バックナンバーメールマガジン「秘密の皮膚科学」

2016年07月19日配信

第517号 荒れやすい?『妊娠中の肌トラブル』の秘密

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2016/07/19━☆
     健康な素肌を取り戻すために知ってほしいこと

            「秘密の皮膚科学」

     第517号 発行者:シニアフェロー 牛田専一郎
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆


 みなさん、こんにちは。
 シニアフェローの牛田専一郎です。

 今回は、妊娠中のフェローのSさん(30代・女性)
 からいただいたレポートをご紹介します。

 妊娠初期に起きた肌トラブルと、
 その後の経過を教えてくださいました。

 赤ちゃんのスキンケアについてもお話します。

☆------------------------------------------------------------☆

             ── 荒れやすい? ──

            『妊娠中の肌トラブル』の秘密

☆------------------------------------------------------------☆


 ▼妊娠中は肌荒れしやすいと言うけれど


 *━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*
  ◆『妊娠初期の肌荒れ。その原因を考えてみました』
  ------------------------------------------------------------

  こんにちは。
  非接触生活を始めて、1年半が過ぎました。
  そして現在、妊娠8ヶ月です。

  マタニティー雑誌や本の情報によりますと、
  妊娠すると、ホルモンバランスの影響でお肌が荒れるそうですが、
  私の場合は違ったと感じるので、ご報告させて頂きます。


  * ----------- * ----------- * ----------- * ----------- *


  ◯みるみる変化する身体。肌にもブツブツが

  非接触生活を始めて、日に日にお肌がキレイになっていきました。
  それが去年の年末、顔に小さなブツブツができ始め、
  なんだろう? と思っていた矢先、妊娠が発覚しました。

  みるみる変化してゆく自分の身体、つわり、だるさ、
  精神的な浮き沈み、まるで自分の身体ではないかの様な変化に
  「妊娠するとお肌が荒れる」という情報を聞いて
  「本当だ......!」と慌ててしまい、初めての経験に不安になり、
  なんと石けん洗顔+クリームという、これまた
  自分ではないかの様な行動をとってしまいました。

  結果は、そんな事をしても良くなるはずもなく、
  赤みや痒みが増す事態。

  やっぱりコレはダメだと目が覚めて、
  そう言えば非接触生活を1年続けてきて
  慣れたせいで手抜きしていたり、適当になってるところがある!

  だから、ホルモンバランスが変化した時、
  余計にお肌に現れやすくなったのでは!? と思いました。


  * ----------- * ----------- * ----------- * ----------- *


  ◯非接触生活の基本を思い出して

  というわけで、また非接触生活の初心に戻り、
  丁寧に手を洗う、長い髪を顔につかないよう束ねる、
  枕カバーや顔につく布団部分に当て布をしてこまめに取り替える
  など、少し気をつけただけで、すぐ改善しました。

  妊娠初期に一瞬、肌にブツブツが出ただけで、
  非接触生活を見直してからは、またどんどんキレイになり、
  最近は会う人会う人に
  「肌が綺麗になったねー!」と言われます。


 *━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*






 ▼白木さん、Sさんのレポートはいかがでしたか?


 「妊娠中は肌トラブルが起こりやすくなるというお話、
  私も聞いたことがあります。

  やっぱり、ホルモンバランスが変化するからなのでしょうか?」


 そんなふうに言われることが多いようですが、
 皮膚は、女性ホルモンの標的器官ではありません。
 妊娠が、肌トラブルの直接の原因となることはないのです。

 妊娠すると、心身に変化が起こります。
 変化に伴ってストレスが生じ、肌のバリア力も低下する。
 だから肌トラブルが起こりやすくなるのです。


 「Sさんの推測は当たり! ですね」


 そうですね。

 肌のバリア力が低下しているなと感じたら
 Sさんのように、非接触生活の基本に立ち返りましょう。
 
 一次刺激性物質に触れないように過ごしていれば、
 肌の状態はすぐ元に戻りますよ。






 ▼女性ホルモンと肌の関係

 
 女性ホルモンについては
 バックナンバーでもお話しています。
 ご興味のある方は、ぜひ読んでみてくださいね。


  ☆第183号 5つのキーワード?『生理とお肌』の秘密
  http://hisesshoku-derm.com/archives/2009/02/183.php 

  ☆第184号 運動能力も低下しない?『生理とお肌』の秘密(2)
   http://hisesshoku-derm.com/archives/2009/03/184.php






 ▼ママは非接触生活。赤ちゃんは?


 Sさんから、こんなご質問もいただきました。


 *━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*
  ◆『赤ちゃんにスキンケアは必要ですか?』
  ------------------------------------------------------------

  ところで、大事な質問があります。

  マタニティー雑誌などによると、赤ちゃんは
  赤ちゃん用の石けんやシャンプーで沐浴をするそうです。
  赤ちゃん用の保湿クリームや、日焼け止めも必要とあります。

  大人の私が石けんもシャンプーも保湿もしていないのに、
  赤ちゃんに必要なのかなと思うのですが......。

  やはり、人生初の経験で、自分では判断できず
  情報に流されそうなところがあります。

  うちの母は、赤ちゃんは頭に垢が溜まるから、
  よく洗ってあげなくちゃ、と言います。

  赤ちゃんのお肌は、弱いですか?
  バリア機能はもう整っていますか?

  オムツかぶれや保湿にクリームが必要ですか?
  ベビーパウダーや日焼け止めも必要ですか?

  お返事頂けましたら、大変助かります。
  よろしくお願い致します。


 *━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*


 赤ちゃんの肌も、大人の肌も、皮膚生理は同じです。
 クリームや日焼け止めなど、肌を傷めるものと
 接触させないようにしましょう。

 ベビーパウダーにも、一次刺激性物質が使われているものがあります。
 注意してくださいね。

 育児書などでは、石けんで皮脂をしっかり落とすことが
 すすめられていることがあるようですが、
 皮脂はお湯のみで充分落とすことができます。

 乳幼児はよく汗をかきますので、
 1日に2回でも3回でも、こまめに沐浴をしてあげるとよいでしょう。


 子育て中の実践者の方から

 『小さな子供に洗浄剤も保湿剤も使っていませんが、
  髪も肌も、きれいな状態を保っています』

 というご報告が届いていますよ。






 ▼おわりに ~ 抗菌・柔軟加工にも気をつけて ~


 「赤ちゃんと一緒に非接触生活ができるんですね。
  そういえば、ベビー用品には抗菌加工されたものが多いような......」


 ええ。ベビー用品には抗菌加工がされたものがたくさんあります。

 洗えない寝具に施されている柔軟加工にも、気をつけましょう。
 赤ちゃんの肌が直接触れないよう、指定の洗濯洗剤で
 2回以上洗ったタオルなどを敷いておくといいですね。

 抱っこするときなどに大人の服に赤ちゃんの顔が接触して、
 赤み出てしまった事例もあります。

 子育てをしながら一次刺激性物質との接触に注意するのは
 大変なことかもしれませんが、できる範囲で気をつけながら、
 親子で楽しく非接触生活ができるといいですね。





 ☆ご相談・ご質問など、お気軽にどうぞこちらへ。
  →→http://hisesshoku-ryouhou.com/archives/06info/info.html

関連性の高い記事

【次のエントリー】
 →第518号 帰ってくる人?『断念と再開』の秘密

【前のエントリー】
 →第516号 肌にやさしい?『肌の弱い人の洗濯洗剤』の秘密

このページのTOPへ