メールマガジン「秘密の皮膚科学」

2014年09月02日配信

第425号 非接触生活で改善!『酒さの経過報告』の秘密

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2014/09/02━☆
     健康な素肌を取り戻すために知ってほしいこと!

            「秘密の皮膚科学」

     第425号 発行者:シニアフェロー 牛田専一郎
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆


 みなさん、こんにちは。
 シニアフェローの牛田専一郎です。

 昨年、『酒さ(しゅさ)』という
 皮膚疾患について取り上げました。


  ☆第382号 原因不明?『酒さ』の秘密
   http://hisesshoku-derm.com/archives/2013/10/382.php

  ☆第384号 体験談!『酒さ』の秘密(2)
   http://hisesshoku-derm.com/archives/2013/11/384.php


 今回は、非接触生活を実践して
 酒さの症状が改善した方の体験談をご紹介します。


☆------------------------------------------------------------☆

            ── 非接触生活で改善! ──

              『酒さの経過報告』の秘密

☆------------------------------------------------------------☆


 ▼情報を求めて......


 酒さについて情報収集をするうちに
 こちらのサイトにたどり着いた、
 という方が少しづつ増えています。


 *━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*
  ◆『多くの皮膚科を受診しましたが』(30代・女性)
  --------------------------------------------------------

   2年ほど顔の酒さで悩み、
   多くの皮膚科を受診しましたが良くならず、
   悩みあぐねて非接触生活のホームページにたどり着きました。

   藁にもすがるような思いです。よろしくお願いします。

  
 *━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*
  ◆『肌の赤みがなかなか消えません』(40代・女性)
  --------------------------------------------------------

   肌の赤みが、なかなか消えません。
   皮膚科で酒さと言われました。

   なかなか改善されず、いろいろ調べて、
   ここにたどり着きました。

   頑張っていきたいと思います。
   よろしくお願いします。
  

 *━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*






 ▼ちょっとおさらい:『酒さ(しゅさ)』とは?


 酒さとは、紅斑や小さな吹き出物、
 顔面の毛細血管の拡張などの症状を引き起こす、
 炎症性の慢性疾患です。

 かゆみや、ほてり感などの自覚症状があります。

 難治性で、日光やストレス、気温の変化、
 ステロイドの副作用などが悪化要因とされていますが、
 現在のところ、原因は特定されていません。






 ▼『酒さ』の改善事例をご紹介します


 原因不明とされている酒さですが、
 非接触生活を実践して酒さの症状が改善された、
 というご報告をいただいています。

 今回は、非接触生活サポートプログラムの最終報告において
 『酒さの症状が改善した』というご報告をくださった
 お二人の事例をご紹介いたします。




 <<酒さ改善事例:その1(30代・女性)>>

 -----------------------------------------------------------
  ◆(2013年10月28日)ステップ1を終えて
 -----------------------------------------------------------

   ステロイドや免疫抑制剤を処方され、
   つけている間は症状が治まるものの
   やめるとすぐに元に戻る、
   という繰り返しでした。

   非接触生活を始めて
   肌の赤みが減り、吹き出物ができなくなりました。

   そして一番の悩みだった、
   原因不明の細かいブツブツが激減しました!


            ↓   ↓   ↓


 -----------------------------------------------------------
  ◆(2014年2月10日)マスターコースへお申込み
 -----------------------------------------------------------

   ステップ1で肌のくすみがなくなり、
   一番の悩みの種であった
   細かいブツブツがすっかりよくなりました( )

   こめかみのシミと、口まわりの赤みが消えるように
   マスターコースも頑張りたいと思います。


            ↓   ↓   ↓


 -----------------------------------------------------------
  ◆(2014年6月22日)最終報告
 -----------------------------------------------------------

   【改善した症状:赤み、酒さ】

   どこの皮膚科に行っても治らなかった
   細かいブツブツが、みるみるうちに治り
   とても満足しています。

   でも気を抜くと、すぐにぶり返してしまうので
   更に今後も気をつけて
   もっとキレイになりたいと思います。

 -----------------------------------------------------------







 <<酒さ改善事例:その2(30代・女性)>>


 -----------------------------------------------------------
  ◇(2014年1月31日)マスターコースへお申込み
 -----------------------------------------------------------

