メールマガジン「秘密の皮膚科学」

2012年12月25日配信

第341号 生活や加齢で変わる?『肌の強さ』の秘密

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2012/12/25━☆
     健康な素肌を取り戻すために知ってほしいこと!

            「秘密の皮膚科学」

     第341号 発行者:シニアフェロー 牛田専一郎
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆


 みなさん、こんにちは。
 シニアフェローの牛田専一郎です。


 白木さん、早いもので
 2012年も残すところあと数日ですね。


 「本当に早いですね~。
  なんだか年を重ねるたびに早くなっていくような......。

  ところで牛田さん、
  年齢とともに肌の強さって変わるんでしょうか?」


 肌の強さについては
 読者の方からもご質問をいただいているんですよ。

 一年の終わりにじっくり考えてみましょうか。

 肌の強い人・弱い人の定義についても
 あらためて確認しましょう。

 
 

☆------------------------------------------------------------☆

           ── 生活や加齢で変わる? ──

              『肌の強さ』の秘密

☆------------------------------------------------------------☆


 ▼肌の強さ・3つの質問にお答えします


 ┌────────────────────────────
 | 
 | 【Q1.非接触療法で刺激物への耐性が落ちる?】
 | 
 | 
 | 寒くなってから鼻水がでるようになったので
 | ティッシュを使い始めたところ、小鼻や鼻の下が
 | ひりひりするようになってしまいました。
 | 
 | 非接触療法を始めて以来
 | 初めてワセリンを使っていたのですが
 | バックナンバーを読み返して、
 | ティッシュを断つことに決めて
 | 無漂白のペーパータオルに差し替えることにしました。
 | 
 | 今はジップロックの袋に
 | 小さくカットしたペーパータオルを入れて
 | 持ち歩いています。
 | 
 | そこでひとつお伺いしたいのですが、
 | 非接触療法を続けていると刺激物への耐性が落ちたり、
 | 反応が出やすくなったりするのでしょうか?
 | 
 | といいますのも、ティッシュをはじめ、
 | すすぎ残りの風呂場用洗剤でも
 | 顔に顕著な反応があったのです。
 | 
 | 家族は、"非接触療法を始めてから
 | 今までになかった肌トラブルが起こるようになったのでは?"
 | と疑問に思っている様子です。
 | 
 | 自分では、乳液やクリームをつけていた時も
 | 改善しなかった粉ふきが今年はないので、
 | 非接触療法の効果を実感しているのですが......。
 | 
 | 一次刺激物との接触が少なくなると
 | 肌に現れる反応が大きくなる、
 | ということがあるのでしょうか?
 | 教えてください。
 | 
 |                     (30代・女性)
 | 
 └────────────────────────────


 "何もつけない生活"をしていると、
 肌の弱い人でも、季節に関係なく
 健康な素肌を保つことができます。

 しかし、これは
 『肌が強くなったから』ではありません。

 炎症や湿疹、カサつきなどのトラブルを引き起こす
 原因物質と接触していないだけなのです。

 何もつけない生活をしている人が
 強い接触があったときや、弱い接触が続いたときに
 ダメージが現れやすくなったように感じるのは
 そのためです。

 一次刺激性物質は目には見えません。
 特に、最近の衣類・寝具・日用品などには
 化学処理が施されたものが増えていますから
 一次刺激性物質と気づかずに触れてしまう
 という状況が起こりやすくなっています。

 ご質問のメールのように
 何気なく使ったものが原因で
 急に炎症やニキビ、カサつきが現れて
 びっくりしてしまう人も多いでしょう。

 急なトラブルは
 原因を特定しやすいので、すみやかに
 思い当たるものとの接触を断ちましょう。

 一次刺激性物質との接触を避ければ
 すぐに肌の状態は元に戻るはずです。

 

 


