バックナンバーメールマガジン「秘密の皮膚科学」

2014年11月25日配信

第437号 カサつき、赤み『季節の変わり目のトラブル』の秘密

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2014/11/25━☆
     健康な素肌を取り戻すために知ってほしいこと!

            「秘密の皮膚科学」

     第437号 発行者:シニアフェロー 牛田専一郎
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆


 みなさん、こんにちは。
 シニアフェローの牛田専一郎です。

 だんだんと気温が下がり、
 空気が乾燥してきましたね。

 寒さがきびしくなるにつれて、
 肌のカサつきや赤みなどの
 ご相談が増えてきました。

 今回は、この時期ならではの
 肌トラブルの原因と対策についてお話します。


☆------------------------------------------------------------☆

             ── カサつき、赤み ──

            『季節の変わり目のトラブル』の秘密

☆------------------------------------------------------------☆


 ▼こんなご相談が届いています


 *━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*
  ◇『肌に赤みが出てきました』(40代・女性)
  --------------------------------------------------------

   乾燥してきたせいなのか、
   赤みがまた出てきていて、吹き出物も時々できます。

   皮がむけてきたので、ワセリンを少し使っています。


 *━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*
  ◇『小さなニキビができ、肌がカサついています』(30代・女性)
  --------------------------------------------------------

   ここ数週間、ストレスを感じていたせいか、
   ところどころに小さなニキビができ
   肌がカサついてしまいました。

   特に口横辺り(口角の横1cm)に
   乾燥とは違うカサカサ部分ができてしまい、
   なかなか治らずにいます。


 *━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*






 ▼季節の変わり目の不調。その原因は?


 "空気が乾燥し、気温が下がるから
  肌がカサついたり、赤くなったり、かゆくなったりする。"

 そんな風に思っている方も多いかもしれませんが、
 空気の乾燥や気温の低下そのものが
 肌荒れを引き起こしているわけではありません。

 この時期に肌荒れが起こりやすいのは、
 

 ○気温が下がり、自宅で洗えない寝具や衣類など
  肌を傷める一次刺激性物質に触れる機会が増える

 ○気温差や寒さによって、心身に負荷がかかる


 といった状況によって、
 肌のバリア力が低下しやすくなるからです。

 この状態で肌を傷めるものに触れると
 カサつき・赤み・かゆみなどの
 トラブルが起こります。

 バリア力が低下しても
 肌を傷めるものに触れなければ
 トラブルが起こることはありません。






 ▼肌荒れにお悩みの方。こんなものに触れていませんか?



 (1)寝具・こたつ布団

   毛布やこたつ布団など、大型のものは
   クリーニングに出している方も多いでしょう。

   寒い季節には接触を避けにくいものばかりですが、
   こんな対策をしてみましょう。

    ◎肌に触れる部分に、タオルをつける(ピンなどで留める)
    ◎そのタオルを指定の洗濯洗剤でこまめに洗う


 (2)衣類

   冬は、寝具と同様に、衣類も
   クリーニングに出したものを身につける機会が増えます。

   首やあごなどのトラブルは、
   セーターやマフラーなどに原因があるかもしれません。



 (3)見過ごしがちな"ちょっとした接触"

   冬本番へと移り変わる時期は
   肌のバリア力が低下しがちなので、
   夏に触れても大丈夫だったものが
   トラブルの原因となることがあります。

   これまでと特に変わったことはしていないのに
   急にトラブルが出るようになった方は、
   一日のなかで肌に触れているものを確認しましょう。

   これくらいなら大丈夫、と思っているところに
   原因がひそんでいるかもしれません。






 ▼カサつき・かゆみには、ワセリンを


 肌がカサつくとき、かゆみが気になるときは
 その部分にのみ、薄くワセリンをつけましょう。

 ワセリンについても
 さまざまなお問い合わせが届いていますので、
 こちらでお答えしますね。


 *━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*
  Q1『どんなワセリンを選んだらいい?』(20代・女性)
  --------------------------------------------------------

   保湿剤として、○○製薬の
   「プロペト」というものを処方されました。

   "日局方のワセリンをさらに精製したもの"らしいのですが、
   付け心地がやたらサラサラしている上に、
   ネットなどで調べても全成分が分かりません。

   本当は、ヴァセリンのように何か混ぜているんじゃないか?
   本当に、精製しただけで付け心地が変わるのか?

   と、疑心暗鬼になっています。

 *━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*

  A1『添加物のない白色ワセリンなら、どれでも大丈夫』


   白色ワセリンの精製度が高いものがプロペトです。
   使用しても問題ありません。

   精製度の違いでいくつか種類がありますが、
   最近のワセリンは不純物を含まなくなっています。

   BHTなど添加物のない白色ワセリンであれば
   どれを選んでも大丈夫です。





 *━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*
  Q2『ワセリンは洗い流したほうがいい?』(女性)
  --------------------------------------------------------

   ワセリンを数日間そのまま肌につけておくことについて、
   どうお考えなのかをお尋ねしたいのです。

   ワセリンは定期的に
   しっかり洗い流した方がいいのでしょうか?

 *━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*

  A2『夜、寝る前に洗い流しましょう』


   ワセリンは、肌に皮膜を作り、
   傷んだ肌を一時的に保護する目的で使用するものです。

   どんなものでも、
   肌にしっとりしたものをつけたままにしておくと
   自然な皮脂分泌を妨げてしまいます。

   夜、寝る前には洗い流すようにしましょう。

   ただ、カサつきやかゆみがひどい場合は、
   夜も薄くワセリンをつけて肌を保護するとよいでしょう。

   ワセリンをつける前に
   手に付着している一次刺激性物質を
   ペーパータオルで落とすことを忘れずに。




 *━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*
  Q3『馬油はワセリンの代わりになる?』(女性)
  --------------------------------------------------------

   馬油(トコフェロールハチミツ酸アスコルビル配合)
   を使っています。

   これはワセリンの代わりになるでしょうか?

 *━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*

  A3『馬油では皮膜を作ることができません』


   ワセリンではなく、馬油を使いたいという
   お問い合わせも多くあります。

   馬油には肌に良いようなイメージがありますが、
   オイルでは肌に皮膜を作ることができません。

   皮膜を作り、傷んだ肌を保護する目的に
   適しているのはワセリンです。

   全成分を確認して問題がなければ、
   お使いの馬油を使用してもかまいませんが、
   日常的に使い続ける必要はないでしょう。






 ▼まとめ ~ 接触をコントロールして、トラブルのない冬を ~


 今回は、この時期ならではの
 肌トラブルについてお話しました。

 白木さん、いかがでしたか?


 「今日家に帰ったら、さっそく
  毛布の顔が触れる部分にタオルをつけます!」


 そうすれば安心して毛布にくるまって過ごせますね。


 冬は、一次刺激性物質に接触する機会が増える季節ですが、
 肌に触れるものをコントロールすることで
 トラブルを回避できます。

 これからますます寒さがきびしくなりますが、
 ワセリンを上手に使って
 楽しい冬をお過ごしくださいね。




 ☆ご相談・ご質問など、お気軽にどうぞこちらへ。
  →→ http://hisesshoku-derm.com/archives/01about/info.php

関連性の高い記事

【次のエントリー】
 → 第439号 増刷決定!『書籍の反響』の秘密

【前のエントリー】
 →第436号 反響続々!『"何もつけない美肌術"感想文』の秘密(2)

このページのTOPへ