メールマガジン「秘密の皮膚科学」

2013年10月15日配信

第381号 何もしない?『非接触療法を始めたら』の秘密(2)

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2013/10/15━☆
     健康な素肌を取り戻すために知ってほしいこと!

            「秘密の皮膚科学」

     第381号 発行者:シニアフェロー 牛田専一郎
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆


 みなさん、こんにちは。
 シニアフェローの牛田専一郎です。

 心地よい風が吹く秋は、
 何か新しいことを始めたくなる季節。

 "何もつけない生活"のスタートをきる方も多いようです。

 前回に引き続き今回も、
 非接触療法を始めたばかりの方から
 よくいただくご質問にお答えいたします。


  ☆前回は「肌が弱くなった気がする」という声を取り上げました

   第380号 敏感に?『非接触療法を始めたら』の秘密
   http://hisesshoku-derm.com/archives/2013/10/380.php

 

 

☆------------------------------------------------------------☆

             ── 何もしない? ──

            『非接触療法を始めたら』の秘密(2)

☆------------------------------------------------------------☆


 ▼何もしなければ肌が改善する!?


 ┌────────────────────────────
 | 
 | 【痒くて仕方ありません】
 | 
 | 肌断食を始めて1ヶ月半ほどになりますが、
 | 額を中心に肌が赤くただれて、
 | 痒くて仕方ありません。
 | このまま、様子を見てよいでしょうか?
 |                       (Kさん)
 | 
 └────────────────────────────

 ┌────────────────────────────
 | 
 | 【カサカサでザラザラです......】
 | 
 | 何もつけない生活を実践して、今日で5日目です。
 | カサカサで粉がふき、触るとぶつぶつざらざらです。
 | 
 | きっと肌が自力で回復しようとしてるのだと思いますが、
 | どのくらい続ければ改善していくのでしょうか?
 |                       (Iさん)
 | 
 └────────────────────────────

 ┌────────────────────────────
 | 
 | 【顔がつっぱってヒリヒリ痛みます】
 | 
 | 基礎化粧品をしないとありましたので
 | 2日やめてみましたが、
 | ヒリヒリ痛くて限界を感じています。
 | 
 | 顔がつっぱり、カサカサ皮むけしたり、
 | 皮膚がシワシワのお婆さんのようになって来ました。
 | このまま続けて大丈夫でしょうか?
 |                       (Mさん)
 | 
 └────────────────────────────

 

 


 ▼ただ「何もつけない」だけでは改善しません


 "何もつけない生活"を始めてから
 肌にかゆみが出たり、カサついたり、ヒリヒリしたり。

 こうした症状を
 "肌が改善する前の好転反応かも?"と
 思う方もいるようですが、
 原因は一次刺激性物質との接触にあります。

 何もつけていないはずなのに!?
 とお思いになるかもしれませんが、
 肌の状態が改善しない、または悪化するということは
 一次刺激性物質との接触が続いていることの証なのです。

 肌の乾燥や痛みを我慢しながら
 これまでと同じ生活を続けても
 肌の状態が好転することはありません。

 

 


 ▼あらためて、「何もつけない生活」とは


 "何もつけない生活"という言葉の響きから、
 基礎化粧品さえつけなければ肌の状態が改善する、
 と思ってしまう方が少なくないようです。

 しかし"何もつけない生活"とは
 スキンケアをしないことではありません。

 皮膚に一次刺激性物質が接触しないよう、
 自らコントロールすることなのです。

 ただ何もせずに改善を待つのではなく、
 主体的に接触物を見つけ出し、
 排除していくこと。

 これが非接触療法の重要なポイントです。

 

 


 ▼肌トラブルが改善しないときは


 基本理念のおさらいのあとは、
 具体的なお話を。

 何もつけない生活を始めたにもかかわらず
 肌トラブルが改善しないときは
 次の2点を確認しましょう。


 *----------*----------*----------*----------*----------*


  1.お湯洗髪、そして洗濯洗剤の切り替えはできていますか?

    何もつけないことは「基礎化粧品を使わないこと」
    だけではありません。

    落ちにくいメイクをしていたり、
    石けんで洗顔していたり、
    シャンプーで洗髪していたりすると、
    肌の状態は改善しません。

    また、後回しになりがちなのが「洗濯洗剤の切り替え」。
    寝具や衣類は接触する時間が長いため、
    肌に大きな影響を与えています。

 

  2.「8項目ができているのに」という方はリストアップ方式を。

    完璧に8項目が達成できているのはずなのに......
    という方は、日常生活を振り返り
    どんなものが肌に触れているか、
    リストアップしてみましょう。

    その方法はバックナンバーでご紹介しています。↓

    ☆第352号 自分でできる?『接触物の見つけ方』の秘密(1)
     http://hisesshoku-derm.com/archives/2013/03/352.php

    実際に書き出してみた方の多くが
    見落としていた接触を発見しているようです。
    
 *----------*----------*----------*----------*----------*

 

 


 ▼肌に変化が現れるのはいつ?


 直接・間接の接触物を
 完全に断つことができれば。

 ニキビの場合は
 翌日から新しいものができなくなります。
 カサつきも、翌日からなくなります。

 「毛穴って瞬間的に閉じるんですね」
 と言った測定フェローも。

 ニキビやカサつき、毛穴の拡がりは
 変化が現れるのが早い悩みです。

 毎日鏡を見ていると気づきにくいのですが、
 肌の赤みなら1週間程度で
 目に見える変化が出始めるでしょう。

 

 


 ▼「何もつけない」では伝わらない!?


 今回は、何もつけない生活・ビギナーから寄せられた
 「何もしなければ肌が改善する!?」
 という声にお答えしました。

 白木さん、いかがでしたか?


 「何もつけない生活とは、
  受け身で肌の改善を待つのではなく、
  能動的に生活を見つめ直すことだったんですね」


 ええ。

 しかし
 "何もつけない生活"という言葉では
 本来の意味を表現しきれていないように感じ始めているのです。

 今回取り上げたご質問のように
 何もしなくていいんだ、
 と誤解されることもありますからね。

 

 


 ▼牛田の言い換え案。いかがでしょうか?


 そこで、こんな言い換えを考えてみました。


 【肌の弱い人は、何もつけない生活をしましょう。】

      ↓  ↓  ↓  ↓

 【肌の弱い人は、非接触生活空間を作り、非接触生活習慣を身につけましょう。】

 

 その内容は......

  ◎非接触生活習慣を身につけましょう

   一次刺激性物質を含む化粧品や日用品を使用しないように。
   肌に触れる衣類や寝具は、指定の洗濯洗剤で洗いましょう。
   間接接触を避けるため、手洗いの習慣を身につけましょう。


  ◎非接触生活空間を作りましょう

   柔軟剤や抗菌剤を使用したイスやソファーにはカバーを。
   浴室内では一次刺激性物質を使わない・持ち込まない。
   一次刺激性物質で処理した畳やカーペット、建具を
   リフォームしましょう。(←これは理想を追い過ぎでしょうか?)

 

 肌の弱い人は、非接触生活空間を作り、非接触生活習慣を身につける。
 ちょっと長いフレーズになりますが......
 みなさん、いかがでしょうか?

 ぜひご意見をお聞かせくださいね。


 ☆お気軽にどうぞこちらへ。
  →→ http://hisesshoku-derm.com/archives/01about/info.php

 

 

【次のエントリー】
 →第382号 原因不明?『酒さ』の秘密

【前のエントリー】
 →第380号 敏感に?『非接触療法を始めたら』の秘密

このページのTOPへ