メールマガジン「秘密の皮膚科学」

2013年03月05日配信

第350号 病院に通って?『治療満足度アンケート』の秘密

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2013/03/05━☆
     健康な素肌を取り戻すために知ってほしいこと!

            「秘密の皮膚科学」

     第350号 発行者:シニアフェロー 牛田専一郎
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆


 みなさん、こんにちは。
 シニアフェローの牛田専一郎です。

 前々回より、
 アンケートの集計結果をお知らせしています。

  ☆第348号 冬の手洗い?『ステップ1アンケート(2)』の秘密
   http://hisesshoku-derm.com/archives/2013/02/348.php

  ☆第349号 毛穴が改善?『ステップ2アンケート』の秘密
   http://hisesshoku-derm.com/archives/2013/02/349.php


 3回目となる今回は、
 病院での治療満足度についての
 アンケートをとりあげます。



☆------------------------------------------------------------☆

            ── 病院に通って? ──

            『治療満足度アンケート』の秘密

☆------------------------------------------------------------☆


 ▼病院での治療満足度アンケート ~2つの質問~


  [Q1]肌の悩みで病院へ通ったことがありますか。

  [Q2](Q1→Yesの場合)
     病院での治療に満足されましたか。


 ◎集計結果はこちら! メッセージも全て掲載しています。
    http://hisesshoku-ryouhou.com/archives/2013/02/hospital_2013.html



 ※今回の集計は、ステップ1アンケートと
  302号「モニター終了後・通院希望アンケート」の
  結果を合算したものです。

  ☆第302号 正しい治療を!『病院への期待』の秘密
   http://hisesshoku-derm.com/archives/2012/03/302.php






 ▼8割以上の方が『治療に不満』


 アンケートの回答総数は284件。
 このうち、約7割の方が
 「皮膚疾患での通院経験がある」と回答しました。

 さらに
 治療の満足度を尋ねると......


 ・治療に満足した  →→→ 15%
 ・満足できなかった →→→ 85%


 じつに8割以上の方が
 病院での治療内容に不満を持った、
 という結果に。

 いまのところ、
 アンケートの回答数が増えるにつれて
 満足度が下がっていく傾向にあります。






 ▼『治療に不満』を持った方の声(代表的なものを抜粋)

 *----------------------------------------------------*

 『病院もいろいろ変えて10年近く通院しましたが、
  どこの病院でもステロイド剤や
  抗アレルギー剤を処方されるだけ。

  根本の治療になっていない』(Tさん)

 *----------------------------------------------------*

 『親身に聞いてくれず、
  傷ついて病院通いをやめました』(Nさん)

 *----------------------------------------------------*

 『根本的な原因が分からず、
  説明もないままステロイドを出されたから。

  もし原因を知りたいなら、
  大学病院などで検査が必要だと言われました。
  忙しいのは分かるけどそんな言い方って......。
  問診する気がないんだなと腹が立ちました』(Mさん)

 *----------------------------------------------------*

 『塗り薬をぬっている間は良くなるが、
  薬を止めるとまたぶり返す。
  シーズン毎(春先)に症状が現れる』(Oさん)

 *----------------------------------------------------*

 ◎サイトではすべてのメッセージを掲載しています。
  http://hisesshoku-ryouhou.com/archives/2013/02/hospital_2013.html     






 ▼『治療に不満』のワケ


 病院での治療に不満を持った理由として
 多くの方が挙げていたのが

 "根本的な治療が行われず
  同じ症状を何度もぶり返すこと"でした。

 十分にこちらの話を聞いてもらえず
 ただお決まりの薬が処方されるだけ。

 わらをもすがる思いで病院の門をくぐったのに
 がっかりした、傷ついた......
 そんな経験をお持ちの方も少なくないようです。

 肌のトラブルを改善したい、
 根本的な解決法が知りたい、と望む患者さん。
 一日にたくさんの患者さんを診なくてはならない皮膚科医。

 双方に大きなギャップがあることが
 ますます明らかになってきました。






 ▼「何もつけない」を指導してくれる病院は?


 「ところで牛田さん。
  非接触療法を受けられる病院って
  どこかにあるんでしょうか?」


 白木さん。
 そのお問い合わせを読者の方からもいただいているのですが......

