メールマガジン「秘密の皮膚科学」

2005年10月04日配信

第48号 ゴシゴシ?『ニキビ洗顔』の秘密

 みなさん、こんにちは。
 コスメプロデューサー・牛田専一郎です。


 あっという間に10月ですね。
 みなさん、秋本番を満喫していますか?

 チョコレート大好きの白木さんは、
  "食欲の秋"を満喫しているようです。


 ......と思ったら、今週はご機嫌ななめの様子。

 何があったのでしょうか?

☆----------------------------------------------------------☆

    ゴシゴシ? 『ニキビ洗顔』の秘密


☆----------------------------------------------------------☆


 ▼白木さん、ご機嫌ななめの理由



  「牛田さぁ~ん......(涙)」



 白木さん、目がウルウルしてますよ。
  一体どうしたんですか?



 「見てください、私のオデコ!」



 あらら。ニキビですね。



 「私、秋になるとチョコレートを食べたくなるんです。
   昨日も夜更かししながらついつい食べすぎちゃって......」



 で、今朝目が覚めたらオデコにプツっと?



 「できてたんですよ~~(涙)。
   久しぶりのニキビだから、動揺してしまって。
   どうしたらいいのか分からないんです。
   先週、ニキビ用の化粧品は避けたほうがいいって
   お話がありましたよね」



 そうです。

 ニキビ用の化粧品には、
  殺菌剤、サリチル酸などの角質軟化剤、
  または乾燥(硫黄)させるものが多く含まれています。

 そういった成分は、ニキビの回復を早めるどころか、
  かえって治りを悪くしてしまう......


 先週はそんなお話をしましたね。

  ○第46号『生まれつきの秘密』(前編)はこちら
    → http://hisesshoku-derm.com/archives/2005/09/46.php
   ○第47号『生まれつきの秘密』(後編)はこちら
    → http://hisesshoku-derm.com/archives/2005/09/47.php



  「次に気になるのは、"ニキビができているときの洗顔"なんです。
   どうしたらいいんでしょうか?
  洗顔剤をつけてゴシゴシ洗って、
   余分な皮脂を追い出したほうがいいんですよね??」



 白木さん......。
  本当にそう思っているんですか?

 その洗顔法。ニキビに優しくないこと、この上ないですよ。



 「ええぇぇぇ???」




  ▼洗顔剤に含まれているコワイ成分


  今までに何度かお話ししてきましたが、
  洗顔剤には"界面活性剤"が含まれています。

  界面活性剤は、汚れを落としてくれます。
  そして、汚れと一緒に、皮膚の角質からも油分を奪ってしまいます。


 その結果......
  お肌は"脱脂"され、
  本来持っている潤いを失ってしまいます。

 さらに。
  界面活性剤は、細胞に障害を与えます。
  タンパク質に結合して、タンパク質の変性を起こしてしまうのです。
  その結果、炎症などの皮膚トラブルを引き起こすことがあります。



 「界面活性剤は汚れやメイクを落としてくれるけど、
   その代償も大きいんですね......」





  ▼まだある、コワイ影響


  そしてさらに。
  界面活性剤には、殺菌効果があるんです。
  お肌の健康のために必要な"菌"まで殺してしまうんですよ。



 「でも、ニキビはアクネ菌が原因なんですよね?
   それを退治できるならいいような気がしますけど......」



 白木さんだけでなく、たくさんの方が誤解しているようなのですが、
  アクネ菌は、ニキビができるときだけ発生するものではありません。
  誰の肌にもいる"常在菌"なんです。

 普段は、トラブルの原因になるどころか、
  お肌を守ってくれているんですよ。


 ところが、菌の数が増殖してしまうと、状況は一変。
  増殖したアクネ菌のつくる刺激物で炎症が発生して、
  ニキビができてしまうのです。



 「どうして菌の数が増えてしまうんですか?」



 精神的ストレスを感じたり、交感神経が緊張したりすると、
  皮膚の毛穴は塞がります。
  アクネ菌は嫌気性ですから、毛穴が塞がれたことによって
  大量に増殖してしまうんです。



 「ニキビは、アクネ菌そのものが原因なのではなくて、
   その数が問題なんですね......」



 そうなんです。
  だから、除菌をすることよりも、
  ストレスや交感神経が緊張する原因を取り除くことのほうが
  重要なんです。



 ▼ニキビができているときの洗顔法


  「ここまでのお話をまとめると、
    ○洗顔剤には界面活性剤が含まれている。
    ○界面活性剤は、お肌を健康に保つための
     皮脂を奪い、常在菌を殺してしまう。
  ......ってことですよね?」



 その通り。

 ニキビはお肌が炎症を起こしてできたもの。
  つまり、『傷』なんです。


 傷のできている部分は、
  表皮が破れていて細胞が剥き出しになっています。
  血も出るでしょう。至急に修復しなければなりません。

 そんな部分を洗顔剤でゴシゴシ洗ったら......



 「弱り目にたたり目!
   お肌をいたわるどころか、
   さらにいじめることになりますね」



 そうです。

 だから、
   ○健康なお肌でも、強い洗浄力のある洗顔剤の使用はおすすめしない
   ○ニキビができているときはなおさら!

 ということなんです。


 ニキビができているときは、
  濃いメイクをしないこと。
  そうすれば、洗顔剤が必要ありませんから。

 そして、水かぬるま湯でやさしく洗うこと。

 これに尽きますね。



 「ハイ!
   濃いメイクも、ニキビ用の化粧品も、洗顔剤も
   しばらくお休みにしま~す。
  メイクができないのはつまらないけど、
   お肌が傷んでしまったらもっとつまらないですからね!」



 白木さん。ニキビが早くよくなるといいですね。

 来週もどうぞお楽しみに!!



  ★牛田への感想・コメントはこちらへ。
  http://hisesshoku-derm.com/archives/01about/info.php


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
  ☆メルマガ☆『秘密のプロジェクト』も好評配信中!
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

 はげしく稼動中!の『秘密のプロジェクト』。
  "ほやほや"の最新情報をメルマガでお届けしています。

 最新号をちょっとだけご紹介。

 ○はげしく稼動中!の『秘密のプロジェクト』ですが、
   はげしすぎて・・・閑話休題。
   花押ってなに!?
   花押講座の様子は↓
   http://hisesshoku-ryouhou.com/archives/2005/09/924.html
  ○出版のための測定実験も↓
   http://hisesshoku-ryouhou.com/archives/2005/09/927.html

 ○モニター、およびプロジェクトスタッフを募集中です。

 ...続きは『秘密のプロジェクト』をお読みくださいね。

 ☆ご登録はこちらからどうぞ!
  →< http://www.mag2.com/m/0000148285.htm >

関連性の高い記事

【次のエントリー】
 →第49号 カサカサ? 『カサつき』の秘密

【前のエントリー】
 →第47号 もともと?『生まれつき』の秘密(後編)

このページのTOPへ