メールマガジン「秘密の皮膚科学」

2015年01月13日配信

第443号 寒暖差?『顔のほてり』の秘密

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2015/01/13━☆
     健康な素肌を取り戻すために知ってほしいこと!

            「秘密の皮膚科学」

     第443号 発行者:シニアフェロー 牛田専一郎
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆


 みなさん、こんにちは。
 シニアフェローの牛田専一郎です。

 最近、顔の【ほてり】についての
 お問い合わせが増えてきました。

 ◎運動や緊張で、顔が赤くなってしまう
 ◎室内と屋内に気温差があると、顔が熱くなってしまう

 などの声が届いています。

☆------------------------------------------------------------☆

               ── 寒暖差? ──

                『顔のほてり』の秘密

☆------------------------------------------------------------☆


 ▼メイクで赤みを隠している方も


 *━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*
  ◆『緊張したり運動したりすると、顔が真っ赤に』(20代・女性)
  --------------------------------------------------------

   何もつけない生活を始めて、
   1ヶ月が経とうとしています。

   すっかり慣れてきたものの、
   ノーメイクで仕事に出ることに、まだ抵抗があります。

   というのも、子供の頃から緊張や照れなどで
   顔が真っ赤にほてりやすい体質だからです。

   運動後や汗をかいたときにも頬が赤くなるため、
   仕事で忙しく動いていると、
   熱があるのでは? と周りから心配されてしまうことも。

   私自身、赤くなっているのが恥ずかしくて、
   集中できなくなるので、化粧がやめられません。

   何もつけない生活を続けることで、
   このほてりやすさは、改善されるのでしょうか?


 *━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*
  ◆『屋外と室内に気温差があると、顔がほてります』(女性)
  --------------------------------------------------------

   夏場はそんなに酷くはないのですが、
   冬に、外から暖かい室内に入って
   しばらくすると、顔だけが熱くなります。

   お酒など摂取しなくても、酔ったように
   頬のあたりが熱を持ち、赤くなってしまいます。

 *━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*






 ▼ほてりの原因はさまざま


 一般に、顔のほてりには
 次のような原因があると言われています。

 ・緊張や怒りなど精神的なもの
 ・疾患
 ・寒暖差
 ・皮膚の炎症

 など。


 精神的なものや、疾患によるものについては、
 非接触生活では改善できません。

 疾患が原因と思われる方は
 専門医を受診してくださいね。

 寒暖差で顔がほてるのは、
 急激な気温差によって毛細血管が拡張するため。

 運動後に顔が赤くなるのも、
 身体を動かすことによって血行が良くなるからです。






 ▼肌が傷んでいると、赤みが出やすい


 肌の深部に炎症が起きていると、
 血行が良くなったときに、赤みが出やすくなります。

 肌の見た目が白くなっても
 深部の炎症が改善するまでには
 もう少し時間がかかります。

 顔のほてりや赤みが気になる方は、日常生活で
 一次刺激性物質との接触を積み重ねないように
 注意しましょう。

 ☆第352号 自分でできる?『接触物の見つけ方』の秘密(1)
  http://hisesshoku-derm.com/archives/2013/03/352.php




 
 
 ▼実践者からのご報告


 間接接触をしないように徹底することで
 運動後の赤みやほてりが軽減した、
 というご報告が届いています。


 *━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*
  ◆『外出先でも"小さな接触"をしないように』(50代・女性)
  --------------------------------------------------------

   週4回ほど、フィットネスクラブに通っています。

   汗をふくタオルを入れて持ち歩くバッグの内側が
   抗菌剤仕様のため、タオルを四つ折りにして
   肌にふれないように気をつけていました。

   しかし、頬の赤みやほてり、カサつきに改善がなく、
   こちらで購入したペーパータオルを持参して
   汗をふくようになってから、汗がしみなくなりました。

   シャワーヘッドやシャワールームのドアの取手、
   洗面台の蛇口なども、ペーパータオルと流水でぬぐって
   使うようにしてからは、運動後の頬の赤みやほてりが
   かなり軽減しました。

   自宅ではできていることも、外ではなかなか難しく、
   些細なことでも、積み重なればダメージにつながるのだと
   痛感した次第です。

 *━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*


 この他にも、
 10年間ニキビに悩んできた方の事例があります。

 非接触生活の実践で肌が白くなりましたが、
 運動をすると赤みが出ていました。

 それが普通だと思っていましたが、
 最近になって、以前と同じ運動をしても
 顔に赤みが出なくなったことに気づいたそうです。


 この事例からも分かるように、
 肌の炎症が完全に治まるまでには
 少し時間がかかるのですが......

 一次刺激性物質との接触を
 完全に断つことができていれば、
 必ず、肌は白い状態に戻ります。

 安心して、ちょっと気長に取り組んでくださいね。






 ▼おわりに ~ 衣類で体温調節を ~


 今回は顔のほてりについてお話しました。
 白木さん、いかがでしたか?


 「冬場の顔のほてり!
  私も気になっていました。
  手足は冷えているのに、顔だけ熱かったりして」


 日常的に寒さを我慢したり、
 屋外と室内に大きな気温差があったりすると、
 心身にストレスがかかり、
 知らぬ間に疲労が蓄積されていきます。

 それに伴って、
 肌のバリア力も衰えてしまいます。

 出かけるときは少し厚着をして
 身体を冷やさないようにしましょう。

 室内でも、衣類を着たり脱いだりして
 暖かさを調節するとよいですね。




 ☆ご相談・ご質問など、お気軽にどうぞこちらへ。
  →→ http://hisesshoku-derm.com/archives/01about/info.php

関連性の高い記事

【次のエントリー】
 → 臨時号 『主婦の友社の取材を受けました』の秘密

【前のエントリー】
 →第442号 冬の悩み?『身体のかゆみ』の秘密

このページのTOPへ