メールマガジン「秘密の皮膚科学」

2013年05月28日配信

第362号 テクニック?『ノーメイクに抵抗があるなら』の秘密(1)

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2013/05/28━☆
     健康な素肌を取り戻すために知ってほしいこと!

            「秘密の皮膚科学」

     第362号 発行者:シニアフェロー 牛田専一郎
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆


 みなさん、こんにちは。
 シニアフェローの牛田専一郎です。

 ファンデーションをつければ
 肌トラブルを隠せるけれど、
 改善のためにはつけられない――。

 何もつけない生活・ビギナーの多くが
 "隠したいのに隠せない"
 という葛藤を経験しているようです。

 今回と次回は、
 【ノーメイクで過ごすということ】
 について考えてみたいと思います。



☆------------------------------------------------------------☆

             ── テクニック? ──

          『ノーメイクに抵抗があるなら』の秘密(1)

☆------------------------------------------------------------☆


 ▼隠したい、隠せない......


 30代の女性フェローから
 こんなご相談が届きました。

 ┌────────────────────────────
 | 
 | 【ノーメイクに抵抗があり、精神的に参っています】
 | 
 | 
 | 女性なら"化粧してきれいになりたい"
 | という願望を持っていると思います。
 | 
 | コマーシャルなどの洗脳もあり、
 | 何もつけない生活を始めたばかりの頃は
 | すっぴんの生活にストレスを感じる人も
 | 多いのではないでしょうか。
 | 
 | 2010年ころのメルマガに、ちらっと
 | 『年齢を重ねた人ほどすっぴんに抵抗が少ないようです』
 | という記述があったかと思います。
 | 
 | 私は40目前ですが、かなりまだ抵抗があり、
 | 精神的に参っています。
 | 
 | とはいえもう化粧できないし、
 | 後戻りもできないし、まだ始めて2か月なので
 | 肌の状態も改善していないし......という状況です。
 | 
 | みなさんはどんなふうに
 | ノーメイクの生活を送っていらっしゃるのか、
 | とても知りたいです。
 | 
 └────────────────────────────






 ▼ノーメイクに抵抗があるなら:テクニック編


 非接触療法研究会で
 アドバイスを募集したところ、
 たくさんのフェローからメールが寄せられました。

  ☆第351号 マインドセット・アドバイス募集!
   http://hisesshoku-ryouhou.com/archives/2013/05/351.html


 今回は、メイクの減らし方、小物の活用法などの
 テクニックをご紹介します。

 どのフェローの方も
 アドバイスをたくさん書いてくださっていますが、
 スペースの都合上、抜粋してお知らせいたします。





 では、ご紹介していきましょう。


 ┌────────────────────────────
 | 
 | ◎テクニック:その1
 | 
 | 【おしゃれな眼鏡でカムフラージュ】(Oさん:40代・女性)
 |
 |----------------------------------------------------
 |
 | 
 | 肌改善中の方は、おしゃれな眼鏡を利用してみては
 | いかがでしょうか?
 | 
 | 今やいろいろなデザインが選べます。
 | 暖色カラーで、ややしっかりした
 | フレームをかければお化粧効果もあります。
 | 
 | 好みでレンズカラーを少しだけ入れるなら、
 | アイシャドーのようなカバー力もあります。
 | 
 | もちろん近眼でない方も伊達でつくれます。
 | 肌そのものを隠すわけではありませんが、
 | 他人からの視線に慣れる
 | (眼鏡のデザインに視線を集中させる)
 | という意味では大活躍です。
 | 
 | 案外と他人は自分の肌なんてそんなに注目していないし、
 | ワセリンや無添加のオイルで艶肌に仕上げておけば
 | むしろ健康的に見えるかもしれません。おためしあれ。
 | 
 └──────────────────────────── 


 ┌────────────────────────────
 | 
 | ◎テクニック:その2
 | 
 | 【ポイントメイクを濃いめに】(Kさん:30代・女性)
 |
 |----------------------------------------------------
 | 
 | 
 | 私も"なにもつけない"を始めた当初は
 | 肌の色むらが気になって、
 | 「ファンデーションをつけないなんて考えられない!」
 | と思ったものです。
 | 
 | これでいいや、と思い切るために
 | ポイントメイクを濃くしました。
 | 
 | 素肌部分に目が行かないように、
 | つけまつげ、アイラインを使い始めました。
 | 
 | 目の印象がかなり強くなるので、
 | 鏡で見ても肌に目が行きにくいように感じました。
 | 
 | マスカラは、落とすときに
 | 顔全体を汚染するように思ったので、
 | かえってつけまつげのほうが負担が少なく感じます。
 | 
 | アイラインですが、市販のものは
 | 薬品などが入っているせいか、
 | 顔中の調子が崩れる結果になりました。
 | 
 | 運よく、ミネラルだけで出来ているアイシャドウに
 | 出会ったので、それを水で溶いて塗っています。
 | 
 | つけまつげの糊もアイシャドウも、肌の調子が悪化しないか、
 | ひとつずつ慎重に試してみてください。
 | 
 | 私は今では顔の色調が整ったので、
 | つけまつげをしなくても大丈夫になりました。
 | 
 └────────────────────────────


