バックナンバーメールマガジン「秘密の皮膚科学」

2019年06月19日配信

第575号 勇気が出ない?『不安な方へのアドバイス』の秘密

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2019/06/18━☆
    健康な素肌を取り戻すために知ってほしいこと

           「秘密の皮膚科学」

    第575号 発行者:シニアフェロー 牛田専一郎
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆


 みなさん、こんにちは。
 シニアフェローの牛田専一郎です。


 「牛田さん、お手入れしている人の肌のほうが
  きれいに見えるというご質問メールを
  いただいていますよ」


 白木さん、ありがとうございます。

 日々たくさんの美容情報や
 広告を見聞きしていると、

 あたかも化粧品できちんと
 「お手入れ」することがきれいな肌になる
 秘訣のように思ってしまいますね。

 今回はそんな不安や疑問について
 お伝えしていきます。

☆-------------------------------------------------------☆

         勇気が出ない?

      『不安な方へのアドバイス』の秘密

☆-------------------------------------------------------☆


 ▼お手入れは必要?


 Nさんがこんなご質問をお送りくださりました。


 「やはりお手入れは必要?」Nさん(50代女性)
 *━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*

 年配の方に限らず、スキンケア、お化粧、
 お手入れをされている方で綺麗な方が
 いらっしゃいます。

 逆にお手入れされておらず、肌が老化して
 いらっしゃる方をお見かけすると、

 やはりお手入れは必要なのかと感じて
 しまうことがありますが、お手数お掛け
 致しますがご意見お聞かせくださいませ。

 *━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*


 「非接触生活に興味を持たれる方にとって、
  一番の悩みや懸念点が、これですよね」


 そうですね。

 このメルマガでは何度もお伝えしているように、
 そもそも化粧品とは、効果が
 期待できないものなのです。

 その理由は、次の3つでしたね。


 ●体内を守る役割を一番外側で
  担っている皮膚は、異物を侵入、
  浸透させないから。


 ●皮膚は、それ自体で完結した器官であるから。

  皮膚の健康は、精妙なバランスのうえで成り立っています。
  皮膚常在菌と皮脂膜がバランスを維持できるのは、
  肌に何もついていないときだけです。


 ●薬機法において、化粧品は、
  安全性の面から効能・効果があっては
  いけないことが定められているから。


 さらに、乳液やクリームなどの基礎化粧品にも、
 使用感をよくするために界面活性剤や
 シリコンなどの一次刺激性物質が配合されています。

 効果が期待できないだけでなく、
 肌の弱い方は肌トラブルを起こしてしまうこともあります。






 ▼化粧品を使っていなくても......


 「つまり、化粧品を使うことによって、
  肌を傷つける可能性があるということですか?」


 白木さん、その通りです。

 日常的に化粧品を使わない男性や、
 お手入れをしていない方でも
 肌が傷んでいることがあります。

 一般的に化粧品を使っていないという方も、
 洗顔フォームやシャンプーは使っていたり、
 洗濯洗剤の切り替えをしていない方がほとんどです。

 肌を傷めるものとの接触が続いていると、
 肌は健康な状態になることができません。


 「なるほど、確かに何も化粧品だけが
  肌を傷めるものではないですもんね」


 そういうことです。






 ▼わかっていても、不安?


 「ただ、そうとはわかっていても、
  なかなか勇気を出せない方も
  いると思いますが......」


 理論はわかっているけれど、
 勇気がなくてチャレンジできないという方に。
 先輩フェローからアドバイスが届いていますよ。


 *━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*

 〇「焦らず気楽に」40代女性

 諦めず焦らず気楽に続けていたら、いつか改善します。

 * ------------ * ------------ * ------------ * ------------ * 

 〇「根気よく続けて」30代男性

 はじめは皮むけ、乾燥で改善するのか心配でしたが、
 根気よく続いていれば必ず改善します。
 続けてほんとうに良かったです。
 これからも続けていきます。

 * ------------ * ------------ * ------------ * ------------ * 

 〇「肌には何もいらない」30代女性

 ゆっくりと肌が綺麗になって本当に感謝しています。
 8項目を習慣にするとともに、世の中の化粧品などの
 様々な広告に騙されないようになりましょう。

 人間の体は強いので、ほんとうは肌には
 何もいらないのです、ということを伝えたいです。

 * ------------ * ------------ * ------------ * ------------ * 

 〇「当たり前だと思っていた習慣が」30代女性

 ヘアブリーチを継続していて髪は傷んでいます。

 お湯洗髪を始める前は自分の髪では無理だと
 思っていましたが、"何もつけない"が気になって
 仕方なかったのでやるなら全部一気にやめようと
 思い立ってお湯洗髪も始めました。

 初回の感想はシャンプーやトリートメントなどを
 使わなくてもそんなに変わらないなという感想でした。

 このサイトで自分なりに勉強した結果、
 シャンプーを使う事で、洗浄成分により汚れは
 落ちやすくなる代わりに

 毛髪はパサつきが出やすくなり、
 トリートメントで応急的に落ち着かせないと
 扱いにくくなると思いました。

 当たり前だと思っていた自分の習慣と
 考え方が180°変わりました。

 シャンプーの魅力的なCMや広告を鵜呑みにせず、
 "何もつけない"の心地よさを沢山の方に
 感じてもらいたいです。

 *━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*


 「たくさんの経験者たちの声は、
  励みや勇気になりますね!」


 そうですね。

 みなさん勇気を出して始めてみたからこそ、
 健康な素肌を手に入れることができたのですね。






 ▼おわりに ~みんなも不安からスタートしている~


 今回はNさんのご質問を紹介しながら、
 一般的な「お手入れ」をしない不安について
 お話しました。

 白木さん、いかがでしたか?


 「最初は不安かもしれませんが、
  取り組むことで得られる変化があるので、
  Nさんにもぜひ勇気を出してほしいですね!」


 そうですね。

 アドバイスをくださった先輩フェローのみなさんも
 最初は不安だったようです。

 それでも思い切ってやってみたら
 肌が変わるということを
 体感された方が多いですね。

 勇気が出ないという方も
 まずは1週間などの短い期間を目安に
 チャレンジしてみましょう。






 ☆ご相談・ご質問など、お気軽にどうぞこちらへ。
  →→ http://jstcd.or.jp/contact/


関連性の高い記事

【次のエントリー】
 →第576号 久しぶり?『お湯洗髪の質問』の秘密

【前のエントリー】
 →第574号 原因不明?『皮膚疾患の経過報告』の秘密

このページのTOPへ