資料室

2008年12月02日

遊泳用プールの水質基準

水質項目 単 位 厚生労働省基準 文部科学省
基準
水素イオン濃度 pH 5.8以上 8.6以下 5.8以上
8.6以下
濁 度 (度) 2 以下 2 以下
過マンガン酸カリウム
消費量
(mg/L) 12 以下 12 以下
遊離残留塩素濃度 (mg/L) 0.4 以上
1.0 以下 が望ましい
0.4 以上
1.0 以下 が望ましい
大腸菌 不検出 不検出
一般細菌 (CFU/mL) 200以下 200以下
総トリハロメタン
濃度
(mg/L) 暫定目標値として
おおむね0.2 以下が
望ましい
0.2 以下が望ましい

※厚生労働省基準は一般の遊泳プールを、文部科学省基準は学校プールを規制対象とする。
※水質基準には定められていないが、厚生労働省の維持管理基準では「レジオネラ属菌は不検出であること。」と定められている。これはレジオネラ属菌の増殖やレジオネラ症の感染の危険性が高いプールを対象としている。


【次のエントリー】
 →年間お問い合わせ集計 2008.6-2009.5

【前のエントリー】
 →水道水の硬度等について

始めるとどうなる?
8つの習慣
白木さんの一日
こんなときは?
肌の強さ診断チャート
皮膚のしくみを学ぶ
『非接触生活』用語辞典
お湯洗髪成功レポート
非接触生活実践者の報告
サポートプログラムに参加する
生活習慣チェック

このページのTOPへ