メールマガジン「秘密の皮膚科学」

2007年06月26日配信

第103号 お肌にビビビ!?『イオン導入法』の秘密

 みなさん、こんにちは。
 コスメプロデューサーの牛田専一郎です。


 前号では、
 "プロトタイプAを使うと、お肌がピリピリすることがある"
 と悩んでいた白木さんでしたが。

 その後いかがですか?


 「やっぱり、寝不足が続いていたのが原因だったみたいです。
  たくさん眠って、規則正しくご飯を食べたら元どおり!
  ピリピリしなくなって、お肌ぷるぷるですよ」


 好調のようでなにより。

 読者の方からも、プロトタイプAでお肌が赤くなったり、
 ピリピリしたりする......という声がいくつか届いていますが、
 そういう方はぜひ、前号を読んでみてくださいね。


   ☆第102号 『ピリピリのメカニズム』の秘密
    http://hisesshoku-derm.com/archives/2007/06/102.php


☆----------------------------------------------------------☆

         ―― お肌にビビビ!? ――

          『イオン導入法』の秘密


☆----------------------------------------------------------☆



 ▼白木さんの新たな疑問。


 「ピリピリが治まってめでたし、めでたし......なんですが
  今日はまた違う相談があるんです」



 白木さんは忙しいですね(笑)
 次はいったい何ですか?



 「友だちが"イオン導入"っていうのを始めたそうなんです。
  私も名前は聞いたことがあるんですけど、
  その内容ってどんなものなんですか?」



 なるほど。
 確かに、治療法・美容法として有名な『イオン導入法』ですが
 このメルマガで取り上げたことはなかったですね。

 では今日は、白木さんのリクエストにお応えして。
 『イオン導入法』についてお話しましょう。



 ▼『イオン導入法』とは


 『イオン導入法』は別名"イオントフォレーシス"。
 イオンという電荷を持った化学物質の移動、
 という意味を持つギリシャ語です。 


 言葉の由来にもあるように、
 イオン導入法とは、有効成分をイオンの形にして、
 目的部に微弱な電流を流すことによって、
 イオンを皮膚から生体組織内の深部に導入させる方法のこと。


 薬を体内に投与する方法として、
 この他にも注射・経口・湿布などがありますが、
 イオン導入法は、充分な有効濃度を局所的に
 また長時間にわたって保持できるという特徴を持っています。



 ▼有効成分とは


 「うーーん、なんだか難しいですが
  電流に乗せて、有効成分をお肌の深いところに届ける。
  ってことなんですよね?」



 簡単すぎる気もしますが......
 大ざっぱに言うと、そういうことです。



 「"有効成分"って何ですか?」



 美容目的でおこなわれているイオン導入法では
 "ビタミンC誘導体"が広く使われています。



 「へぇー。誘導体って言葉もよく聞くけど、
  このことだったんですね」



 ビタミンC誘導体については、稿を改めて
 またお話しする機会を設けたいと思っています。



 ▼人体と電気の意外な関係


 「そもそもの疑問なんですけど......
  人間の身体って電気が通るものなんですか?」



 ええ。

 日常生活で感じることはほとんどありませんけれど、
 私たちの身体が動くたびに、電気現象が起こっているんですよ。

 心臓が動くときに発生する電気現象をとらえるのが「心電図」。
 筋肉の動きを電気的に図示するのが「筋電図」。
 脳の働きを電気的に表すものが「脳波」です。



 「脳まで!
  ものを考えるだけで、電気現象が起こるんですね」



 実は、身体と電気にはとても密接な関係があるんです。
 目には見えませんから、認識しづらいですけれどね。



 ▼体内に電気現象が起きるワケ


 「でも、なぜ身体のなかで電気現象が起きるんですか?」



 それは、人間の体内が電解質で満ちているからです。
 体液や細胞といった身体の組織には、電気的性質を帯びた
 「陽イオン」と「陰イオン」が存在しています。
 そして、一定の電気現象を生じているのです。



