  8つの習慣でもマストにはなっていなかったのと、
  使用時の劇的な効果がなかったので、
  あまり眼中にありませんでした。

  しかし、サイト内にある体験者のお話に、
  ASVCが登場していたのを機に、再び使い始めました。

  自分にとってよかった点は
  ・非接触ができているかの指針ができること
  ・肌の回復が早いこと

  でした。

  測定に行けない私としては、ちゃんと頑張ってるけど
  本当に非接触生活を実践できているのか
  とにかく心配で闇の中を進んでいる気持ちでしたが、

  ASVCの使用で「ピリピリしたら接触を疑う」という
  至極当たり前の指針を得ることができました。

  牛田様のお話では、
  非接触生活をしていれば自分の皮脂でかぶれることはない、
  脂漏性皮膚炎にもならない、ということでしたが、
  自分は、汗をかき皮脂が多い日(特に運動をした日)は
  そーっと手ぬぐいで洗顔することにしました。

  しっかり手を洗っていれば、すこしくらい肌が擦れても大丈夫、
  そして、ASVCがピリピリせず使用できていれば大丈夫、と
  心がとても楽になりました。


  * ----------- * ----------- * ----------- * ----------- *


  ◯数日で赤みやニキビが改善! 気持ちが楽に


  一次刺激性物質との接触がなくなると
  本当に数日で赤みやニキビってなくなるんですね!

  ファッション業界におり、おしゃれは仕事上必須です。
  なのにボロボロの肌を隠せない、その姿でおしゃれなんてしても無駄、
  と完全に塞ぎ込んでいましたが、非接触生活ができていれば
  自前の綺麗な肌でいられる。

  さらにルールを守っていればポイントメイクができる。
  その気持ちだけでとても心が楽になり、
  これからも非接触生活を続けられそうです。

  まだ赤みは残っており、
  ニキビや角栓のようなものもポツポツあるので、
  これからもがんばって続けていこうと思います!

  長文になってしまいましたが、
  八方ふさがりの参考にしていただければと思いメールしました。

  牛田様いつもありがとうございます。
  今後ともよろしくお願いします。


 *━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*






 ▼回り道をしたからこそ、分かることも


 「がんばっても改善に結びつかないときは辛いですよね。
  がんばっているのにどうして、という気持ち、わかります。

  でも、メイクとクレンジングを再び使ってみたからこそ
  非接触生活に戻ることができたんですね」


 そうですね。

 この方のように、
 いったんは挫折して以前の生活に戻ったものの
 肌の状態が改善しなかったり、悪化したりして
 再び非接触生活に帰ってくる方がたくさんいらっしゃいます。


 「測定フェローのなかにも"帰ってきた人"がいらっしゃいますね」


 ええ。

 "帰ってきた人"は
 身をもって非接触生活の必要性を実感され、
 徹底的に取り組んでいらっしゃるので、肌の改善スピードが速く、
 見た目にも大きな変化が現れる傾向があります。

 




 ▼おわりに ~ 繕った美しさを卒業するチャンス ~


 最後に、3ヶ月間のサポートプログラムを終えたフェローから
 届いたメッセージをご紹介します。


 *━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*
  ◆『本当の自分と向き合えました』(30代・女性)
  ------------------------------------------------------------

  真の美しさを追い求めるのは
  本当に勇気のいることです。

  でも、すっぴんでいられるようになると
  本当の自分と向き合うことができた気がして、嬉しかったです。

  これからも、更なる美しさを目指して頑張ります。

 *━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*



 非接触生活へのチャレンジは
 勇気も根気もいることかもしれませんが、

 『肌が弱いからこそ、
  これまでの繕った美しさから卒業して
  素肌と内面の"真の美しさ"に向き合うチャンスを得ている』

 という風に捉えることもできます。


 肌に良いと言われる化粧品であっても、
 思い切ってやめてみましょう。

 肌の変化を実感することが、
 非接触生活を続けるモチベーションになります。

 まじめで一生懸命な方ほど、
 がんばりすぎてしまうことがありますが、
 あまり神経質になりすぎるのは精神的によくありません。

 肌、そして生活の変化を楽しみながら、取り組んでくださいね。




 ☆ご相談・ご質問など、お気軽にどうぞこちらへ。
  →→ http://hisesshoku-ryouhou.com/archives/06info/info.html

【次のエントリー】
 →第519号 実践しているのに『改善しない理由』の秘密

【前のエントリー】
 →第517号 荒れやすい?『妊娠中の肌トラブル』の秘密

このページのTOPへ