メールマガジン「秘密の皮膚科学」

2005年07月19日配信

第38号 カンケイない!?『年齢とのカンケイ』の秘密

 みなさん、こんにちは。
  コスメプロデューサー・牛田専一郎です。


 先週は、読者の方からいただいたメールをご紹介しました。

 その内容は......


 『何もつけない』をやってみたけれど
  ちっとも潤わない。ガサガサのまま!


 というもの。
  そのあとに牛田の解説をお話しましたが、いかがだったでしょうか?


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


 ★先週号はこちら
   ○第37号『何もつけないなんてムリ!"ガサガサ"の秘密
    http://hisesshoku-derm.com/archives/2005/07/37.php


  ★そもそも『何もつけない』って何? という方はこちら

  ○第33号『白木さんのお手入れ』の秘密
    http://hisesshoku-derm.com/archives/2005/06/33.php

  ○第34号『何もつけないとどうなるの?』の秘密~前編~
    http://hisesshoku-derm.com/archives/2005/06/34.php

  ○第35号『何もつけないとどうなるの?』の秘密~後編~
    http://hisesshoku-derm.com/archives/2005/06/35.php


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


  そして今週も。
  読者の方から1通のメールが届いているようです。

 さて、どんな内容なのでしょうか......。
  どきどきしながら開封いたします。


☆--------------------------------------------------------☆

      カンケイない!? 『年齢とのカンケイ』の秘密


☆--------------------------------------------------------☆



  ▼読者の方からメールが届きました



  むしむしと暑いある午後のこと。
  白木さんが私を呼んでいます。


 「牛田さん、メールが届いてますよぉ~~~」


 今週もですか? どれどれ......


  ┌――┐
  |\/| 【件名:『何もつけない』は若い人向けですよね?】
  └―――――――――――――――――――――――――――――――
  |
  |牛田さん、こんにちは。
  |
  |メルマガで『何もつけない』のお話を読みました。
  |
  |私もやってみたいのですが、でも...。
  |
  |『何もつけない』は年齢の若い人だけができるお手入れですよね?
  |年齢を重ねた私には無理ですよね??
  |
  └―――――――――――――――――――――――――――――――


  う~~ん......。


 「確か、このあいだもこういうメールが来ていましたね」


 そうなんです。
  『何もつけない』が若い人向けのお手入れだって思っている方、
  けっこう多いみたいなんですよね。

 1通1通のメールにお答えするだけでなく、
  メルマガでも、1度このお話をしっかりしておかなくては!
  と思っていたところでした。


 コホン。
  はっきりと申し上げましょう。

 "お肌と年齢は、関係ありません!!"


 「えぇぇぇ~~~!??」



 ▼お肌は年齢とともにおとろえ......ない!?


  「年齢を重ねていくごとにお肌はおとろえていく。
   これは、当たり前のことだと思ってました」


 そうですね。
  もはや"常識"のように、そう思われているようです。

 化粧品の雑誌や広告でも、さかんに
  『お肌の曲がり角』だの、『アンチエイジング』だの
  という言葉が飛び交っていますよね。


 でも、それは"化粧品を買う理由"を消費者に与えるため。
  『年齢を重ねる=お手入れを変えなくてはいけない』
  という意識を持たせて、
  化粧品を買ってもらおうとしているだけなのです。

 でも、真実はちがいます。
  お肌の機能は、一生涯変わることがないのです。


 皮脂量や角質水分量は年齢とともに低下しません。
  加齢によって低下するのは弾力性のみです。




  ▼お肌の役割から考えてみる


  白木さん、以前にお肌の役割についてお話したことがありましたね。
  覚えてます?


 「はい。ええと......
   『身体の内側を守ること』でしたよね?」


 そのとおり。
  お肌は、身体の一番外側で防御壁のような役割を果たしています。

 お肌の表面を皮脂膜や常在菌といった『バリア』で覆い、
  紫外線・バイ菌・化学物質などの外的刺激から
  体内を守っているのです。

 この役割が、年齢によっておとろえてしまったら
  どうなるでしょうか?

 とても生命を維持することができません。


 しかし、年齢を重ねたからといって、
  お肌にバイ菌や紫外線が入ってきてしまった人を
  実際に見たことがあるでしょうか?

 ないはずです。


 つまり、年齢を重ねても
  お肌の機能には変わりがないということなのです。




  ▼シワシワ・ガサガサの理由


 「でも......。
   歳をとってお肌がガサガサになったり、シワができたり。
   年齢による変化はあると思うんですけど?」


 確かに、お肌が乾燥したり、シワっぽくなったりする人はいますね。
  しかしその理由は『加齢』だけではありません。

 ずばり『個人差』です。


 歯が丈夫だったり、髪の毛が細かったり、
  胃が弱かったり、肌の色が浅黒かったり。

 ほとんどの場合、これらは「生まれつき」のものです。
  お肌も同じなんです。


 生まれつき水分量が少なかったり、
  皮脂の分泌量が多かったり。
  シワっぽくなってしまう人も、
  「シワっぽくなりやすい」という特性を生まれ持っているのです。




  ▼こんな心構えでお手入れを


  ですから、大切なことは
  『加齢によっておとろえてしまったお肌をどのようにお手入れするか』

  ではなく、

  『ひとりひとり違う個性を持ったお肌をどのようにお手入れするか』
  であると言えます。


 そのためには、まずご自分の肌質を知ること。
  そしてそれに合ったお手入れ方法を見つけること。

 さらに、極力お肌を傷めないように心がけることです。
  厚手のメイクをやめたり、
  強い洗浄力を持つ洗顔剤を使うのを避けたり。


 みずみずしく輝くお肌を維持するためには、
  あたらしい化粧品を買うよりも、そういった工夫が必要なのです。




  ▼今日のまとめです


  冒頭でご紹介した、読者の方からの質問に戻りますね。

 今日のお話のポイントは......


 お肌に年齢は関係ない。
  あるのは、個人差だけ。
  ということでした。


 ですから、『何もつけない』は若い人だけのものではありません。
  何歳でも、いつからでも始められるお手入れです。

 ぜひ今晩は洗顔後に何もつけずにお休みください。
  翌朝、お肌がカサカサするな......と思ったら、
  カサカサする部分にだけ少量の化粧水を。


 『何もつけない』を続ければ、
  カサカサする面積は、だんだん少なくなっていくはずです。

 ご自分の"ほんとうの素肌"と、出会える日が訪れますよ。


  次回もどうぞお楽しみに!



  ★牛田への感想・コメントはこちらへ。
  http://hisesshoku-derm.com/archives/01about/info.php



*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
  ☆メルマガ☆『秘密のプロジェクト』も好評配信中!
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-


 はげしく稼動中!の『秘密のプロジェクト』。
  "ほやほや"の最新情報をメルマガでお届けしています。

 最新号をちょっとだけご紹介。

 ○モニター測定が始まったようです。
   気になるお肌の変化を、ちょっとだけ!
   測定値はこちら↓
   http://hisesshoku-ryouhou.com/archives/2005/07/15.html

  測定値の解説と、大人のニキビの方モニター募集は
   こちらから↓
   http://hisesshoku-ryouhou.com/archives/2005/07/15_1.html


  ...続きは『秘密のプロジェクト』をお読みくださいね。

 ☆ご登録はこちらからどうぞ!
  →< http://www.mag2.com/m/0000148285.htm >

関連性の高い記事

【次のエントリー】
 →第39号 あらためて。『しみこまない』の秘密

【前のエントリー】
 →第37号 何もつけないなんてムリ!『ガサガサ』の秘密

このページのTOPへ