   ステロイドのリバウンド状態が落ち着き始め、
   顔全体の皮が剥け始めている状態です。


            ↓   ↓   ↓


 -----------------------------------------------------------
  ◇(2014年2月16日)マスターコース開始から半月
 -----------------------------------------------------------

   ステロイドのリバウンドで腫れ上がってから1ヶ月。
   何もつけないように医者から指示され、不安になり
   このサイト、そして宇津木先生の本に出会いました。

   皮が剥けてようやく自分の肌が見えてきましたが、
   まだ一部残っています。

   そんな状態ですが、ASVCはしみないです。

   酒さ様皮膚炎と診断されたことがありますが、
   ASVCを始めてから、だんだんと
   赤みが薄くなってきてように思います。

   今後も根気よく続けてみようと思います。


            ↓   ↓   ↓


 -----------------------------------------------------------
  ◇(2014年4月7日)マスターコース開始から9週間
 -----------------------------------------------------------

   一度お湯洗髪に挫折し、紆余曲折がありましたが、
   お湯洗髪完全達成セットを購入して1週間。

   みるみる、おでこにできていた謎のブツブツがなくなり、
   お湯洗髪の大切さ、8つの習慣の大切さに
   改めて気付いたところです。

   まだまだ小鼻の毛穴が開き、顔全体に赤みがあり、
   悩みの多い肌ですが、おかげさまで希望を持つことができました。

   確信を持って、このまま
   8つの習慣を続けて行こうと思っています。


            ↓   ↓   ↓


 -----------------------------------------------------------
  ◇(2014年5月12日)最終報告
 -----------------------------------------------------------

   【改善した症状:アトピー性皮膚炎、赤み、酒さ】

   最初は半信半疑で始めた何もつけない生活でしたが、
   成果が見える今では、確信を持って日々続けております。

   今年1月、突然顔全体が赤く腫れ上がり、
   目も開けられないくらいになりました。

   医者の診断は「酒さ様皮膚炎」かもしれないということでしたが、
   直近でステロイドを使用していないため、
   原因は分からずにいました。

   これまでは、あまりに酷くなるとステロイドを使用し、
   その後リバウンド経て良くなるということが
   年2・3回、かれこれ10年ほど続いていました。

   もう他に打つ手はないのではないかと思ってたところで、
   このサイトと宇津木先生の本に出会い、
   この生活を始めてみました。

   1ヶ月目には赤みが引き、
   2ヶ月目には皮が剥けて肌が滑らかになってきました。

   3ヶ月目には老人性イボと診断されたものがなくなっていました。

   特に、2ヶ月目にお湯洗髪とASVCを始めてからは
   より目に見えて良くなっていきました。

   毛穴の開きや赤みなど、まだ悩みはありますが
   これからも8つの習慣の徹底を心がけて頑張っていきます。

 -----------------------------------------------------------






 ▼事例のご紹介はここまで。


 酒さの症状の経過をお知らせくださったみなさん、
 ありがとうございました。

 他の肌トラブルと比べるとまだ、
 酒さのご報告は少ないのですが。

 やはり、酒さの悪化要因も
 一次刺激性物質との接触にあるのではないかと
 考えています。


 「"ファンデーションで酒さの赤みを隠したい"
  というご相談をいただくことも多いですが、
  控えたほうが良いのでしょうか......?」


 そうなんです、白木さん。

 肌にトラブルを抱えている時こそ、
 皮膚生理を妨げないよう
 何もつけずに過ごすことが大切です。

 隠したいのに隠せないという
 ストレスを乗り越えるのは大変なことですが、
 思いきって8つの生活習慣を実践しましょう。






 ▼引き続き『酒さ』のご報告をお待ちしています


 酒さの症状が改善された方がいらっしゃいましたら
 ぜひ体験談をお寄せください。

 お待ちしています!

 ☆ご質問なども、お気軽にどうぞこちらへ。
  →→ http://hisesshoku-derm.com/archives/01about/info.php

【次のエントリー】
 →第426号 急なトラブル?『肌のバリア力』の秘密

【前のエントリー】
 →第424号 ラーナー講座『受講生の声』の秘密

このページのTOPへ