バックナンバーメールマガジン「秘密の皮膚科学」

2015年08月25日配信

第473号 原因、見つけました!『実践者のレポート』の秘密(2)

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2015/08/25━☆
     健康な素肌を取り戻すために知ってほしいこと!

            「秘密の皮膚科学」

     第473号 発行者:シニアフェロー 牛田専一郎
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆


 みなさん、こんにちは。
 シニアフェローの牛田専一郎です。

 前回から、肌トラブルの原因を
 ご自分で見つけた方のレポートをご紹介しています。

  ☆認定フェロー・Kさん、ベテラン測定フェロー・Mさんのレポート
   http://hisesshoku-derm.com/archives/2015/08/472.php


 今回は、非接触生活実践者の
 Hさんから届いたレポートをご紹介します。

☆------------------------------------------------------------☆

           ── 原因、見つけました! ──

            『実践者のレポート』の秘密(2)

☆------------------------------------------------------------☆


 ▼Hさんから、切実なご相談が届きました


 *━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*
  ◆『非接触生活を始める前よりも、悪化しています』
  ------------------------------------------------------------

  非接触生活を個人で始めて1年以上経ちますが、
  以前よりも皮膚が悪化しているようで、非常に悩んでいます。

  非接触生活研究会の写真の事例を
  逆に進んでいるような状態です。

  去年4月ごろに非接触生活を始め、石けんや日焼け止め、
  化粧水などのスキンケアをやめ、メイクもすべてやめました。
  ペーパータオルも使用しています。

  洗濯物は、実家暮らしのため、
  家族が柔軟剤などを使っていますが
  一応自分のモノだけは、指定洗剤に切り替えています。

  皮脂は減り、さらっとはしていますが
  逆に乾燥しすぎのようです。


   -------- *---------- *---------- *---------- *---------

  ◇乾燥・痛み・赤みが出始めました


  症状は去年10月ごろから徐々に出始め、今現在は、
  顔全体の乾燥、ぴりぴりした痛み、赤みがあり、熱を持っています。

  夜寝ていると痛がゆくて(半分寝たまま)、
  爪で押してしまっています。

  朝いちでは赤みも無くきれいなのですが......。
  首の一部にも症状が広がってきてひび割れ、
  顔も良くなる気配がなさそうです。

  アレルギーなども疑い、今年1月に皮膚科へ行きましたが
  ワセリンやその他金属などのアレルギーはなく、
  内臓などの別の病気の疑いもなく
  「普通の人よりは肌が敏感。アトピーの人ほどではないが、
   そのような数値がでている」とのことで
  抗生剤(塗り薬)をもらいました。

  ですが、通うことの負担と治療の仕方に不安を感じ
  1ヶ月ほどで通院は止めてしまいました。

  もともと猫のふけ、だに、ほこりなどのアレルギーはあるのですが、
  このような症状が慢性的にでることはありませんでした。


   -------- *---------- *---------- *---------- *---------

  ◇ワセリンをぬっても赤くなります


  近頃はワセリンを塗ると赤くなりますので、
  ごく薄くぬり、氷で冷やしたりして、しのいでいます。
  扇風機やエアコンの風が痛く感じることも。

  市販の塗り薬「オ○○イン」を試しましたが、
  かゆみがおさまるかわりに、
  1日で皮膚がごわごわになるのを感じ止めました。

  沖縄在住で、毎日片道30分程かけて車通勤ですので、
  手袋や帽子などで紫外線対策をしていますが
  紫外線の「やけど」もあるのではないかと怖いです。
  もともと、陽に当たるとひりひりするタイプです。

