メールマガジン「秘密の皮膚科学」

2006年04月04日配信

第69号 お肌の美は"知ること"から!『傷が治るしくみ』の秘密(3)

 みなさん、こんにちは。
 コスメプロデューサー・牛田専一郎です。


 "傷ができてしまった!"

 そんなとき、みなさんが
 薬箱から取り出すものといえば何でしょうか。

 消毒液?
 ガーゼ??


 この2つを思い浮かべる方が多いかもしれません。

 でも。

 それよりも、もっと早く、
 しかもキレイに!

 傷口を治す方法があるんですよ。

☆----------------------------------------------------------☆

      ――お肌の美は"知ること"から!――

        『傷が治るしくみ』の秘密(3)

☆----------------------------------------------------------☆


 ▼ここまでのおさらいです


 先週まで、2回にわたって
 『傷が治るしくみ』についてお話してきました。

 白木さん、いかがでしたか?



 「いやー、びっくりの連続でしたよ。

  ☆びっくりの1つ目は、
   なんといっても、『細胞が移動してくる』ってこと。

   周囲から健康な細胞が移動してきて、
   欠損部分を覆ってくれるから表皮が再生するんですね!


  ☆そして、びっくりの2つ目は、
   傷を早く治すためには『傷口を乾かさない』ってこと。

   傷口は風にあてたほうがいい、
   なんて言う人もいるけど、これは間違い。

   細胞は乾燥に弱い性質を持っているから、
   傷口は何かで覆って、湿らせておいたほうがいいんですね。


  ☆そしてそして、最後のびっくりは......

   傷口の表面にできる
   『"ジュクジュク"も乾かしてはいけない』ということ。

   このジュクジュクこそが、細胞を呼び集め、
   細胞どうしの調節を図ってくれる細胞成長因子だったんですね」


    ○さらに詳しく! という方はバックナンバーをどうぞ

     第67号 ~『傷が治るしくみ』の秘密(1)~
      → http://hisesshoku-derm.com/archives/2006/03/67.php

     第68号 ~『傷が治るしくみ』の秘密(2)~
      → http://hisesshoku-derm.com/archives/2006/03/68.php



 ▼傷ができてしまったら?


 「でもね、牛田さん。
  傷が治るメカニズムはよ~く分かったけど、
  それを実践するにはどうしたらいいんですか?

  ☆傷口を乾かさない
  ☆傷口の細胞成長因子を外に逃がさない

  ようにするためには、
  傷口にどんな手当てをしたらいいんでしょう?」



 白木さんの疑問、ごもっとも。

 傷口を密閉・閉鎖する"うるおい治療"の
 具体的な方法をご説明しましょう。


 .-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.

     ――早く・キレイに治る!――

   【傷ができてしまったときの対処法】

 ------------------------------------------

  1)水道水で傷口を洗う

    ↓

  2)水分を拭き取って、
    血が止まるまで手でおさえておく

    ↓

  3)ラップにワセリンを塗って
    傷口にあてる

    ↓

  4)絆創膏などで動かないように止める。
    固定したい場合は包帯を巻く

    ↓

  5)通常は1日1回、
    暑い季節なら1日2~3回、絆創膏を交換する。
    そのときに傷周辺を洗う。
    入浴もOK。

    ↓

  6)つるつるの皮膚ができたらおしまい!

 .-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.



 ▼誰でもできる、うるおい治療


「へぇ~~。
 牛田さんが『傷口を密閉・封鎖する』なんて言うから、
 もっと難しいのかと思ったら、
 意外にカンタンなんですね。
 私にもできそう!」



 ええ。本当にカンタンなんです。

 必要なものは、

 ・ワセリン
 ・ラップ
 ・絆創膏

 だけ。
 どれも、家の中にありそうなものですよね。


 ワセリンは使ったことない!
 って方がいらっしゃるかもしれませんが、
 たいていの薬局で取り扱っていますよ。

 しかも、お手ごろ価格なのが魅力です。


    ○ワセリンについて、こちらで詳しくお話しています。

     第60号 ~キケンなの!? 『ワセリン』の秘密~
     → http://hisesshoku-derm.com/archives/2006/03/67.php



 ▼お肌の美は、知ることから


 傷ができてしまったら、
 消毒をして、ガーゼをあてて、
 あとは治るまで放っておく......

 という方が多いかもしれません。


 皮膚は強く・たくましい器官ですから、
 それでも傷は治ります。


 しかし。

 密閉・封鎖しておくことによって
 傷口はもっとキレイに、もっと早く治ります。

 世間では、まだまだ
 "消毒&ガーゼ"の治療が広く行われていますが、
 『秘密の化粧品』を読んでくださっているみなさんには、
 本当のことを知っていただきたい。


 そんな思いでこの特集をお届けしました。

 お肌の美は、お肌を知ることから始まります。
 本当のことを知るだけで、防げること、避けられることが
 たくさんあるのです。


 これからも、牛田がお届けする"お肌のホント"を
 楽しみにしていてくださいね。


  ★牛田への感想・コメントがありましたら、
   お気軽にどうぞこちらへ。
  http://hisesshoku-derm.com/archives/01about/info.php



-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
 【参考文献】
-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-


 今回のお話は、現役のお医者様でいらっしゃいます
 夏井睦先生のご著書を参考にさせていただきました。

 ○『これからの創傷治療』
  http://www.igaku-shoin.co.jp/prd/00125/0012501.html

 ○『さらば消毒とガーゼ 〈うるおい治療〉が傷を治す』
  http://www.shunjusha.co.jp/detail/isbn/978-4-393-71617-5/

 夏井先生、ありがとうございます。



*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
   ☆メルマガ☆『秘密のプロジェクト』も好評配信中!
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

 はげしく稼動中! の『秘密のプロジェクト』。
 "ほやほや"の最新情報をメルマガでお届けしています。

 最新号をちょっとだけご紹介。


 ○イベントが開催されました!
 ============================
 それはモニター・スタッフを対象にした
 メールのマナー(メール術)の勉強会でした。

 こんな様子でした↓
 http://hisesshoku-ryouhou.com/archives/2006/03/1.html
 

 ○今週の気になる測定結果!
 ==========================
 新バージョン、嬉しい数値の変化!?
 こちら↓
 http://hisesshoku-ryouhou.com/archives/2006/04/post_24.html
 

 ○新たにスタッフ募集か?
 ========================
 バーチャル・プロジェクトスタッフ構想とは!?

 ○mixiで「秘密の化粧品」のコミュニティが始動。
 こちら→< http://mixi.jp/view_community.pl?id=314251 >

 ...続きは『秘密のプロジェクト』をお読みくださいね。

 ☆ご登録はこちらからどうぞ!
 →< http://www.mag2.com/m/0000148285.htm >

【次のエントリー】
 →第70号 ニキビ跡の凹みを作らないためには『傷が治るしくみ』の秘密(4)

【前のエントリー】
 →第68号 お肌の美は"知ること"から!『傷が治るしくみ』の秘密(2)

このページのTOPへ