バックナンバーメールマガジン「秘密の皮膚科学」

2015年10月27日配信

第481号 カサつき、かゆみ『季節の変わり目の肌トラブル』の秘密

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2015/10/27━☆
     健康な素肌を取り戻すために知ってほしいこと!

            「秘密の皮膚科学」

     第481号 発行者:シニアフェロー 牛田専一郎
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆


 みなさん、こんにちは。
 シニアフェローの牛田専一郎です。

 朝晩ずいぶんと冷え込むようになり、
 空気も乾燥してきました。

 この夏に非接触生活を始めた方にとっては
 初めて迎える寒い季節。

 肌がカサついたり、かゆみを感じたりして
 戸惑っている方も多いかもしれません。

 この時期恒例のテーマではありますが、
 今年も"季節の変わり目"の過ごし方について
 お話します。

☆------------------------------------------------------------☆

             ── カサつき、かゆみ ──

           『季節の変わり目の肌トラブル』の秘密

☆------------------------------------------------------------☆


 ▼気温が下がるにつれて......


 *━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*
  ◇『小じわが増えてきました』(40代・女性)
  ------------------------------------------------------------

  乾燥で、小じわが増えてきました。
  今が耐えどきかと思っています。


 *━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*
  ◇『身体が粉をふいたようです』(40代・女性)
  ------------------------------------------------------------

  非接触生活を始めて1ヶ月になりました。

  身体の粉ふきがピークで
  膝下、腰、腕、太腿がいたがゆい感じです。


 *━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*
  ◇『カサついてザラザラとした手触りに』(50代・女性)
  ------------------------------------------------------------

  最近、ちょっと停滞気味です。

  肌のかさかさがひどく、皮膚がめくれているのか、
  角栓が出てきているのか、ざらざらとした手触りで
  ワセリンを部分的に塗っています。


 *━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*






 ▼この時期に肌がカサつきやすい理由


 人間の身体には
 体温を一定に保つ"恒常性"
 という機能が備わっています。

 朝晩と日中の気温差が大きくなる時期は
 体温調節機能が忙しく働き、体力を消耗します。

 ストレスや疲労が溜まりやすくなり、
 皮膚のバリア機能も低下します。

 だから、肌がカサカサしやすくなるのです。

 夏の間は一次刺激性物質に少し触れたくらいでは
 なんともなかった方でも
 この季節はトラブルにつながりやすくなります。

 肌がカサつくと何かをつけたくなってしまうかもしれませんが、
 化粧水や乳液に手を伸ばす前に、
 『肌に触れているもの』に目を向けましょう。






 ▼季節の変わり目に触れやすいもの


 衣替えの時期には、
 クリーニングに出したコートやマフラー、毛布や布団など
 自宅では洗えないものに触れる機会が増えます。

 新品のまま洗い直していないもの、
 クリーニングに出したものには
 柔軟剤や抗菌剤などの一次刺激性物質が付着しています。

 肌の弱い人がそれらに触れると
 かゆみやカサつきなどの症状が現れることがあります。


 例えば、こんなものに気をつけましょう。

 ・セーター、コート
 ・マフラー、手袋、帽子
 ・布団、毛布、こたつ布団
 ・発熱、保温効果などを謳った新素材の高機能肌着


 接触したまま生活していると、
 かゆみやカサつきなどの症状は改善しません。

 寝具の場合は肌に触れる部分に洗濯済みのタオルを、
 帽子の場合はハンカチをあてるなど、
 "触れない工夫"をしましょう。






 ▼衣類の締め付けが原因となることも


 タイツなど、締め付けの強いものを身につけていると
 かゆみが出ることがあります。

 指定の洗剤で洗っているのにおかしいな、という場合は
 その衣類が肌に強くあたっていないか確認しましょう。

 先ほどもお話しした通り、
 疲れが溜まりがちな季節の変わり目は
 肌トラブルが起こりやすい季節。

 今までは触っても大丈夫だったものが
 引き金になっていることもあります。

 日常生活を振り返り、何気なく触れているものをチェックしましょう。

  ☆肌トラブルの原因は自分で探せます
   第324号 部分別?『トラブルの原因推測』の秘密 <顔・額>
   http://hisesshoku-derm.com/archives/2012/08/324.php






 ▼強いかゆみ・カサつきにはワセリンを


 強いかゆみやカサつきがあるときは
 白色ワセリン(BHTなど添加物が含まれていないもの)を薄くつけて、
 肌を保護しましょう。

 ワセリンをつける前に、手洗いを忘れずに。
 手に付着している一次刺激性物質をしっかりと落としましょう。


  ☆昨年の"季節の変わり目号"で
   ワセリンについてのご質問にお答えしています
   
   第437号 カサつき、赤み『季節の変わり目のトラブル』の秘密
 http://hisesshoku-derm.com/archives/2014/11/437.php  






 ▼おわりに ~ 休養をとり、暖かくして ~


 今回は、季節の変わり目の過ごし方についてお話しました。

 白木さん、いかがでしたか?


 「一次刺激性物質に触れないように
  気をつけることはもちろんですが、
  疲労を溜めないようにすることも大切ですよね」


 そうですね。
 しっかりと栄養をとり、休養もとって
 身体を休めましょう。

 朝晩に寒い思いをしないよう、
 上着やストールなどを上手に使って
 暖かくしてお過ごしくださいね。




 ☆ご相談・ご質問など、お気軽にどうぞこちらへ。
  →→ http://hisesshoku-ryouhou.com/archives/06info/info.html

関連性の高い記事

【次のエントリー】
 → 第482号 秋のカサつき対策(1)『唇の荒れ』の秘密

【前のエントリー】
 →第480号 難しい!?『お湯洗髪と間接接触』の秘密

このページのTOPへ