メールマガジン「秘密の皮膚科学」

2005年11月08日配信

第53号 ウソ? ホント? 『傷』の秘密

 みなさん、こんにちは。
 コスメプロデューサー・牛田専一郎です。


 先週号では、読者の方からいただいた質問と、
 牛田からの回答を一挙掲載いたしました。

 いかがだったでしょうか?


  ○第52号"『何もつけないQ&A』の秘密"
   → http://hisesshoku-derm.com/archives/2005/11/52.php


 私も『何もつけない』を始めてみようかな。
 ひとりでも多くの方にそう思っていただけたらうれしいですね。

☆----------------------------------------------------------☆

    ウソ? ホント? 『傷』の秘密


☆----------------------------------------------------------☆


 ▼覚えていますか?


 さて、白木さん。
 先週号で一番最後にご紹介したメールを覚えてますか?


 「お医者様からいただいたメールですよね。
  ええと......こちらですね」



 ┌――┐
 |\/| 【驚きを隠せません......】
 └―――――――――――――――――――――――――――――――
 |
 | それにしても,化粧品業界(全てとはいいませんが)の
 | デタラメさには驚くばかりです。
 |
 | この業界は「皮膚呼吸」という言葉を使うのが好きですが,
 | 皮膚で呼吸をしているのはカエルなどの両生類だけです。
 |
 | 流行のコラーゲンも噴飯もの。口から食べたコラーゲンは
 | 皮膚の成分になりません。ヒアルロン酸も同じでしょう。
 |
 | 皮膚にコラーゲンを塗る,に至っては言葉もありません。
 | 馬鹿か君たちは,という感じです。
 |
 | 高校程度の生物の知識があれば,
 | 皮膚にコラーゲンを塗っても無駄ってことは分かると思います。
 |
 | こういうインチキ情報で食っている業界,
 | そういうインチキ情報に振り回される消費者......,
 | 外部から見ていると、
 | 詐欺師と被害者が手を取り合っているようにしか見えません。
 |
 └―――――――――――――――――――――――――――――――

 こちらのメールを下さったのは、
 夏井 睦(なつい まこと)先生。
 長野県松本市にある特定医療法人慈泉会 相澤病院のお医者様です。


 夏井先生は「傷」の専門家でいらっしゃいます。
 そして、こちらのサイトを開設されています。


  ○新しい創傷治療
   → http://www.wound-treatment.jp/


 ウンウンと頷いたり、ウ~ンと唸ったり。
 こちらのサイトを拝見しながら、牛田は強く思いました。
 夏井先生のお話を、メルマガ読者の方にぜひご紹介したいと。

 そしてその旨先生にメールでお願いしたところ、


 "もちろん,構いません。"


 とご快諾をいただくことができました。
 夏井先生、ありがとうございます!


 というわけで。
 今日は「傷のウソ・ホント」についてお話します。



 ▼あなたの常識は真実?


 次の○×クイズに答えてみてください。

 -=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

 1.傷(裂傷,挫傷,縫合創,熱傷,褥瘡など...)は必ず消毒する。
   消毒しなければいけない。

 2.傷は消毒しないと化膿する。傷が化膿しないように消毒している。

 3.傷が化膿したので消毒する。

 4.傷にはガーゼをあてる。

 5.傷は濡らしてはいけない。縫った傷は濡らしてはいけない。

 6.痂皮(カサブタ)は傷が治るときにできる。
   痂皮ができたら傷が治る。

 -=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=


 白木さん、マルは何個ありましたか?