 いまのところはまだ、
 非接触療法を指導できるクリニックはありません。

 どちらの皮膚科にも、
 それぞれの治療方法や
 治療ガイドラインがあります。

 新しい方法を導入するのは
 そう容易なことではないかもしれません。






 ▼最後の望みをかけて病院へ


 今回の集計でも
 皮膚科に通院することになった症状として
 多くの方が挙げていた『ニキビ』。

 長年ニキビに悩み、
 皮膚科や美容皮膚科に通ったこともあるという
 男性フェロー(30代)からいただいたメッセージを
 ご紹介します。


 ┌────────────────────────────
 |
 | 【通院もしましたが結果は散々。
 |  どうしたらいいか分からず疲れていました】
 |
 |----------------------------------------------------
 |
 | ◆ニキビ→抗生物質、を繰り返す日々
 | 
 | 
 | 私は、中学生からニキビができ始め、
 | 大人になってもよくできました。
 | そのためか、ニキビ跡や毛穴が目立つ肌でした。
 | 
 | 3年前、時間に余裕が出来たため、
 | そんな肌を治そうと思い、
 | 様々な化粧水や石けんを試すようになりました。
 | 
 | さらに、男性ではありますが、
 | 皮膚科や美容皮膚科に通い、
 | ピーリングやレーザーなども受けました。
 | 
 | 結果は散々でした......
 | 次第に皮脂が大量に出始め、ボコボコと大きなニキビが
 | 顔全体にできるようになったのです。
 | 
 | そんなニキビを抑えるために、
 | 今度は抗生物質を服用し始めました。
 | 
 | ニキビができる
 | →抗生物質で抑える
 | →ニキビが落ち着いて抗生物質をやめる
 | →ニキビができる.........
 | 
 | この繰り返しでした。
 | 
 | 
 |----------*----------*----------*----------*--------
 | 
 | ◆『何もしていない』友人に衝撃
 | 
 | 
 | どうしていいかわからず、もう疲れていました.........
 | そんな時に出会ったのが『何もつけない皮膚科学』です。
 | 
 | このサイトを知ったのは夏前でした。
 | 小心者の私は、全部を一気に始める勇気はありませんでした。
 | 半信半疑で始めたのが、正直なところです。
 | 
 | まずは、化粧水をやめました。
 | すると、肌が皮剥けし始めました。
 | ボロボロと毎朝剥ける皮。
 | 角栓がいたるとこからビッシリ。
 | 
 | しかも、額は白ニキビでブツブツ、ザラザラ。
 | 正直、悲惨でした......
 | 
 | 化粧水等の保湿はやめたものの、
 | ニキビがさらに大きく増えるのを恐れた私は、
 | 石けんはやめられずいました。
 | 
 | また、時々抗生物質を服用し、
 | ニキビや額のブツブツを誤魔化していました。
 | 
 | そんな時、仲が良い、肌のキレイな友だちに
 | 何かしているのか尋ねました。
 | 
 | すると『何もしてない』との答え。
 | 化粧水はもちろん、石けんすらつけていなかったんです。
 | 
 | 
 |----------*----------*----------*----------*--------
 | 
 | ◆『何もつけない生活』をスタート
 | 
 | 
 | それから、このサイトの内容をきちんと実践しようと決意し、
 | モニターを申し込んだ次第です。
 | 
 | ASVCを使いながら、石けんをやめ、
 | 湯洗髪にし、接触に気をつける生活が始まりました。
 | 
 | モニターを始めて思ったのは、
 | 意外に接触しているということ。
 | とくに髪の毛。
 | 
 | 前髪が額にかかっていたのを、
 | よく手でかき上げていました。
 | 
 | モニターになってからは、
 | 額に出来るだけ髪がかからないように上げるか、
 | 家ではピンでおさえることにしました。
 | 
 | そして、服の着脱時、鼻や額を擦っていたことに気づき、
 | それから当たらないように気をつけました。
 | 
 | また、皮脂が出るのをティッシュなどで
 | よくおさえていたので、それをやめることにしました。
 | 
 | そのような接触をさけると同時に、
 | 出来るだけお風呂に毎日浸かるようにしました。
 | 
 | すると、次第に皮剥けの量が減ってきたのです!
 | あんなに悩んだのが嘘のようです!!
 | 
 | 『もうこれ以上汚くなりようがないだろ......』
 | と始めたモニター。
 | 本当に結果が出たことを喜んでいます。
 | 
 | 
 |----------*----------*----------*----------*--------
 |
 | ◆抗生物質も卒業して、肌に変化が!
 |
 | 
 | さらに私は、今まで飲んでいた抗生物質もやめました。
 | このサイトで、菌がいかに大切かを学んだからです。
 | やめてからは、一時、ニキビが再発しました。
 | 
 | 額のブツブツも復活し、口回りを中心にニキビが出来ました。
 | しかし、今は落ち着いてきたようで、
 | 大きなニキビは出来ていません。
 | さらに、額のブツブツもおさまってきました。
 |
 | 本当に『やっと......』の思いでいっぱいです。
 | 本当にありがとうございました!
 | 
 └────────────────────────────



 このメッセージをくださったフェローのように
 長年肌トラブルに悩み、最終的に病院へ......
 という方は少なくありません。

 期待をして病院に行っても
 思うような治療結果が得られなかった場合、
 もうなすすべがない、と
 強い落胆と失望を感じてしまいます。

 患者さんにとっては「病院に行っても治らない」
 皮膚科医にとっては「患者を根治させられない」
 という現状を、少しでも改善できるように。

 私たちは、今後も
 病院の協力・賛同が得られるような活動を
 地道に広げていきます。
 




 ☆質問・疑問などがありましたら、
  お気軽にどうぞこちらへ。
  →→ http://hisesshoku-derm.com/archives/01about/info.php


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
      ☆「非接触療法研究会」のお知らせ ☆
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

 メルマガ「秘密の皮膚科学」の読者のみなさんと
 研究開発を続けているのが『非接触療法研究会』です。


 ☆『非接触療法研究会』ではモニターを募集しています。
  http://hisesshoku-ryouhou.com/contents/for_ordinary.html

 あなたも「何もつけない生活」(非接触療法)の実践に
 チャレンジして「フェロー(研究員)」の仲間になりませんか。

 シニアフェローの牛田がお待ちしております。



 ※『非接触療法研究会』のモニター応募に必要なパスワードは
  メルマガ「非接触療法実践プロジェクト」でお知らせしています。

  前号のパスワードは、2012年に世界で最も検索された
  アスリートトップ3です。(Google Zeitgeistより)

  (ジェレミー・リン)(マイケル・フェルプス)
  (ペイトン・マニング)


  「秘密の皮膚科学」とは別にメルマガ登録が必要になります。
  ご注意くださいませ。

 メルマガ「非接触療法実践プロジェクト」のご登録は
 こちらから→< http://hisesshoku-ryouhou.com/archives/02mm/ >

 次号の「非接触療法実践プロジェクト」は2月7日配信予定。


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

関連性の高い記事

【次のエントリー】
 →第351号 かぶれる?『過剰な皮脂分泌』の秘密

【前のエントリー】
 →第349号 毛穴が改善?『ステップ2アンケート』の秘密

このページのTOPへ