バックナンバーメールマガジン「秘密の皮膚科学」

2019年12月03日配信

第596号 洗浄剤なしで大丈夫?『インフルエンザの予防策』の秘密

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2019/12/03━☆
    健康な素肌を取り戻すために知ってほしいこと

           「秘密の皮膚科学」

    第596号 発行者:シニアフェロー 牛田専一郎
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆


 みなさん、こんにちは。
 シニアフェローの牛田専一郎です。


 風邪やインフルエンザが流行る
 季節がやってきますね。
 白木さんはちょっと不安な様子です。


 「最近まわりに風邪の人が増えてきたので、
  つい石けんで手を洗いたくなって
  しまうんですよね~」


 白木さん。
 石けんを使わなくても十分
 ウイルスは洗い流すことができるんですよ。

☆-------------------------------------------------------☆

         洗浄剤なしで大丈夫?

     『インフルエンザの予防策』の秘密

☆-------------------------------------------------------☆


 ▼インフルエンザの感染経路って?


 「そもそもインフルエンザって、
  どんなふうに感染するのでしょうか?」


 インフルエンザの感染経路には
 主に2つあります。



 1)飛沫感染

 感染している人のくしゃみや咳を浴びる
 ことによる感染。飛沫を吸い込むことで
 感染します。



 2)接触感染

 感染している人が咳やくしゃみを手で覆うと、
 飛沫が手に付着します。

 その手でドアノブやつり革に触れると、それを
 介してウイルスが他の人の手に付着します。

 ウイルスがついた手で口や鼻、
 目などの粘膜に触ることで感染します。


 「手にウイルスがついただけでは
  インフルエンザに感染しないんですね!?」


 ええ。
 手には粘膜がありませんので、
 ウイルスは増殖できないのです。






 ▼本当にウイルスは落ちてる?


 さて、過去のメルマガでは、
 洗浄剤での手洗いについてこんなふうに
 お伝えしてきました。



 ・皮膚には私たちのお肌を守る【皮膚常在菌】が住んでいる
 ・石けんを使うと、悪性の菌と一緒に
  皮膚常在菌まで殺菌してしまう

 ・菌は水やお湯で洗い流せる
 ・だから、トイレのあとも、調理のあとも
  お湯で手を洗うだけで充分!



 菌と同じように、
 手に付着したインフルエンザのウイルスも、
 水やお湯のみで十分洗い流すことができます。

 流水の下で1分程度、手の甲や指の間なども
 まんべんなく時間をかけてこすり洗いをしましょう。


 「インフルエンザや風邪予防で
  マスクをするのはどうなのでしょうか?」


 予防策としてのマスクは万全ではありませんので、
 肌が荒れやすい方は無理にマスクを
 する必要はないでしょう。

 ちなみにかかってしまった場合の感染を
 拡げないためには、マスクは有効です。






 ▼おわりに ~顔への接触防止と、こまめな手洗いを!~


 今回はインフルエンザの感染経路や
 予防策についてお話ししました。
 白木さん、いかがでしたか?


 「石けんを使わないとなんとなく
  心配でしたが、話を聞いて安心しました」


 インフルエンザの流行る季節は、
 さまざまなものに触れる手にウイルスが
 付着している可能性があります。

 非接触生活と同じように、
 できるだけ顔に日常的に触れないようにしましょう。

 また、できるだけこまめに手洗いをして
 手に付着しているウイルスを洗い流すように
 してくださいね。




 もうちょっと詳しくはこの号で↓

 ☆第207号 石けんで洗うべき?『インフルエンザ対策』の秘密
  http://hisesshoku-derm.com/archives/2009/10/207.php






 ☆ご相談・ご質問など、お気軽にどうぞこちらへ。
  →→ https://jstcd.or.jp/contact/






関連性の高い記事

【次のエントリー】
 →第597号 髪の毛がバチバチ?『静電気対策』の秘密

【前のエントリー】
 →第595号 冬一番の悩み?『手が荒れたときの原因』の秘密

このページのTOPへ