メールマガジン「秘密の皮膚科学」

2005年09月27日配信

第47号 もともと?『生まれつき』の秘密(後編)

  みなさん、こんにちは。
  コスメプロデューサー・牛田専一郎です。


  早いもので、9月も終わり。
  少し前まで冷たいものばかり飲んでいた白木さんも、
  ここ数日は温かいお茶を淹れているようです。

  夏から秋へ。季節の変わり目なんですね。


  気温が変動する時期は、体調を崩しやすくなります。
  そして、お肌の調子も崩れやすくなります。

  最近お肌の調子が悪いから、化粧品を変えようかな。
  洗顔剤を変えようかな。


  そう思っている方は
  今週号を読んでからお買い物にお出かけください。

  化粧品を選ぶ前にしなくてはいけないことがあります。

  ......さぁ、それは何でしょうか?
  その秘密は本文に隠されています。


 今週も最後までお付き合いくださいね。

☆----------------------------------------------------------☆

    もともと? 『生まれつき』の秘密(後編)


☆----------------------------------------------------------☆


 ▼前回のおさらいです


  白木さん、先週はどんなお話をしましたっけ?


 「ええと先週は......

  ○お肌の性質は、大きく2つに分けることができる。
  ○外的・精神的な刺激の影響を受けにくい→強い肌。
  ○外的・精神的な刺激の影響を受けやすい→弱い肌。
  ○強さ、弱さは生まれ持ったもの。

  ......というお話でした」



  そうでした。

 先週、牛田がみなさんにお伝えしたかったことは、
  お肌は『生まれつき』のものであるということ。

 そして、ご自分が『生まれつき』どんなお肌なのかを知った上で
  毎日のお手入れをしていただきたいということです。


 そこで、ご紹介したのが"牛田式・お肌の自己診断テスト"。
  設問にひとつひとつ答えていくと、
  『生まれつき』どんなお肌なのかを知ることができるんです。


 みなさん、採点していただけましたか?

   ○まだの方はこちらから:『生まれつき』の秘密(前編)
    →< http://hisesshoku-derm.com/archives/2005/09/46.php >


 ところで、白木さんは何点でした??


 「あんまり当てはまるのがなかったんですよねぇ。
   合計したら、15点になりました」


 15点!

 やっぱり、白木さんのお肌は丈夫ですね。


 「じ、丈夫?」




 ▼あなたはどのタイプ?


  採点結果から、あなたのお肌の強さを
  A~Dまでの4つのタイプに分けることができます。


  >>>>0~15点(A)

  常に安定しているお肌です。

  気温の変化などの外的な刺激、
   あるいはストレスなどの精神的な刺激を受けても、
   余程のことがなければお肌に影響が現れません。

  仮に外的・内的な刺激による影響が現れてしまっても、
   自分のペースを取り戻す能力があるため、
   すぐに安定した状態に戻ることができます。



  >>>>16~29点(B)

  おおむね安定しています。
   外的・内的な刺激を受けても、ある程度は元に戻る力を備えています。

  しかし、体調が悪いときや睡眠不足のとき、または季節によって
   その力が極端に低下することがあるので要注意です。

  また、付け心地が"しっとり"する洗顔料や化粧水は
   本来必要のない肌です。



  >>>30~60点(C)

  とても不安定なお肌です。
   外気や直射日光、体調や季節の影響を受けやすい性質です。

  洗浄力の強い洗顔剤や、
   ピーリング作用のある洗顔剤の使用は避けましょう。

  また、お肌がカサつくと感じる時は、
   その部分にだけ少量の化粧水をつけましょう。
   そして、お肌の様子を見ながら、量を徐々に減らしていきましょう。



  >>>>61~100点(D)

  元に戻る力が弱いお肌です。

  高温多湿、直射日光、北風、冷暖房、ストレス......。
   外的・内的な刺激のすべてが
   お肌を不安定にする原因になってしまいます。



 ▼いかがでしたか?


  「なるほど......。
  確かに、よっぽど体調が悪かったり、
   よっぽど大きなストレスを感じたりしなければ
   お肌の調子ってあんまり変わらないんですよね。
  やっぱり、私のお肌は生まれつき"丈夫"なんですねぇ」



