資料室

2007年07月10日

ビタミンC誘導体分子量の秘密

  分子量 VC含有率
アスコルビン酸 176.13  
アスコルビルリン酸Na 358.08 49%
アスコルビルリン酸Mg 289.54 60%
VC-IP 1129.00 15.6%
APPS:アプレシエ 560.00 31%

  通常の配合率 VC含有率
アスコルビルリン酸Na 10% 4.9%
アスコルビルリン酸Mg 5% 3%
VC-IP 100% 15.6%
APPS:アプレシエ 5% 1.5%
(VC-IPは100%の商品も流通しております)

アスコルビルリン酸Na、アスコルビルリン酸Mgは水溶性
VC-IPは油溶性、APPSは両親媒性(親水親油)です。


-------------補足資料----------------------

ビタミンCに関する薬事法

2001年4月の薬事法改正により、一部の化粧品原料を除いて、(防腐剤等の一部原料には配合量の上限があります)化粧品に配合する原料の種類や量について、企業責任において行うように変わりました。

この改正により、ビタミンCを化粧品に使用する場合は、配合上限は設けられていません。
しかし、医薬部外品はその配合上限が3%と決められています。

【次のエントリー】
 →タンパク変性の秘密

【前のエントリー】
 →イオン導入法の秘密

始めるとどうなる?
8つの習慣
白木さんの一日
こんなときは?
肌の強さ診断チャート
皮膚のしくみを学ぶ
『非接触生活』用語辞典
お湯洗髪成功レポート
非接触生活実践者の報告
サポートプログラムに参加する
生活習慣チェック

このページのTOPへ