  お湯洗髪は調子が良く、皮脂がほとんどないと言って良いほど
  減っています。顔・首以外の体は特に問題なく、
  以前よりすべすべになっていると思います。

  どうか何かアドバイス頂けないでしょうか。
  長い間一人で試行錯誤し悩んだのですが、
  出口がみつからず、ご相談させて頂きました。


 *━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*






 ▼牛田からのアドバイス


 牛田はHさんにこんなお返事を書きました。


 ◎家族と洗濯機を別にしましょう

  柔軟剤は洗濯槽に残留し、洗濯物に付着します。
  ご家族が柔軟剤を使っているならば、
  同じ洗濯機を使わない方が良いでしょう。

  非接触生活の実践者のなかには
  一人用のバケツ洗濯機を使っている方や、
  肌にじかに触れるものだけを手洗いで洗っている方もいます。

 
 ◎手洗いを徹底しましょう

  手には一次刺激性物質が付着しています。
  洗顔をするときやワセリンをつけるときは、
  必ず手を洗ってから、顔に触れましょう。

  推奨のペーパータオルを使って、
  流水のもとで一次刺激性物質を洗い流します。

  ☆動画で解説【手の洗い方】
   http://hisesshoku-ryouhou.com/archives/2014/06/20140612.html


 ◎肌に触れているものを見直しましょう

  日常生活の中で、思わぬところで
  一次刺激性物質に触れているかもしれません。

  顔や額に肌トラブルが現れてしまったときの
  チェックポイントをご紹介しています。
  当てはまるものがないかどうか、チェックしてくださいね。

  ☆第324号 部分別?『トラブルの原因推測』の秘密 <顔・額>
   http://hisesshoku-derm.com/archives/2012/08/324.php
 
  
 ◎車内の紫外線によるやけどの心配はないでしょう

  車のガラスは、紫外線カットになっている場合がほとんどです。
  手袋や帽子で対策すれば問題ありません。






 ▼1週間後、Hさんからご報告が届きました


 *━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*
  ◆『冷静に見直したら、原因が見つかりました』
  ------------------------------------------------------------

  先日はお返事ありがとうございました。

  気をしっかり持って見直してみたところ、
  首部分の肌荒れは、新しく買った安物のストールを
  付けた頃ぐらいから出始めたようで、使うのをやめて
  そのまま他の接触に気をつけて生活していたら
  きれいになってきました。

  顔の方は、以前のメール時から一旦落ち着いた後、
  また一気に荒れてぼこぼこに腫れてしまったのですが、
  その直前に

  ・猫(猫がしばらく居てふけなどが落ちた部屋)
  ・新品の洋服の試着
  ・外出先での接触(歯医者で顔にかけるタオル)
  ・車内で使っている日よけの手袋

  などなどの接触があったようです。


   -------- *---------- *---------- *---------- *---------

  ◇シャワーでかゆみが治まることも発見


  そんな時はあれこれ悩むよりシャワーの水流で流すと
  一気にかゆみが治まることも発見できました。

  「肌が荒れた自分が醜くて辛い」「かゆくて辛い」
  ということに気持ちが先に折れて、
  冷静さを失ってしまいそうでしたが
  お返事のおかげで、もう一度、
  気をしっかり持って取り組もうと思えました。

  それと洗濯について、情報ありがとうございました。
  「小型のバケツ洗濯機」なるものの存在を知らなかったので、
  「なるほど!同居の人はそうすれば良かったのか」
  と思うと同時に、早速調べて注文しました。

  近々届く予定ですので、引き続き
  肌の様子を観察していこうと思います。


   -------- *---------- *---------- *---------- *---------

  ◇冷静であることを心がけながら


  車内の紫外線について、非接触のサイトや本などで
  「防御していれば安全」と知ってはいたことですが
  肌が荒れるとどうしても紫外線の強い土地柄、
  不安になって質問してしまいました。

  冷静さを保つことが、一番
  肌のためには大事かもしれません。

  悪化してばっかりに思いがちでしたが、
  以前より「さらっ」とした理想の肌に近く、
  くすみも減っていると母に言われました。

  それでも普通の人よりは荒れていますが
  だからこそ、「非接触生活」続けていきたいと思います。

 *━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*






 ▼おわりに ~ 冷静に見つめて ~


 Hさんのレポートは以上です。
 白木さん、いかがでしたか?


 「折れかけていた気持ちを立て直し、
  肌トラブルの原因を見つけ出したHさん。すごいですね!」


 そうですね。
 
 肌の状態が悪くなると
 どうしても気持ちが沈みがちになりますが、
 Hさんのおっしゃるように、冷静に、
 日常生活で肌に触れているものを
 一つひとつ、見直すことが大切です。

 このメルマガで何度もお話していることですが、
 肌に手遅れはありません。

 現在がどんな状態でも、
 悪化の原因となっているものを取り除けば、必ず改善します。

 悪くなった部分だけでなく、良くなっている部分にも目を向けて、
 希望を持って取り組んでいきましょう。

 Hさん、詳細なレポートをありがとうございました。




 ☆ご相談・ご質問など、お気軽にどうぞこちらへ。
  →→ http://hisesshoku-ryouhou.com/archives/06info/info.html


関連性の高い記事

【次のエントリー】
 →第474号 肌が変わる?『非接触生活ができると』の秘密

【前のエントリー】
 →第472号 原因、見つけました!『実践者のレポート』の秘密(1) ~

このページのTOPへ