 ┌────────────────────────────
 | 
 | 【Q2.加齢によって肌質が変わる?】
 | 
 | 
 | 「肌の強い人は、界面活性剤やシリコンなどの
 |  一次刺激性物質を含む化粧品を使っても
 |  トラブルが表面に現れにくい。」
 | 
 | という説明がメルマガにありましたが
 | 表面には現れないけど......?
 | どうなるんでしょう??
 | 
 | 表面に現れなければ
 | まったく問題ないのでしょうか。
 | 
 | 例えば、加齢とともに体質が変わって
 | トラブルが表面に現れてくる場合もあるのでしょうか。
 | 
 | それとも、生まれつき肌の強い人は
 | 一生大丈夫なのでしょうか。
 | 
 |                     (50代・女性)
 | 
 └────────────────────────────


 ◎肌の強い人も"接触の積み重ね"にご用心


 以前は化粧品を使っていても肌がきれいだったのに
 突然トラブルが出るようになったという方もいるでしょう。

 これは肌が弱くなった、敏感になったというわけではなく、
 トラブルが現れる閾値まで
 接触の影響が重なったと考えています。

 (どの程度の接触をすると
  目に見えるトラブルになるかは個人の肌の強さによります)

 大人になってさまざまな化粧品を使うようになったことが
 肌トラブルのきっかけ、という方もいますが
 それだけではないようです。

 現在は以前に比べて
 抗菌・柔軟加工をした日用品が増えているため
 知らぬ間に接触が積み重なりやすくなっています。

 そのため、肌が強いと思っていた方も
 突然トラブルが現れることがあるようです。

 

 ◎肌の強さは加齢で変化しない


 肌の強い人でも、接触後に測定をすれば、
 紅斑値などの数値に変化が現れていることでしょう。

 ただ、(あくまでも牛田のイメージですが)
 肌の強い人はタンパク質の修復が早く、
 ダメージとして残りにくいようです。

 肌の強さは生まれつきですので、
 加齢によって変化することはありません。

 肌の強い人が一生強いままでいられるかどうかも、
 生まれつきのもので、個人差があります。

 一次刺激性物質の接触が現れにくい、
 本当に肌の強いタイプなら
 年齢を重ねても接触の影響を受けにくいでしょう。

 ただ、自覚しているかどうかは別として、
 シミやしわなど肌に悩みのない『本当に肌が強い人』は
 20%未満で、かなり少ないのではないかと思います。

 いつか統計をとってみたいですね。

 

 


 ┌────────────────────────────
 | 
 | 【Q3.「肌が薄い」と「肌が弱い」は同じ?】
 | 
 | 
 | 「肌が薄い」と「肌が弱い」は
 | イコールなのでしょうか。
 | それとも違うのでしょうか?
 | 
 | また、どういう人が「肌が薄い人」なのでしょうか?
 | 
 |                        (女性)
 | 
 └────────────────────────────


 皮膚生理の観点からお話しすると
 肌の厚さには大きな個人差はありません。

 厚いほうが肌が強いとか、健康である、
 ということもありません。

 肌が弱い人とは、
 一次刺激性物質との接触の影響を受けやすい人です。

 毛穴、シミ、乾燥、シワ、くすみ、ニキビ、
 赤み、テカリ、アトピー、アレルギー、毛孔性角化症......

 などの悩みが一つでもある方は
 「肌が弱い人」に当てはまります。

 なお、ときどき質問をいただくことがありますが
 洗顔時に多少こすってしまっても
 皮膚が薄くなることはありません。

 ご安心くださいね。

 

 


 ▼本年もご愛読ありがとうございました


 2012年最終号は
 ご質問にお答えしながら
 肌の強さについて考えてみました。

 白木さん、いかがでしたか?


 「日々の暮らし方が肌に現れるんだな~と
  しみじみ思いました。

  目には見えなくても、
  毎日積み重ねているんですよね」


 年末年始は、肌についても
 じっくり見直し&新たなスタートをきる
 いい機会かもしれませんね。 


 読者のみなさん、フェローのみなさん、
 本年もご愛読いただき、
 ありがとうございました。

 来年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 ☆質問・疑問などがありましたら、
  お気軽にどうぞこちらへ。
  →→  http://hisesshoku-derm.com/archives/01about/info.php

 

 

【次のエントリー】
 →第342号 蔵出し?『うれしいご報告』の秘密

【前のエントリー】
 →第340号 コートも洗濯?『続・日常に潜む接触』の秘密(3)

このページのTOPへ