メールマガジン「秘密の皮膚科学」

2013年12月17日配信

第390号 顔を洗う前に?『洗顔の疑問』の秘密

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2013/12/17━☆
     健康な素肌を取り戻すために知ってほしいこと!

            「秘密の皮膚科学」

     第390号 発行者:シニアフェロー 牛田専一郎
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆


 みなさん、こんにちは。
 シニアフェローの牛田専一郎です。

 今回は久しぶりに
 【洗顔】をテーマにお届けします。

 この方法で合っているのだろうかと思いつつ
 毎日なんとなくしている。
 という方が多いかもしれません。

 今回は、洗顔にまつわる3つの疑問にお答えします。



☆------------------------------------------------------------☆

            ── 顔を洗う前に? ──

              『洗顔の疑問』の秘密

☆------------------------------------------------------------☆


 ▼洗顔の疑問・その1【シャワーで洗顔しても大丈夫?】

 ┌────────────────────────────
 | 
 | 入浴時に顔を洗うために
 | シャワーを使用していますが、
 | 良くないのでしょうか?
 | 
 | マッサージ効果があるという人もいるし、
 | 斜め上からお湯がかかるため
 | 毛穴が下方に開くという人もいます。
 | 
 | 使用がOKだとすると、留意点などありますか?
 |                        (女性)
 | 
 └────────────────────────────


  A1.特に問題はありません。
  -=-=-=-=-=-=-==-=-=--=-=-=-=-=-=-==-=-=--=-=-=-=-=-=

   シャワーで洗顔をして
   特に良いことも、悪いことも、ありません。

   シャワーの水圧で毛穴が開いてしまうことも
   ありませんので、ご安心くださいね。

   手を使って洗顔すると
   手と顔の摩擦が肌に悪影響をもたらすのでは......
   と心配している方がいますが、
   その程度で問題が起こることはありません。






 ▼手で洗顔するときの注意点


 汗をかいたときやベタつきが気になるときは、
 シャワーよりも手を使って
 洗顔をするのがおすすめです。

 ただし、その際に
 ひとつだけ気をつけてほしいことがあります。

 洗顔をするのは
 "手についた一次刺激性物質を落としてから"
 にしましょう。

 流水のもと、手ぬぐいやペーパータオルを使って
 指先から手首に近い部分まで
 少し強めにぬぐうように洗うのがポイントです。

 洗顔後、顔全体に赤みが出る、
 毛穴が気になるという方は
 手を経由して間接接触をしている可能性があります。

 些細なことに思えるかもしれませんが、ぜひ
 顔に触れる前に手を洗ってみてください。

 きっと、洗顔後の変化に驚くことでしょう。






 ▼洗顔の疑問・その2【どんな水がおすすめ?】

 ┌────────────────────────────
 | 
 | 今回は洗顔時のお水についてお尋ねさせて下さい。
 | 洗顔時のお水は、水道水、酸性水、浄水......
 | どれが良いでしょうか?
 | 
 | 現在、酸性水(還元水の)を使用しております。
 | お湯洗髪時のシャワーは水道水ですが、
 | 仕上げのすすぎは酸性水、普段の洗顔、
 | ASVCを洗い流すときの水は酸性水を使用しております。
 | 
 | 良かれと思ってやっていることに
 | 落とし穴が潜んでいると
 | 非接触を行って気付きましたので、
 | お水についても教えて頂ければ幸いです。
 | 
 | (でも、もっと早く気付いてお尋ねするべきでした!)
 | 
 |                     (30代・女性)
 | 
 └────────────────────────────


  A2.どの水で洗っても大丈夫です。
  -=-=-=-=-=-=-==-=-=--=-=-=-=-=-=-==-=-=--=-=-=-=-=-=

   結論からいうと、どの水でも問題ありません。
   酸性水や炭酸水だから良い、
   ということもありません。

   皮膚はアルカリ性に弱く
   酸性に強い性質があります。

   アルカリ性の温泉でなければ
   特に有毒なものでない限り、水が皮膚に刺激を
   与えることはありませんので、ご安心ください。

   温度についてもよくご質問をいただきますが、
   皮脂などの汚れは
   ぬるま湯のほうが落としやすくなります。






 ▼肌の弱い方が温泉に行くときは


 強アルカリ性の温泉は、角質を溶かすため
 すべすべ・ぬるぬるした感じがすることがあります。

 前述の通り
 皮膚はアルカリ性に弱いので
 肌の弱い方は、赤みやカサつきを起こしてしまいます。

 特にトラブルが出ないようでしたら、
 心身のリラックスもできますので
 神経質になる必要はありません。

 トラブルが出やすい方は、
 炭酸泉などの酸性泉を選びましょう。






 ▼水道水やプールの塩素について


 水道水の塩素を気にされる方も多いようですが、
 塩素が皮膚刺激となるのは、
 日常的には接することのない高濃度の場合です。

 水道水やプールに含まれる程度の塩素が
 肌や髪に影響を及ぼすことは考えられないでしょう。

 塩素については
 こちらのバックナンバーでお話しています。

  ☆第173号 水道水はお肌に障る?『塩素』の秘密
    http://hisesshoku-derm.com/archives/2008/11/173.php






 ▼洗顔の疑問・その3【蒸しタオルは肌に良い?】

 ┌────────────────────────────
 | 
 | 今色々言われている『ヒートショックプロテイン』で
 | 肌に蒸しタオルをあてる事は
 | 皮膚を若返らせるなどと言われていますが、
 | 蒸しタオルは肌に良いのでしょうか?
 | 
 | また蒸しタオル→氷水、の様にする美容方法は
 | 肌へ良い影響をもたらすのでしょうか?
 | 
 |                     (40代・女性)
 | 
 └────────────────────────────


  A3.肌を健康に保つには、蒸しタオルよりも非接触生活を。
  -=-=-=-=-=-=-==-=-=--=-=-=-=-=-=-==-=-=--=-=-=-=-=-=

   健康な肌を保つという意味では
   蒸しタオルを使う意味は特にないでしょう。

   一次刺激性物質と接触しないこと、
   運動・栄養・休養で心身の健康を保つことが
   一番のアンチエイジングにつながると考えています。






 ▼まとめ ~ 洗顔前には手洗いを ~


 今回は、洗顔にまつわる
 3つのご質問にお答えしました。

 白木さん、いかがでしたか?


 「シャワーでも手でも
  水道水でも酸性水でも良いけれど、
  手で顔を触る前に必ず手を洗おう!
  ということですね」


 そのとおり。

 顔や髪に触れる前に手を洗うことで
 うっかりしがちな間接接触を防ぐことができます。

 洗顔は毎日するもの。
 洗顔法を変えるチャンスも毎日訪れます。

 洗顔後の赤みや毛穴が気になる方は、
 ぜひ、今日から手洗いを始めてくださいね。




 ☆ご意見をお待ちしております。
  質問・疑問なども、お気軽にどうぞこちらへ。
  →→ http://hisesshoku-derm.com/archives/01about/info.php


【次のエントリー】
 →第391号 ノーメイクは手抜き?『メイクに対する意識調査』の秘密

【前のエントリー】
 →第389号 7日間で分かる!『"非接触生活"ラーナー講座』の秘密(3)

このページのTOPへ