メールマガジン「秘密の皮膚科学」

2005年11月15日配信

第54号 『傷と乾燥』の秘密

 みなさん、こんにちは。
 コスメプロデューサー・牛田専一郎です。


 前回は、傷にまつわる"常識のウソ"についてお話しました。
 いかがだったでしょうか?


   ○第53号 ウソ? ホント? 『傷』の秘密
    → http://hisesshoku-derm.com/archives/2005/11/53.php


 このお話をした直後、なんと
 白木さんは包丁で指を切ってしまったとか。



 「ぼんやり考え事をしながらタマネギを刻んでいたら、
  人差し指をちょこっとだけ......。
  でも、"傷の秘密"を知った後だったから、
  あんまり慌てずに対処できたんですよ。
  メルマガの内容どおりに、

  ・消毒をしないで
  ・水で洗い流して
  ・ガーゼをあてずに

  過ごしていたら、まだ1週間も経たないのに
  傷口がきれいにふさがってきました。よかったぁ」



 白木さん、どうぞお大事に。
 さっそくお役に立つことができてよかったです。

 実はもうひとつ。
 読者のみなさんにご紹介したいお話があるんですよ。

 今週も最後までお付き合いくださいね。

☆----------------------------------------------------------☆

      『傷と乾燥』の秘密


☆----------------------------------------------------------☆


 ▼傷は乾かしたほうがいい?


 先週は"創傷ケアの「常識の嘘」"についてお話しました。

 でも、牛田がこの事実を知った経緯については
 お話していませんでしたね。


 そもそも牛田は、
  ・ニキビで悩んでいる読者の方が、意外なほど多いこと
  ・そして、病院に通っても治らないとの不満が多いこと
 を、ずっと疑問に思っていました。


 そして、ある日もそんなことを考えながら
 書店の医学書コーナーを歩いていましたら。

 夏井 睦(なつい まこと)先生の

  ・「創傷治療の常識非常識」(三輪書店)
  ・「これからの創傷治療」(医学書院)

 に出合ったんです。     


 思わず買い求めて拝読いたしました。


 そして、夏井先生のサイトを訪れたのです。

  ○新しい創傷治療
   → http://www.wound-treatment.jp/


 前回もご紹介しましたが、夏井先生は
 長野県松本市にある相澤病院のお医者さま。
 「傷」の専門家でいらっしゃる方です。

 夏井先生のサイトに掲載されているお話の数々は、
 おそらく、かなり目新しいもの。
 "既存の常識"にどっぷりと浸かっている方には
 いささかショッキングな内容かもしれません。


 お肌の専門家である牛田でさえも、
 エェ~! と驚いたり、
 ヘェ~。 と感心したり。
 目からウロコをボトボトと落としています。

 そして。
 夏井先生のサイトを読みながら、もうひとつ見つけたのです。
 『秘密の化粧品』読者のみなさんにぜひともお伝えしたい情報を。

 それは、


 "傷は乾かしてはいけない"


 ということなんです。



 ▼皮膚にも弱点がある


 まずは、夏井先生のサイトにある文章を引用させていただきましょう。

 -=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

 真皮の唯一の弱点,それが乾燥だ。
 乾燥させると真皮はすぐに死んでしまう。
 
 そして同時に・・・「真皮の中にある表皮」である
 毛穴も汗管も死んでしまう。
 そして,死んだものはもう生き返らない。

 ということは,表皮欠損創(すりむき傷や熱傷)を乾燥させると
 傷は治らなくなってしまうのだ。
 当然の話である。
 つまり,「傷を乾かすと傷は治らない」のだ
 (「傷は治ると乾く」・・・というのが正しい)。

 -=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

    ☆全文はこちら
     → http://www.wound-treatment.jp/wound008.htm


 白木さん、いかがでしょうか?



 「たしか、真皮はお肌の土台の部分。
  この部分を傷つけてしまうと、その部分だけ
  お肌が凹んでしまうんですよね?」



 その通り。
 白木さん、よく覚えていましたね。


 真皮については、以前にお話したことがありました。


   ○第10号 「大人のニキビ」の秘密(3) ~対処編~
    → http://hisesshoku-derm.com/archives/2004/12/10.php

   ○"真皮"ってどこ? という方はこちらをどうぞ。
    「皮膚の構造」
    → http://www.wound-treatment.jp/wound005.htm


 真皮は皮膚の再生に欠かせない層。
 そして、夏井先生がおっしゃっているように
 乾燥にとても弱い性質を持っているのです。

 だから、お肌に傷ができてしまったら。
 そして、その傷をキレイに治したいのなら。
 傷 を乾燥させないことがとても大切なのです。



 ▼ニキビも傷なら......



