バックナンバーメールマガジン「秘密の皮膚科学」

2020年11月24日配信

第641号 頭皮も髪も接触の影響?『べたつきやフケが気になるとき』の秘密

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2020/11/24━☆
    健康な素肌を取り戻すために知ってほしいこと

           「秘密の皮膚科学」

    第641号 発行者:シニアフェロー 牛田専一郎
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆


 みなさん、こんにちは。
 シニアフェローの牛田専一郎です。


 「最近なんだか髪の毛がべたつくんですよね。
  心なしか肌の調子も悪いような・・・」


 おや。
 お湯洗髪はすっかりベテランのはずの
 白木さんが、今日は浮かない顔をしていますね。

 読者の方からも髪の毛のご相談が
 届いていますので、見てみましょう。


☆-------------------------------------------------------☆

          頭皮も髪も接触の影響?

      『べたつきやフケが気になるとき』の秘密

☆-------------------------------------------------------☆


 ▼ときにはシャンプーも必要ですか?


 今回ご紹介するのは、Yさんからのご相談です・


 Yさん
 ━━━━━━━━━━━━━━━

 いつもメールマガジンを有難うございます。
 ずっと以前に御本も熟読して無シャンプー、
 無リンスのお湯洗髪を続けております。

 * ------------ * ------------ * ------------ * ------------ *

 このところですが、朝よ~く髪を
 とかしていますが、櫛に白い粉が
 付くようになりました。

 だんだん増えてきて櫛が粉で
 真っ白になるようになり、
 気持ちが悪くなっています。

 いわゆるフケなのか、無臭ですし
 毛髪のところには
 目立って見えるものがありません。

 * ------------ * ------------ * ------------ * ------------ *

 髪も幾分油分が残るようになり、
 熱めのお湯で良く流して洗っていますが、
 少々べとつくのが気になり、
 一度美容院で洗髪してもらったら
 とてもスッキリしました。

 時々、シャンプーで洗った方が良いのか
 どうしたものかと考えています。
 そのような事例がありましたら、
 どうしたらよいか教えて頂ければ幸いです。

 ━━━━━━━━━━━━━━━


 ときどきシャンプーをして
 『リセット』していますという方も
 いらっしゃいますが。

 頭皮も髪の毛もタンパク質ですので、
 シャンプーを使うことで傷んでしまいます。

 そして肌と違い、髪の毛は死んだタンパク質で
 できていますから、一度傷んでしまうと
 元に戻らないのです。


 「それでもツヤツヤさらさらした手触りに
  なりますよね?健康そうに見えるのですが」


 それは、リンスやトリートメントで
 髪をコーティングしてきれいに
 「見せて」いるだけなのです。






 ▼白い粉の正体は?


 「髪の毛につく白い粉の正体は
  一体何なんでしょうか?」


 頭皮の角質が異常剥離しているようですね。
 そんなときは頭皮に一次刺激性物質が接触して
 いることが考えられます。

 たとえば・・・



 ●寝具や帽子

  洗濯洗剤を切り替えられていないと、
  枕カバーなどの寝具カバーに
  残留している一次刺激性物質の
  影響を受けてしまいます。

  洗えない素材の帽子にも
  接触しないようにしましょう。



 ●ヘアブラシ

  ヘアブラシにも、抗菌加工がされている
  ものが多く見られます。
  毛に加工がされていないものを選びましょう。



 また、頭皮を力強くゴシゴシこすって洗っていたり、
 汚れたヘアブラシで髪をとかしていると
 フケが出やすくなります。

 顔を洗うときと同じように、
 頭皮もやさしく洗ってくださいね。


 ☆ヘアブラシの洗い方はこちらの動画を↓
  https://jstcd.or.jp/dataroom/2014_06_20140612/
  ご参考になさってください。






 ▼おわりに ~頭皮も顔とおなじ意識でケアを~


 今回は髪のベタつきやフケのご相談に回答しました。
 白木さんも、思い当たることはありましたか?


 「そういえば最近ふとんカバーを新しく
  したんです。2回以上洗濯したのですが、
  まだ影響が出てるんでしょうか」


 最近の寝具カバーには強い加工がされて
 いるものが多いので、まだ落ち切れて
 いないのかもしれません。

 何回洗っても影響が出続ける場合は、
 指定洗剤で洗ったタオルを衿カバーとして
 つけましょう。

 見えにくい場所ではありますが、
 頭皮も顔や身体の皮膚と同じように、
 ちょっとしたことに大きな影響を受けている
 場合があります。

 身の回りのものを確認してみてくださいね。





 ☆ご相談・ご質問など、お気軽にどうぞこちらへ。
  →→ https://jstcd.or.jp/contact/

【次のエントリー】
 →第642号 広告表現?『シャンプーに期待するもの』の秘密

【前のエントリー】
 → 第640号 ハンドクリームは必須?『治まらない手荒れ』の秘密

このページのTOPへ