バックナンバーメールマガジン「秘密の皮膚科学」

2015年10月06日配信

第478号 接触性?『肌トラブルの改善期間』の秘密

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2015/10/06━☆
     健康な素肌を取り戻すために知ってほしいこと!

            「秘密の皮膚科学」

     第478号 発行者:シニアフェロー 牛田専一郎
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆


 みなさん、こんにちは。
 シニアフェローの牛田専一郎です。

 今回は、これから非接触生活を始める方からいただいた
 ご質問にお答えしながら、

 ◎非接触生活を実践することで改善する肌トラブル
 ◎改善までにかかる期間

 についてお話します。

☆------------------------------------------------------------☆

              ── 接触性? ──

            『肌トラブルの改善期間』の秘密

☆------------------------------------------------------------☆


 ▼『水洗顔』を続けているけれど......


 *━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*
  ◇『顔のザラザラ感が取れず、かゆみもあります』(女性)
  ------------------------------------------------------------

  牛田先生、こんにちは。
  最近になってこちらのサイトを知り、
  化粧品を使わない生活を始める勇気をもつことができました。

  『肌断食』や『水洗顔』など、いろいろな本を読み、
  肌の仕組みや化粧品を使い続ける事で
  肌にどんな影響が出るか理解しているのですが、
  質問したくてもなかなか機会がなく、こちらで質問を
  受けて頂けるとの事で、早速の質問で失礼致します。

  私は水洗顔を始めて3年半、
  シャンプー、リンス、ボディソープ等もやめて2年ほどたちます。

  ただ、柔軟剤や洗剤にまで考えがおよばず、
  今まで使用していました。

  そのせいかどうか、顔のザラザラ感が取れず、
  時々かゆみがあります。

  かゆみがあると、どうしても無意識に触ってしまうので、
  なかなか肌の状態が良くなりません。

  このような場合、皮膚科にかかって薬で治した方が良いのか、
  そのままでいたほうが良いのか、分かりません。

  ぜひ教えて頂けると嬉しいです。
  よろしくお願いします。


 *━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*






 ▼牛田より:接触性の皮膚炎は『触れないこと』で改善します


 では、ご質問にお答えしましょう。

 一般論になりますが、接触性の皮膚炎は
 一次刺激性物質との接触を完全に断つことで治ります。

 顔にザラつきやかゆみがあるのは、
 柔軟剤や洗剤に触れているためかもしれません。

 ◎洗濯洗剤を、非接触生活研究会指定のものに切り替えること
 ◎他の洗剤で洗濯済みの衣類や寝具は、
  指定の洗剤で2回以上洗い直すこと

 を、できるだけ早く行いましょう。


 水やぬるま湯で顔を洗うだけでは
 肌の健康を取り戻すことはできません。

 『非接触生活・8つの習慣』をすべて実践してくださいね。
 http://hisesshoku-derm.com/contents/style/nanimo.php

 肌にトラブルのある方でも、すぐに始められる生活習慣です。






 ▼接触性の皮膚炎ではない場合は


 非接触生活を実践することで改善できるのは、
 接触性の皮膚炎だけです。

 蕁麻疹やアレルギー、ウイルス性などの皮膚炎は改善できません。

 症状がひどい場合は、皮膚専門医の受診をおすすめいたします。

 バックナンバーもどうぞ↓
 ☆第458号 非接触生活で『改善する症状・しない症状』の秘密
 http://hisesshoku-derm.com/archives/2015/05/458.php 






 ▼症状別・改善までにかかる期間


 非接触生活を実践すると
 どれくらいで肌トラブルが改善するのか、
 症状別にまとめてみました。

 目安として参考にしてくださいね。


 +--------------------------------------------------------+
  ◆(1)【かゆみ】 改善は → すぐ
 +--------------------------------------------------------+

  一次刺激性物質に接触しなければ、すぐに治まります。

  "洗濯洗剤を指定のものに切り替えて
   衣類や寝具を洗い直したら
   その日から身体のかゆみがなくなった"

  というご報告も届いています。


 +--------------------------------------------------------+
  ◆(2)【ニキビ・湿疹】 改善は → 翌日から
 +--------------------------------------------------------+

  一次刺激性物質に接触せずに過ごした翌日から
  新しいものができなくなります。

  顔全体に赤みがある方も、
  1週間程度で赤みが引いていきます。


 +--------------------------------------------------------+
  ◆(3)【カサつき】 改善は → 翌日から
 +--------------------------------------------------------+

  ちょっとしたカサつきであれば、
  翌朝には改善します。

  一次刺激性物質にしっかりと触れると、
  肌の弱い方は炎症を起こしてガサガサになることがありますが、
  その場合も翌日から肌に変化が現れ、
  2~3日で改善します。


 +--------------------------------------------------------+
  ◆(4)【赤み(炎症)】 改善は → 1週間程度
           (茶色にくすんでいる場合は3ヶ月程度)
 +--------------------------------------------------------+

  一次刺激性物質に接触しなければ
  赤みは1週間程度でなくなります。

  ただし、数年にわたって様々な化粧品を使っていた方は
  炎症性の色素沈着が起きて
  肌が茶色にくすんでいることがあります。

  その場合は、肌の赤みと色素沈着が取れるまでに
  3ヶ月ほどかかります。


 +--------------------------------------------------------+
  ◆(5)【くすみ】 改善は → 1ヶ月程度
 +--------------------------------------------------------+

  非接触生活研究会で実施している肌の測定では、
  紅斑値(肌の赤み、炎症を表す数値)が下がった後、
  1ヶ月程度遅れてメラニン値が下がります。

  肌の赤みがおさまってから
  "くすみ"が消えて肌に透明感が出るまでに
  1ヶ月ほどかかります。


 +--------------------------------------------------------+






 ▼おわりに ~ 『すべて』の実践が大切 ~


 「肌断食、水洗顔、といったキーワードで検索し
  このメルマガや非接触生活研究会を見つけた、
  という方が増えてきましたね」


 そうなんです、白木さん。

 お問い合わせをくださる方のなかには、
 洗濯洗剤を指定のものに切り替えていない方、
 間接接触に気をつけていない方などが多く見受けられます。

 肌の弱い方は、8つの生活習慣すべてを実践しなければ
 思うように肌トラブルが改善しません。

 今回は改善にかかる期間の目安をご紹介しましたが、
 その期間が過ぎても肌が変化しない場合は、
 8つの生活習慣すべてができているかどうか、
 チェックしてくださいね。
 


 ☆ご相談・ご質問など、お気軽にどうぞこちらへ。
  →→ http://hisesshoku-ryouhou.com/archives/06info/info.html

関連性の高い記事

【次のエントリー】
 →第479号 洗濯洗剤・お湯洗髪・メイク『始める前の疑問』の秘密

【前のエントリー】
 →第477号 お湯洗髪ビギナーの悩み『かゆみ・湿疹・フケ』の秘密

このページのTOPへ