 ┌────────────────────────────
 | 
 | ◎テクニック:その3
 | 
 | 【ラメ多めのミネラルファンデ】(Kさん:30代・女性)
 |                       
 |----------------------------------------------------
 | 
 | 
 | ファンデーションは悩みました......。
 | ミネラルファンデーションは下地をきちんと
 | 塗らないと毛穴落ちがひどいのですが、
 | 下地がケミカル満載のようで(*_*)
 | 
 | 悩みつつ、顔にもASVC22を毎日2~3回付けていたら
 | ニキビ跡はあまりかわりませんが、一週間くらいで
 | 肌の表面がフラットになった感じがありました。
 | 
 | ミネラルファンデーションを直接塗ってみたら
 | 毛穴落ちがないんです。感動しました......!
 | 
 | 仕事が受付なので、常に人前にいるからこそ
 | 肌荒れをさせたくない、させられないのですが、
 | ニキビがボコボコあってファンデーションを
 | 重ねて見え見えなのにごまかしていた時よりも、
 | 跡はあるもののツルツルの肌の今の方が
 | 何もつけなくても自信が持てます!
 | 
 | ミネラルファンデーションでも
 | ラメの多いものを選ぶといいように思います。
 | 
 | クレンジングがいらなくなったこともあるせいか
 | 肌がどんどんよくなるのを実感しているので
 | お化粧しないことのストレスないんですよね......。
 | 
 | アドバイスになっていないかもしれませんね(>_<)
 | 
 └────────────────────────────


 ┌────────────────────────────
 | 
 | ◎テクニック:その4
 | 
 | 【メイクを段階的に引き算する】(Fさん:20代・女性)
 |                       
 |----------------------------------------------------
 | 
 | 
 | 私は20代なので、相談者の方と10歳ほど異なりますが、
 | 強く共感しました。
 | 綺麗にしていたいという願望は年齢関係ないです。
 | 
 | 私が実践したことは次の3つです。
 | 
 | (1)メイクを引き算していく
 | 
 |  いきなりノーメイクにしたところ、
 |  自分の顔色がとても暗く感じてしまいました。
 | 
 |  そこで、ブラシで秘密のファンデーションを
 |  顔全体に塗る日、次の日は顎周りは塗らない、
 |  その次の日は顎周りと口周りは塗らない、
 |  またその次の日はアイメイクを薄く......
 |  
 |  と、徐々に塗る部分を減らして、
 |  自分がどの程度までノーメイクに近い状態になれるのかを
 |  試していきました。
 |  
 |  その結果わかったことは、顔の印象は
 |  アイメイクとリップでほぼ決まっているということです。
 |  
 |  最終的には自分の中のメイクはマスカラ、
 |  ミネラルアイシャドーでアイライン、
 |  リップにワセリンを薄く塗った後、リップペンシルを
 |  上唇・下唇に一カ所ずつのせてぼかすだけで
 |  十分だということがわかりました。
 |  
 |  もうちょっと化粧っ気がほしいなという時は、
 |  さらに鼻の頭と顎先に秘密のファンデーションを軽くのせ、
 |  頬にはミネラルチークを塗る、というように
 |  その日の予定や体調に合わせています。
 |  
 |  
 | (2)メイク以外に綺麗の重点をおく
 |  
 |  ノーメイクで垢抜けない印象になることが心配だったため
 |  髪型と洋服・小物に気を配って清潔に、
 |  そして全体がおしゃれに見えるようにしました。
 |  
 |  特に、髪型が一番印象を左右するのではないかと思います。
 |  湯シャンで綺麗になった髪をスタイリングして
 |  今日は髪型が決まっていると思うだけで
 |  不思議にメイクをしていなくても自信をもって歩けます。
 |  
 |  
 | (3)ノーメイクは極上の化粧品
 |  
 |  気分の問題なので
 |  良いアドバイスになるかどうかはわかりませんが、
 |  私にはこれが一番効果がありました。
 |  
 |  それは「ノーメイクは極上の化粧品であり、極上のメイク」
 |  だと思うことです。
 |  
 |  外出先で友人が化粧直しをしているところを見ていると
 |  薄茶色く汚れたパフにファンデーションをとって肌に重ね付けをし、
 |  洗面台のふちを触った手を洗わずに直接頬やおでこを触りながら
 |  アイラインやマスカラを塗っている......。
 |  
 |  そんな姿を見ると、友人には大変申し訳ないのですが、
 |  うゎっ!汚いっ!と思ってしまうのです。
 |  
 |  今までメルマガで学んできた
 |  界面活性剤や皮膚常在菌の話が一瞬のうちに頭をよぎり
 |  なんて皮膚に可哀想なことをしているんだ、
 |  と思う自分がいました。
 |  
 |  よく考えると私もつい一か月半前までは
 |  友人と同じことをしていたのですが。
 |  
 |  何もつけない生活を始めて、完全に思考が変わっています。
 |  
 |  ノーメイクが将来の自分の綺麗な肌を創る
 |  美容液のようなものなのだと思うとワクワクし
 |  ノーメイク生活を続けるモチベーションとなっています。
 | 
 └────────────────────────────


