メールマガジン「秘密の皮膚科学」バックナンバー

2020年05月19日配信

第616号 消毒は必須?『増える手荒れのご相談』の秘密

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2020/05/19━☆
    健康な素肌を取り戻すために知ってほしいこと

           「秘密の皮膚科学」

    第616号 発行者:シニアフェロー 牛田専一郎
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆


 みなさん、こんにちは。
 シニアフェローの牛田専一郎です。


 「牛田さん、最近は消毒液を
  使う方が増えていますよね。

  手荒れなどのご報告が
  増えている気がするのですが」


 白木さん、そうなんですよ。

 コロナウイルス感染防止のため、
 石鹸や消毒液を使った手洗いが
 励行されています。

 そのため手ががさがさになってしまったり、
 手の湿疹が悪化したり。

 手荒れがかえって感染のリスクを
 高めてしまうこともあります。

 今回は、そんな手荒れを
 防ぐ方法をお話しします。
☆-------------------------------------------------------☆

           消毒は必須?

       『増える手荒れのご相談』の秘密

☆-------------------------------------------------------☆


 ▼荒れた手からの感染を防ぐために


 東京都健康安全研究センター微生物部が
 調査した「手洗いによるウイルス除去効果の検討」
 (2006年)という論文があります。

 手洗いをしない場合に比べ、

 〇流水のみで洗った場合
 〇石鹸を使用した場合
 〇消毒剤を使用した場合

 について、ウイルスの除去効果
 (ウイルスの「感染価」と遺伝子量測定)を
 検討しています。

 ※ウイルス感染価・・・細胞感染性を持つウイルス粒子の数


 それによると、流水のみですすぎ洗いを15秒した場合でも
 ウイルスの感染価、遺伝子量ともに、
 約100分の1(約1%)に減少することが
 明らかになっています。






 ■肌の弱い人はふだんは流水のみで


 「流水で手洗いをするだけでも
  99%ウイルスを除去できるんですね!」


 ええ。

 脱脂力の強い消毒液や石鹸を頻繁に
 使って、手が荒れた状態になると、
 その傷からかえってウイルスや細菌が
 侵入しやすくなってしまいます。

 皮膚のバリア機能が低下するためです。


 「手が痛いとこまめな手洗いも
  したくなくなりますよね。

  特に小さなお子さんは」


 日常生活では流水のみで15秒~30秒、

 心配な方は、帰宅後や食事前に
 消毒液や石鹸を使って手洗いをするなど、
 できるだけ使用頻度を減らすとよいでしょう。

 手洗いをした後は、
 しっかり水分を拭き取るようにしてくださいね。






 ▼おわりに ~間接接触を防ぐことを忘れずに~


 今回は、手洗い励行のこの時期の
 手荒れ防止策についてお伝えしました。

 白木さん、いかがでしたか?


 「手荒れと同時に、顔に赤みが出てしまうと
  いうご相談もありますね」


 手から間接接触してしまっているんですね。

 石鹸を使った後、
 その手で顔や髪に触ると、肌に赤みや
 カサつきが出てしまうことがあります。

 間接接触を防ぐために、
 もう一度、指定のペーパータオルを使い
 流水の下で手をぬぐうように洗ってくださいね。






 ☆ご相談・ご質問など、お気軽にどうぞこちらへ。
  →→ https://jstcd.or.jp/contact/



【前のエントリー】
 →第615号 何が原因?『身体のぶつぶつ』の秘密

このページのTOPへ