 「牛田さん、気になることがあるんですけど......」



 何です?



 「ニキビ用の化粧品って、
  "さらさらパウダー入り"
  とか、
  "テカらない成分入り"
  って謳ってますよね。

  つまり、ニキビ用の化粧品は
  乾燥を促すような成分を含んでいるってことですよね。

  そんなものを使いながら真皮を傷つけてしまったら、
  ニキビの跡が残りやすくなってしまうのでは??」



 白木さん、いつになくスルドイですね。

 その通りなんです。
 牛田が、

  ○ニキビも傷のひとつ!
  ○ニキビができているときはニキビ専用の化粧品を使わないこと!


 と口酸っぱく言っているのは、そういう理由もあるのです。



 ▼お肌に傷ができてしまったら


 「じゃあ、結局のところ、
  お肌にニキビの傷ができてしまったら、
  どうしたらいいんですか?」



 先週のおさらいになりますが、
 ポイントは4つあります。


 1つ目は、傷口を殺菌・消毒しないこと。
 殺菌・消毒を行うと、傷の治癒が遅れてしまいます。

 2つ目は、傷口にガーゼをあてないこと。
 これもまた、傷の治癒が遅れる原因になります。

 3つ目は、傷口を水で洗うこと。
 傷口の化膿を予防し、また、治癒を促進させる効果があります。


 そして、4つ目は......

 "傷を乾燥させないこと"です。


 かといって、化粧水や乳液をベタベタとつけていいはずは......
 ありませんよね。
 健康なお肌の機能さえもおびやかす化粧水や乳液が、
 傷ついたお肌にいいはずがありません。



 「じゃあ、ニキビの傷を乾燥させないために、
  具体的にはどうしたらいいんですか?」



 残念ながら、ニキビの閉鎖療法については
 まだ臨床例が少なく、ニキビの場合は
 単純に傷としての処置がしにくいようなのです。



 「そうですか......。
  どうしたらいいか、早く知りたいですね」



 そうですね。
 これからも、牛田は情報を集め続けます。
 有力な情報が見つかり次第、このメルマガで
 お知らせしていきますから、楽しみにしていてくださいね。



 ▼牛田からのお詫びと訂正


 ここで、みなさんにお伝えしておかなければならないことがあります。
 以前にお届けしたメルマガの中に、こんな一文がありました。
 
 ===============================================================

 > むしろ、乾いた状態にしておくと早く治りますよ。
 > これは怪我などでできてしまった傷の対処と同じですね。

 ===============================================================


 ここまでの内容を読んでこられた方は
 すでにお分かりですよね?

 事実は、まったく逆だったのです。

 傷を乾燥させると、治りが遅くなってしまいます。
 そして、跡が残ってしまう可能性が高くなります。

 お詫びして訂正いたします。

 (※以下の記事には、修正のコメントを加えています)
 
   ○第10号 「大人のニキビ」の秘密(3) ~対処編~
    → http://hisesshoku-derm.com/archives/2004/12/10.php



 ▼詳しくはこちらを


 傷のホントをもっと知りたい!
 という方は、ぜひこちらをご覧ください。


  ○創傷治癒の基礎知識
   → http://www.wound-treatment.jp/title_kiso.htm


 今日お話した内容も掲載されています。


* * * * * * * * * * * *


 先週・今週と2回にわたって
 夏井先生のお話を引用させていただきましたが、
 いかがだったでしょうか?


 感想や疑問などありましたら
 牛田までお気軽にお聞かせくださいね。

  http://hisesshoku-derm.com/archives/01about/info.php


 では、次号の『秘密の化粧品』をどうぞお楽しみに!!



*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
 ☆メルマガ☆『秘密のプロジェクト』も好評配信中!
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

 はげしく稼動中!の『秘密のプロジェクト』。
 "ほやほや"の最新情報をメルマガでお届けしています。

 最新号をちょっとだけご紹介。

 ○でも、本当は嬉しい!
 =====================
 またも苦しい・・・と始まった今週号。
 読者からのメールに牛田は何が苦しいのでしょう。
 でも嬉しいとは!?

 ○ゆっくりですが確実に!
 =======================
 今週の気になる測定結果は?
 ゆっくりですが確実に変化しています。
 → http://hisesshoku-ryouhou.com/archives/2005/11/1183.html#1108data

 動機はいろいろ・・・モニター応募をした訳は?

 ...続きは『秘密のプロジェクト』をお読みくださいね。

 ☆ご登録はこちらからどうぞ!
 →< http://www.mag2.com/m/0000148285.htm >

【次のエントリー】
 →第55号 どうして? 『皮膚外傷学』の秘密

【前のエントリー】
 →第53号 ウソ? ホント? 『傷』の秘密

このページのTOPへ