  そのようですね。

 ちなみに、
  (A)(B)タイプだった人は、生まれつき"強い肌"。
  (C)(D)タイプだった人は、生まれつき"弱い肌"。
  であると言えます。


  さらに、テストにあった設問のうち、
  以下の得点が高かった方は要注意です。


 -------------------------------------------

  01)手足が冷える

  04)直射日光に当たると肌が赤くなる

  05)背中に日焼け後のシミ・ソバカスがある

  09)傷口が治りにくく、傷跡が残りやすい

  12)草や木でかぶれたことがある

  13)絆創膏でかぶれたことがある

  14)洗剤で指先が荒れやすい

  15)パーマ液、ヘアカラー液でかぶれる

  17)あせもができやすい

  18)湿疹ができやすい

  19)アレルギー体質である

 -------------------------------------------


 上記の項目が当てはまる方は
  かぶれやすく、敏感なお肌の持ち主です。


 その中でも特に、
  採点結果が(C)(D)タイプだった方は、
  "自分の肌は敏感なんだ"という自覚を持ってくださいね。



 ▼(C)(D)タイプの人が気をつけなければいけないこと


  「自覚を持っただけじゃダメですよね。
   具体的には、どんなことに気をつけたらいいんでしょうか?」


 そうですね。

 お肌が敏感な方は、以下のものを避けましょう。


 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ○洗浄力の強いクレンジング剤や洗顔剤

 ○アルカリ性の化粧品

 ○ニキビ用の化粧品

 ○スクラブ

 ○ピーリング

 ○顔剃り

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


 などなど。
  これらは、とても刺激が大きいのです。
  お肌に大きな負担をかけてしまいます。

 敏感肌だけでなく、乾燥肌の方にとっても大敵です。

 大敵であることを知らないままでいると、
  お肌のお手入れをしているつもりが、
  結果的にお肌を傷めつけてしまっている。

 そんなことも起こりえるんですよ。



 ▼『ニキビ用』がいけないのはナゼ?


  「敏感肌・乾燥肌の人が避けたほうがいいものリストの中に
   『ニキビ用の化粧品』がありましたね。
  ニキビ用なんだから、デリケートなお肌の方のために
   作られているんじゃないんですか?」


 そう思いたいところなんですが......。
  実態は違います。

 ニキビは、お肌がピンポイントで炎症を起こしている部分。
  つまり、ニキビとは、お肌にできた『傷』なんです。

 しかし、ニキビ用の化粧品(医薬部外品が多いのですが)には、
  殺菌剤や、サリチル酸などの角質軟化剤、
  または乾燥(硫黄)させるものが多く含まれています。


 そういった成分は、傷の回復を早めるどころか、
  かえって治りを悪くしてしまうんですよ。

 ニキビ用の化粧品に含まれている
  殺菌作用、角質軟化作用、乾燥作用はお肌の負担になるんです。



 「一見、お肌の味方になってくれそうな作用ですけど......。
   どうして負担になってしまうんですか?」



 お肌の役割は、身体の内側を守ることです。
  そして、その役割を果たすためには、
  お肌の表面を覆っている皮脂膜や常在菌の存在が不可欠なんです。

 しかし、殺菌効果や乾燥作用は
  皮脂膜の生成を妨げ、常在菌を死滅させてしまいます。


 その結果、お肌は傷みやすくなり、
  健康も美しさも損なわれてしまうのです。

 お肌にとって一番やさしい状態とは、何もつけない状態なんですよ。


 何もつけなければ、お肌を守ってくれる皮脂膜や常在菌たちが
  自然に、健やかに活動することができるからです。

 ですから、乾燥肌・敏感肌の方でなくても
  ニキビ用の化粧品はお勧めできませんね。




 ▼『生まれつき』と上手にお付き合いするために


  「牛田さんが冒頭でおっしゃっていた
   "化粧品を選ぶ前にしなくてはいけないこと"。
  その答えは
   "まずは自分の肌を知ること"ですね」


 その通りです。

 化粧品は、女性の表情を華やかに彩ってくれるものです。
  今度はどんな化粧品を使おうかな? と考えるだけで
  心がウキウキしますよね。


 しかし、忘れてはいけないことがあります。
  化粧品は万能ではありません。
  それどころか、使い方を誤ると、毒にもなりかねないんです。

 化粧品を楽しく使っていただくために。
  毎日のお手入れを楽しくしていただくために。


 "私のお肌は『生まれつき』どんな性質を持っているのかしら?"
  "この化粧品は私の『生まれつき』に合っているのかしら?"

 という視点を、いつも忘れないようにしてくださいね。


  来週もどうぞお楽しみに!!



  ★牛田への感想・コメントはこちらへ。
  http://hisesshoku-derm.com/archives/01about/info.php



*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
    ☆メルマガ☆『秘密のプロジェクト』も好評配信中!
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-


 はげしく稼動中!の『秘密のプロジェクト』。
  "ほやほや"の最新情報をメルマガでお届けしています。

 最新号をちょっとだけご紹介。

 ○お肌の測定を続けているモニターのみなさん。
   「秘密の化粧水」の効果?
   今週もスゴイ数値が出ています!
   こちら↓
   http://hisesshoku-ryouhou.com/archives/2005/09/918.html

 ○週3回でも↓
   http://hisesshoku-ryouhou.com/archives/2005/09/2.html

 ○第二回・秘密のミーティングが開催されました。

 ○モニター、およびプロジェクトスタッフを募集中です。

 ...続きは『秘密のプロジェクト』をお読みくださいね。


  ☆ご登録はこちらからどうぞ!
  →< http://www.mag2.com/m/0000148285.htm >

【次のエントリー】
 →第48号 ゴシゴシ?『ニキビ洗顔』の秘密

【前のエントリー】
 →第46号 もともと? 『生まれつき』の秘密(前編)

このページのTOPへ