バックナンバーメールマガジン「秘密の皮膚科学」

2015年05月12日配信

第458号 非接触生活で『改善する症状・しない症状』の秘密

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2015/05/12━☆
     健康な素肌を取り戻すために知ってほしいこと!

            「秘密の皮膚科学」

     第458号 発行者:シニアフェロー 牛田専一郎
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆


 みなさん、こんにちは。
 シニアフェローの牛田専一郎です。

 昨年10月に発売された『何もつけない美肌術』。
 おかげさまで3刷となり、電子書籍化も決定しました。

 "この本を読んで非接触生活に興味を持ちました"
 というお便りをたくさんいただいています。


 「非接触生活を実践すると
  どのような肌トラブルが改善するのか?
  というお問い合わせも増えていますね」


 そうなんです、白木さん。

 そこで今回は、非接触生活が対象としている肌トラブル、
 改善する症状・しない症状についてお話したいと思います。

☆------------------------------------------------------------☆

            ── 非接触生活で ──

           『改善する症状・しない症状』の秘密

☆------------------------------------------------------------☆


 ▼そもそも非接触生活とは


 原因物質との接触によって起こる皮膚炎を
 『接触皮膚炎』といいます。

 日本皮膚科学会は『接触皮膚炎診療ガイドライン』のなかで
 皮膚科医による標準的な診療を提示しています。


 ┌────────────────────────────
 | 
 | 1.ガイドライン作成の背景
 | 
 | 接触皮膚炎は皮膚科医が診療する頻度の高い疾患であり、
 | 原因を確定し、その原因との接触を断つことができれば
 | 根治できる疾患である。
 | 
 | しかしながら、原因が明らかにされていない場合や、
 | 適切な防御方法がとられていない場合には
 | 難治となり治療に苦慮することが多い。
 | 
 |         (『接触皮膚炎診療ガイドライン』より)
 | 
 └────────────────────────────


 ガイドラインでは、
 肌トラブルの原因を確定することや
 接触を断つことが難しいという前提で、
 対症療法として薬剤の使用を中心とした治療を提示しています。






 ▼"一次刺激性物質"の存在に注目


 しかし、皮膚科に通院し、処方された薬を使用しても
 症状が改善しない方がいるという現実がありました。


 「そこで立ち上がったのが非接触生活研究会ですね?」


 はい。

 非接触生活研究会は、一般的には明らかにされていなかった
 日常生活で刺激となりうる一次刺激性物質を洗い出すとともに、
 それらとの接触を断つ方法を研究してきました。

  ◎非接触生活研究会
 http://hisesshoku-ryouhou.com  


 "8つの生活習慣"は、一般の方の協力により集まった
 モニタリング事例4,500件のデータを基に、
 肌の弱い人が肌トラブルを起こした状況を分析し、
 原因物質との接触を断つ方法をまとめたものです。

  ◎非接触生活・8つの生活習慣
   http://hisesshoku-derm.com/contents/style/nanimo.php






 ▼非接触生活で改善する症状


 「肌トラブルにはさまざまなものがありますが、
  非接触生活を実践することによって
  どのような症状が改善するのでしょうか?」


 一次刺激性物質との接触が原因と思われる肌トラブルは
 非接触生活を実践することで改善できます。


 具体的には、次のような症状の改善事例があります。


 << 改善事例のある症状 >>

  ・肌の赤み、炎症
  ・脂漏性皮膚炎
  ・湿疹
  ・ニキビ
  ・アトピー性皮膚炎
  ・毛孔性角化症
  ・乾燥感(カサつき)
  ・酒さ
  ・かゆみ
  ・毛穴の開大や黒ずみ
  ・過剰な皮脂分泌によるテカリ
  ・フケ






 ▼非接触生活で改善しない症状


 「反対に、非接触生活を実践しても
  改善しない症状もあるのでしょうか?」


 非接触生活は一次刺激性物質との接触によって起こる
 肌トラブルを対象としていますから、
 接触性ではない症状の改善をはかることはできません。


 << 改善できない症状 >>

  ・蕁麻疹や、食物アレルギーによる皮膚症状
  ・膠原病などの疾患による皮膚症状
  ・真菌、ウイルスなどの感染性皮膚疾患


 非接触生活を実践することでできるのは
 美容・健康の範囲での改善です。
 疾患が疑われる方は皮膚科専門医を受診してくださいね。

 また、接触性の皮膚炎であっても
 日常的に洗浄剤等の一次刺激性物質に接触している方
 (職務上、一次刺激性物質との接触が避けられない方)は
 非接触生活を実践しても改善が期待できない場合があります。






 ▼非接触生活研究会の今とこれから


 「現在、非接生活触研究会はどのような状況にあるのでしょうか?」


 みなさんのご協力によって
 日常生活でどのようなものと接触すると肌トラブルが起こるのか、
 ほぼリストアップすることができました。

 ライフスタイルが多様化し、
 日常生活で肌に触れるものは人それぞれ異なりますが、
 どんな方もご自分でトラブルの原因を推測・発見し、
 取り除くことができるよう情報を提供しています。


  ☆自分で見つける!『原因発見法』の秘密(1)
   http://hisesshoku-derm.com/archives/2013/10/383.php

  ☆自分で見つける!『原因発見法』の秘密(2)
   http://hisesshoku-derm.com/archives/2013/11/385.php



 「慢性的な皮膚疾患など、切実な悩みを持つ方が
  一日も早く肌トラブルから解放されて
  前向きに過ごせるようになることを
  牛田さんも白木も、願っています!」


 そうですね。

 非接触生活研究会では、医師への普及活動を継続するとともに
 肌の弱い人が安心して生活できる環境を
 少しずつ作って行きたいと考えています。

 非接触生活を実践されているみなさん、
 これからもよろしくお願いいたします。


 





 ☆ご相談・ご質問など、お気軽にどうぞこちらへ。
  →→ http://hisesshoku-ryouhou.com/archives/06info/info.html

【次のエントリー】
 →第459号 あきらめないで!『改善が進まないときは』の秘密

【前のエントリー】
 → 第457号 きっかけ?『非接触生活を始めた理由』の秘密

このページのTOPへ