メールマガジン「秘密の皮膚科学」

2016年10月25日配信

第530号 変化がわかる『測定フェローの経過写真』の秘密

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2016/10/25━☆
     健康な素肌を取り戻すために知ってほしいこと

            「秘密の皮膚科学」

     第530号 発行者:シニアフェロー 牛田専一郎
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆


 みなさん、こんにちは。
 シニアフェローの牛田専一郎です。

 非接触生活研究会では、
 長期的にフェローの肌の数値を測定し、
 写真を撮影する取り組みをおこなっています。

 参加してくださっている"測定フェロー"の方々は、
 サポートプログラムと同じように
 非接触生活を実践しながら、ASVCを使用しています。

 今回は、測定フェローの経過写真をご紹介します。


☆------------------------------------------------------------☆

             ── 変化がわかる ──

           『測定フェローの経過写真』の秘密

☆------------------------------------------------------------☆


 ▼事例1:M・Kさん(70代・女性)


 先に測定を始めていた娘さんに紹介されて
 ご自身も参加することになったKさん。

 2012年に初めていらしたときには
 くすみ・シミ・たるみ・乾燥が気になる、
 非接触生活はときどき実践している、とおっしゃっていました。


 それから3年間。

 マイペースで実践していましたが、
 ご本人も驚くほどの変化がありました。


      ↓  ↓  ↓  ↓


 ◎Kさんの肌の変化
  http://hisesshoku-ryouhou.com/archives/2016/10/m70.html

 ※Kさんは海外に移住されたため、2015年までのデータで終わっています。

 写真で経過を追ってみると、
 シミやくすみが薄くなり、肌の色が
 全体的に明るくなっていることがわかります。

 シミが消えてしまった部分もありますね。

 Kさんは現在70代ですが、
 測定を始めた3年前よりも若返ったような印象さえあります。

 一緒にいらしていた娘さんも、びっくりされていました。






 ▼事例2:W・Mさん(40代・女性)


 続いてご紹介するのは、
 2012年に非接触生活を始めたMさんの事例です。
 ニキビ・シミ・シワ・たるみ・毛穴に悩んでいらっしゃいました。

 2013年に肌の測定を始め、
 現在も、定期的にいらしてくださっています。

 そんなMさんの、
 およそ1年ごとの肌の変化を振り返ってみました。


      ↓  ↓  ↓  ↓


 ◎Mさんの肌の変化
  http://hisesshoku-ryouhou.com/archives/2016/10/40_2.html






 ▼Mさんの経過解説


 3年間のMさんのメールやコメント、
 測定時の肌の状態をまとめました。

 さきほどの写真と照らし合わせながら、
 読んでみてくださいね。



 ◎2013年2月13日 初回測定
 *━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*
  ◆Mさんからのメール『測定フェローに応募します』
  ------------------------------------------------------------

  昨年の10月にこちらのサイトを知り、8項目を実践しております。
  ですがニキビが治まったり、悪化したりを繰り返しています。

  ASVCで肌をきれいにしたいので、応募させていただきました。

  私は脂性肌なので、以前はクレンジングで
  10分ぐらいかけてメイクを落としていました。

  ニキビはでき、シワも目立ち、
  それでも使い続けるしかなかったので、地獄のような日々でした。

  いまはすべてお湯だけでいいので、とてもうれしいです。
  メルマガに載っていたので、食器もお湯だけで洗っています。

  いままでシャワーで済ませていたお風呂も
  湯船に浸かるようになり、とても感謝しています。

  お湯洗髪がまだ難しく、ご指導よろしくお願い致します。

 *━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*

             ↓  ↓  ↓   


 ◎2014年11月2日

  夜、髪を洗わずに寝てしまうことがあるとのこと。

  非接触生活をしていないご家族がいらっしゃることもあり、
  間接接触を避けるのが難しいようですが、
  ニキビが少しづつ減ってきています。


             ↓  ↓  ↓   


 ◎2015年9月6日

  炎症したニキビはすっかりきれいになっています。
  ご本人も『肌がきれいになり、身体もつるつるしてきました』
  とおっしゃっていました。


             ↓  ↓  ↓ 


 ◎2016年9月11日

  開始当初に悩んでいた"繰り返しできるニキビ"はすっかりなくなり、
  ニキビ跡の赤みや、シミも薄くなりました。

  『眠るとき、枕にタオルを敷くようにしました』
  とおっしゃっていました。

  肌の色が全体的に明るくなり、
  なめらかになっていることがわかります。






 ▼おわりに ? "少しずつの改善"を続けること ?


 今回は久しぶりに、
 測定フェローの事例をご紹介しました。

 白木さん、いかがでしたか?


 「おふたりとも、ずいぶん肌色が明るくなったように見えましたが、
  部屋の照明のせい......ではないですよね?」


 ロボスキンアナライザーを使用した
 測定の撮影環境は、毎回同じです。
 肌の色そのものが、明るくなったんですよ。

 写真では肌の一部しかお見せすることができないのですが、
 実際にお会いしていると、全体の印象はさらに違って見えます。


 「まさに、継続は力なり、ですね!」


 そうですね。

 小さな改善を積み重ねることが、
 大きな変化につながるのだと思います。

 不思議なもので、毎日鏡を見て一喜一憂しているときほど、
 肌の変化に気づきにくいようです。

 非接触生活を、特別なものではなく、
 "日常の一部"として位置づけて、
 気長に淡々と続けることが、改善の秘訣と言えそうですね。




 ☆ご相談・ご質問など、お気軽にどうぞこちらへ。
  →→ http://hisesshoku-ryouhou.com/archives/06info/info.html


【次のエントリー】
 →第531号 トップ10!『間接接触しやすい状況』の秘密

【前のエントリー】
 →第529号 衣類・寝具『衣替えシーズンに気をつけたいこと』の秘密

このページのTOPへ