 ┌────────────────────────────
 | 
 | ◎テクニック:その5
 | 
 | 【我慢せず軽いメイクをしてみたら】(Hさん:30代・女性)
 |                       
 |----------------------------------------------------
 | 
 | 
 | 私は現在、相談者の方と同じくらいの年齢だと思います。
 | 何もつけない素肌生活を始めて約2ヶ月、
 | ASVC22を使い始めて1ヶ月です。
 | 
 | メイクをしないで過ごすことに
 | 抵抗を感じるかどうかは人それぞれですね。
 | 
 | 幸い私は、もともとメイクが好きじゃないタイプでしたので、
 | すっぴんで過ごすことにまったく抵抗は感じません。
 | 
 | 私は右頬にシミが点在していて、
 | 大きいものは直径5mmほどあります。
 | 以前までは、このシミを隠すために、
 | コンシーラーやBBクリームなど使ってきました。
 | 
 | 今では、肌トラブルが改善してきて、
 | 水で洗顔した後は一切何もつけずに過ごしています。
 | 外出する時だけ、ポイントメイクをする、といった感じです。
 | 
 | まだ、お店のトイレに入って、
 | 鏡に映った自分のすっぴん顔を見るだび、
 | 相変わらずのシミの大きさにガックリしてしまいますが、
 | 今はメイクで隠したいとは思わなくなりました。
 | 
 | なぜなら、メールマガジンを読み、
 | 肌についていろいろ調べたりして、
 | 化粧品が肌を汚くしているのだということを
 | よく理解できたからです。
 | 
 | そして何よりも
 | 「少しずつだけど、肌が良くなってきている」
 | と実感しているからです。
 | 
 | 相談者さんは、メイクできないことに、
 | かなりストレスを感じているのですね?
 | 
 | だったら、ガマンしないでメイクすればいい......と思いますよ。
 | もちろん、メイクは肌に悪いし、メイクをつけている分、
 | 肌が改善されるのに時間がかかってしまうかもしれませんけど、
 | ストレスを感じて苦しむよりマシだと思います。
 | 
 | どうしてもメイクしたいと思うなら、
 | できる限り肌へのダメージを抑えるような
 | メイクをしてみてはいかがでしょうか。
 | 
 | 例えば、素肌にパウダーファンデだけつけるとか、
 | ワセリンを下地代わりに使うとか。
 | 
 | そうして、少しずつでも肌が改善してくれば、
 | そのうちすっぴんに対する恐怖感が
 | 和らいでくるかもしれないし、
 | メイクに対する考え方が変わるかもしれませんよ。
 | 
 | いろいろと偉そうなことを書いてしまってすみません。
 | 継続は力なり、お互いにキレイな肌目指して頑張りましょう。
 | 
 └────────────────────────────






 ▼まとめ ~ 工夫次第で、ノーメイクが快適に ~


 今回は、ノーメイクに抵抗のある方へのアドバイス、
 テクニック編をお届けしました。

 白木さん、
 いかがでしたか?


 「メイクというと
  つい顔のことばかり考えてしまいがちですが
  服装、小物、髪型など
  工夫できるポイントはたくさんあるのですね!」


 ええ。
 
 みなさん、
 他人の視線を肌から逸らしつつ
 ノーメイクの自分に自信が持てるような
 上手な工夫をしていましたね。

 肌の状態が改善するまでは
 いろいろな葛藤があるかもしれませんが、
 肌の変化を実感できれば、
 ノーメイクに対する恐怖感や抵抗感は薄れていきます。


 次号は
 『ノーメイクに抵抗があるなら:メンタル編』
 をお送りいたします。

 どうぞお楽しみに!




 ☆質問・疑問などがありましたら、
  お気軽にどうぞこちらへ。
  →→ http://hisesshoku-derm.com/archives/01about/info.php


【次のエントリー】
 →第363号 メンタル?『ノーメイクに抵抗があるなら』の秘密(2)

【前のエントリー】
 →第361号 濃い?『肌断食・読後感想文』の秘密

このページのTOPへ