バックナンバーメールマガジン「秘密の皮膚科学」

2019年04月23日配信

第568号 意識してる?『肌を傷めるもの』の秘密

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2019/04/23━☆
    健康な素肌を取り戻すために知ってほしいこと

           「秘密の皮膚科学」

    第568号 発行者:シニアフェロー 牛田専一郎
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆


 みなさん、こんにちは。
 シニアフェローの牛田専一郎です。


 「牛田さん、メルマガでは何回も
  『肌を傷めない』って出てきますが......
  肌が傷むとはどういうことなんですか?」


 一般的には肌は少しでもこすると
 ダメージになると言われることもありますね。

 今回はどんなことが肌にとって
 ダメージとなることなのかお話いたします。
☆-------------------------------------------------------☆

          意識してる?

      『肌を傷めるもの』の秘密

☆-------------------------------------------------------☆


 ▼肌が傷んだ状態とは?


 肌はとてもデリケートと言われますが。

 肌の役割は体内を守ることです。
 少しこすったくらいでは傷んでしまうことは
 ありません。

 「肌が傷んでいる」とは、
 タンパク質が変性していたり、
 傷ついて修復されない状態のとき。

 第566号でもお話しましたが、

 皮膚の防御機能が損なわれた状態(炎症)が
 続くと、その部分の色を黒く変えて
 体内を守っているのでしたね。


  ☆第566号 夏前に?『シミの基礎知識』の秘密
   http://hisesshoku-derm.com/archives/2019/04/566.php


 炎症は、生体の防御反応で、
 傷ついたり、変性を受けた細胞を分解したり
 修復したりするために起こります。






 ▼肌を傷めるものいろいろ


 「牛田さん、肌は何が原因で
  傷むのでしょうか?」


 肌を傷める(皮膚の防御機能を損ねる)
 ものにはさまざまなものがあります。


 *━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*

 〇角質層が破れる(外傷)

 スクラブ入りの洗顔料で洗ったり、
 ナイロンタオルでごしごし
 こすったりしたときなど、

 物理的に角質層に傷がついた状態。

 出血したり体液が滲出します。
 処置が必要です。

 * ------------ * ------------ * ------------ * ------------ * 

 〇熱(高温・低温)

 タンパク質は高温になると変性します。
 また、0度以下の低温でも変性が起きます。

 熱変性が起きた状態は、やけどの状態です。
 深いやけどの場合は、修復しきれずに
 色素沈着することがあります。

 * ------------ * ------------ * ------------ * ------------ * 

 〇酸変性・アルカリ変性

 薬品などによってpHが極端に変化すると、
 タンパク質に変性が起きます。

 この性質を利用しているのがパーマです。

 毛髪タンパク質のジスルフィド結合を
 還元剤で切断し、カーラーで巻いて
 形を作った後、酸化剤により再び
 ジスルフィド結合を形成させます。

 こうして元の毛髪タンパク質とは違った
 立体構造に変えて、髪に癖付けを
 しているのですね。

 肌の弱い人は、アルカリ温泉で
 カサカサになり酸性温泉では
 カサカサしない傾向がありました。

 * ------------ * ------------ * ------------ * ------------ * 

 〇変性剤(一次刺激性物質)による変性

 このメルマガではおなじみの、
 界面活性剤や尿素など一次刺激性物質による
 タンパク変性です。

 * ------------ * ------------ * ------------ * ------------ * 

 〇強い紫外線

 よくご存知のことと思いますので
 解説は割愛します。

 *━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*


 「こうして改めて見てみると、
  肌を傷めるものにもいろいろ
  種類があるんですね!」


 そうですね、白木さん。






 ▼傷んだ状態を長引かせないことが大切


 「肌を傷める原因として
  一番多い原因は何なのでしょう?」


 日常的にそれとは知らずに触れるものの中では、
 変性剤(一次刺激性物質)が一番多いです。

 タンパク質を変性させるものについて
 見てきましたが。

 変性して損傷したタンパク質は、
 すぐに分解され、修復されています。


  ☆第141号 お茶に渋味を感じる理由『タンパク変性』の秘密
   http://hisesshoku-derm.com/archives/2008/04/141.php


 タンパク質の分解と修復は、
 分子レベルではミリ秒(1/1000)単位で
 行なわれているそうです。

 皮膚のタンパク質もそのように
 修復されていれば、肌トラブルは
 起こらないはずですが......

 実際には同じ接触があっても、
 皮膚トラブルが起きてしまう人と、
 起こらない人がいます。

 その理由は明らかになっておりませんが。






 ▼まとめ ~傷んだ状態を続けないことが大切~


 今回は肌にダメージを与えるものに
 ついてご紹介しました。
 白木さん、いかがでしたか?


 「一次刺激性物質との接触以外は、
  薬品や高温など、極端な環境での
  ダメージですね」


 そうですね。
 肌は意外と丈夫なのです。

 接触の影響を受けやすい肌の弱い人は、

 ・「肌を傷めるもの」と接触をしない
 ・接触した状態を続けない

 ことを普段から意識できれば、
 肌のトラブルを減らすことができますよ。






 ☆ご相談・ご質問など、お気軽にどうぞこちらへ。
  →→ https://jstcd.or.jp/contact/


関連性の高い記事

【次のエントリー】
 →第569号 よくある悩み?『非接触生活を始めた方の声』の秘密

【前のエントリー】
 →第567号 これだけで?『肌の改善報告』の秘密

このページのTOPへ