 「体内に陽イオンと陰イオンがある......。
  それってつまり、どういうことですか?」



 私たちの身体は、電子のやりとりをおこなうことができる。
 電圧をかければ、電流が流れる。
 そういうことです。



 「へぇぇ。なんだか不思議ですね~~~」



 ▼電気の使い道


 電気と人体の関係を研究する
 「電気生理学」という学問もあるんですよ。

 現在では、大きく分けて2つの方向から
 アプローチがおこなわれています。


 ひとつ目は、人体に発生する電気現象を究明して
 健康診断に役立てようというもの(脳波や心電図)。

 もうひとつは、外部から電気刺激を与えて
 健康や治療に役立てようというもの。


 後者のように、人体の外から電気を意識的に与えることを
 "通電"といい、イオン導入法はこちらに該当するわけです。




 「なるほど~。
  なんだか今日は、私の頭のなかにも電気が通ったみたい。
  新しい知識はビビビ!って刺激がありますね」



 ▼お肌には何も浸透しない! じゃなかったの?


 白木さんに興味深く思っていただけたみたいで、
 今日はよかった、よかった。



 「あれ? でも牛田さん。ひとつ疑問が......。
  確か、お肌には何も浸透しないって
  以前におっしゃってましたよね?」



 いい質問ですね。

 なぜイオンはお肌に浸透するのか。

 そして、現在おこなわれている「イオン導入法」について
 牛田はどんなことを考え、感じているのか......。


 次回、お話したいと思います。
 どうぞお楽しみに!


  ★牛田への感想・コメントがありましたら、
   お気軽にどうぞこちらへ。
  http://hisesshoku-derm.com/archives/01about/info.php



*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
   ☆メルマガ☆『秘密のプロジェクト』も好評配信中!
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

 はげしく稼動中! の『秘密のプロジェクト』。
 "ほやほや"の最新情報をメルマガでお届けしています。

 最新号をちょっとだけご紹介。
 

 ○プロトタイプA開発秘話!!
 ============================
 一番ピリピリして「何もつけない」ができないと赤くなる・・・
 化粧品の常識が見事にひっくり返っている原料です。

 無謀にも・・・どうしてそんな原料を開発したのでしょう?
 その訳はこちらに↓
 http://hisesshoku-ryouhou.com/


 ○プロトタイプA・モニター募集中!
 ==================================
 開発コードは Pr-A 通称"プロトタイプA"
 モニター・スタッフと開発した秘密の原料です。

 測定に来なくてOKです。
 全国から海外からも応募者殺到中!

 プロトタイプA・読者モニター応募フォーム
 こちらから↓

  https://marketstyles.co.jp/monitor/

 パスワードはメルマガ「秘密のプロジェクト」にあります。

 (パスワードはメルマガで発行されています。
  ご希望の場合はお手数ですが、メルマガをご登録ください。)

 プロトタイプD(病院用)の測定モニターが募集される?新たな展開が
 「秘密のプロジェクト」で発表されるかもしれません。

 次号の「秘密のプロジェクト」は6月29日配信予定。
 ご登録はこちらから→< https://marketstyles.co.jp/mm/ >



 ○プロトタイプAの秘密が公開されています。
 =========================================
 mixiの「秘密の化粧品」コミュニティです。
  
 トピック:プロトタイプAの秘密を語ろう!
 こちら→http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=11584748



 ○秘密のファンデーション開発開始!
 ==================================
 開発に参加するには
 こちら↓
 http://hisesshoku-ryouhou.com/form/fdmoni_entry.html
 まだ募集中ですよ。

 「何もつけない」ができた方、チャレンジしている方の声は
 こちら↓
 http://hisesshoku-ryouhou.com/contents/fmoni_comment.htm


 ...続きは『秘密のプロジェクト』をお読みくださいね。

 ☆ご登録はこちらからどうぞ!
 →< https://marketstyles.co.jp/mm/ >

【次のエントリー】
 →第104号 お肌にビビビ!?『イオン導入法』の秘密<後編>

【前のエントリー】
 →第102号 どうして今日はピリピリするの?『ピリピリのメカニズム』の秘密

このページのTOPへ