 「ええと......全部マルだったので、6つですね」



 正解を発表します。

 マルはひとつもありません。
 全部バツなんです。



 「ぜ、全部!?」



 夏井先生いわく、
 1~6の処置をすると、傷が治るどころか、
 治癒が遅れてしまうのだそうです。



 「でも、だってだって!
  転んだら消毒して、ガーゼをあてて、紙テープで止めて。
  小さい頃からずっと、そうしてきましたよ?」



 ええ。
 読者のみなさんもそうかもしれませんね。
 しかし、事実は違うのです。

 夏井先生のお話によると、現役の医療従事者ですら
 大多数が正しい知識を持っていないのだそうですよ。



 「『カサブタができたら治りかけのサインね』って、
  母親に言われながら大人になったのに......。
  ......(ブツブツ)」



 白木さん、ショックを隠せないようです。



 ▼これが新しい「常識」です


 さきほどのクイズ。
 正解と解説はこちらです。

 -=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

 1.傷は消毒してはいけない。
   消毒は,傷の治癒を遅ら妨害しているだけの
   無意味で愚かな行為である。

 2.消毒しても傷の化膿は防げない。
   傷の化膿は別のメカニズムで起こっている。

 3.化膿した傷を消毒しても,治療効果は全くなく無意味である。

 4.傷(特に皮膚欠損創)にガーゼをあてるのは,
   創治癒を遅らせる行為である。

 5.傷はどんどん洗ったほうが良い。
   傷の化膿の予防のためにも,治癒を促進させるためにも
   最も効果がある。縫合した傷も洗ってよい。

 6.痂皮(カサブタ)は傷が治らないときにできる。
   痂皮は創治癒がストップしているからできている。
   痂皮は創治癒の大敵である。

 -=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=


 傷ができたらまず消毒。
 それからガーゼをあてて、カサブタができるのを待つ。

 ......といった"従来の常識"を
 見事に覆す"新常識"ですよね。



 「消毒は無意味なんだ......
  ガーゼは逆効果なんだ......
  カサブタは『治りかけ』じゃなくて『治癒ストップ』のサイン......
  ......(ブツブツ)」



 白木さんのショックはまだ続いているようです。



 ▼牛田の想いに通じるものが......


 ここまでご紹介した、
 "傷は水で洗うこと、消毒してはいけない"

 という夏井先生のお話。


 "ニキビも「傷」である"

 と解釈すると、牛田が今までお話してきた理論に
 ピタリと合致するところがあるのです。


 皮膚についた汚れやばい菌だけでなく、
 皮膚を守る働きをする常在菌も除去してしまううえに、
 タンパク変性を起こす「界面活性剤」。


 そして、殺菌効果を謳った「ニキビ用化粧品」。


 これらを使用することで、
 ニキビの治りは遅くなる。

 今はお肌が健康な人も、
 やがてお肌を傷めていく。


 お肌の健康と美容の立場からそう訴えていた牛田ですが、
 創傷ケアの「常識の嘘」に気が付かない部分がありました。

 ところが、何年も前から「消毒とガーゼ」の撲滅を目指して
 活動をされているお医者様がいらっしゃったのです。


 そのことに、牛田は心強さとよろこびを感じています。



 ▼詳しくはこちらを


 今日お話した内容は、こちらのページで紹介されています。


  ○創傷ケアの「常識の嘘」
   → http://www.wound-treatment.jp/wound006.htm



 メルマガでの紹介に快いお返事をくださった夏井 睦先生、
 あらためてお礼を申し上げます。
 ありがとうございます。


 夏井先生のお話、まだまだご紹介させていただきたいものが
 たくさんあります。

 次号の『秘密の化粧品』をどうぞお楽しみに!!


 ★牛田への感想・コメントはこちらへ。
  http://hisesshoku-derm.com/archives/01about/info.php



*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
   ☆メルマガ☆『秘密のプロジェクト』も好評配信中!
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-


 はげしく稼動中!の『秘密のプロジェクト』。
 "ほやほや"の最新情報をメルマガでお届けしています。

 最新号をちょっとだけご紹介。

 ○前回のもの申す!に物申す!!
 ================================
 ネーミングに関する貴重なご意見を海外からいただきました。
 それを受けた牛田、深く静かに悩む......
 その結果は!?

 ○たった7日間でこの数値!
 ==========================
 紅斑値が70も低下!?
 この数値、ちょっとびっくりです。
 → http://hisesshoku-ryouhou.com/archives/2005/11/11213.html#data

 今週も続々と。

 ...続きは『秘密のプロジェクト』をお読みくださいね。

 ☆ご登録はこちらからどうぞ!
 →< http://www.mag2.com/m/0000148285.htm >

【次のエントリー】
 →第54号 『傷と乾燥』の秘密

【前のエントリー】
 →第52号 お答えします! 『何もつけないQ&A』の秘密

このページのTOPへ