メールマガジン「秘密の皮膚科学」

2014年06月24日配信

第416号 3ステップ!『ファンデーションをやめる方法』の秘密

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2014/06/24━☆
     健康な素肌を取り戻すために知ってほしいこと!

            「秘密の皮膚科学」

     第416号 発行者:シニアフェロー 牛田専一郎
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆


 みなさん、こんにちは。
 シニアフェローの牛田専一郎です。

 最近、書籍や雑誌で
 『過剰なスキンケアをしない方法』が
 取り上げられるようになりました。

 その影響もあってか、
 非接触生活を始める方が増えているようです。

 日焼け止めと同じように、ファンデーションも
 つけないほうがいいことは分かっているけれど、
 突然やめることもできない......。

 そんな葛藤を抱えているビギナーが
 多いのではないでしょうか。

 今回は、ファンデーションをやめる手順をお知らせします。



☆------------------------------------------------------------☆

             ── 3ステップ! ──

           『ファンデーションをやめる方法』の秘密

☆------------------------------------------------------------☆


 ▼ファンデーション、つける? つけない?


 肌に負担をかけたくないけれど、
 肌トラブルは隠したい。

 そんなご相談がたくさん届いています。

 *━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*
   『赤みとテカリを隠したい』(20代・女性)
  --------------------------------------------------------

  日中はまだ素肌で外出できないので、
  パウダーファンデを薄くつけています。

  しかし仕事場のハウスダストに反応しているのか、
  ファンデがあわないのか、赤みが出ているのが気になります。
  どうしてもテカリが出てしまい、対処に困っています。

  パウダーファンデを重ねるのか、
  テカリを抑えるティッシュオフするのか。
  肌にかかる負担が軽いのはどちらでしょうか?



 *━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*
   『鼻の毛穴を隠したい』(40代・女性)
  --------------------------------------------------------

  以前から、鼻の頭がいちご鼻になっています。
  定期的にビ○レ毛穴パックをしています。

  そのせいか、最近すごく毛穴が目立ってきました。
  鏡をみると鼻が気になります。汚い感じです。

  そこで、鼻の頭だけファンデを塗ろうかと考えていますが、
  止めた方が良いでしょうか?


 *━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*






 ▼キレイへの近道は『隠さないこと』


 くすみ・毛穴の黒ずみ・赤み・テカリ・シミを
 改善する方法の1つは、
 【ファンデーションをつけないこと】です。

 カバー力のあるファンデーションを
 しっかりとつけていた方ほど抵抗があるかもしれませんが、
 次の3ステップで、つけない方向へ切り替えていきましょう。


 -----------------------------------------------------------
  ◆1.パウダーファンデーションを使う ◆
 -----------------------------------------------------------

  どのようなファンデーションもつけないことが一番ですが、
  ファンデーションをやめるための第一段階として、
  界面活性剤、シリコン不使用のパウダーファンデーションに
  切り替えましょう。

  少量であれば、
  洗顔料やクレンジング剤を使わずに
  水かお湯だけで落とすことができます。

  ただし、パウダーファンデーションであっても
  以下の2つに当てはまるものは
  肌に大きな負担がかかりますので、避けましょう。


  (1)オイル類をたくさん含むもの

   界面活性剤不使用を謳っているファンデーションによくあります。
   "○○オイル"など、いかにも肌によさそうなオイル類を
   複数含んでいるものは、お湯のみで落としにくくなります。


  (2)水酸化Al・酸化亜鉛・ステアリン酸などの脂肪酸を含むもの
 
   「ミネラルファンデーション」に含まれていることが多い成分です。
   パウダーファンデーションをつけると
   赤みやかゆみが出たり、カサついたりする方は、
   ファンデーションの全成分を確認しましょう。



     ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓



 -----------------------------------------------------------
  ◆2.つける量を少なくする ◆
 -----------------------------------------------------------

  パウダーファンデーションに切り替えても、
  たくさんの量をつけてしまうと
  お湯だけでは落ちにくくなります。

  パフを使う場合は、つける量に注意しましょう。

  力をいれずに、ふわっと少量を取り
  一度でさっと、肌の上に滑らせるようにつけます。

  同じところに何度も重ね塗りしたり、
  強くたたき込んだり、こすったりするのはNG。

  ファンデーションブラシを使うと
  比較的簡単に薄付きメイクをすることができます。
  力を抜いて、ブラシを滑らせるようにつけましょう。



     ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓



 -----------------------------------------------------------
  ◆3.部分的につける ◆
 -----------------------------------------------------------

  控えめな量に慣れてきたら
  ファンデーションを顔全体ではなく、
  部分的につける方法にトライしてみてください。

  目元や、小鼻の脇、口の周りなど
  顔の暗い所に部分的につけましょう。

  鏡を顔から少し離してみると
  顔の高い部分(頬や鼻など)と
  肌の明るさがつながるように見えます。

  ファンデーションを塗っていない
  残りの部分が気になるようでしたら、
  ブラシに余ったファンデーションを
  薄くのばす程度につけましょう。

  鏡に近づいてメイクをすると、
  トラブルを隠そうと厚塗りになりがちです。

  普段、人と話をする程度の距離にも鏡を置いてみると、
  それほど厚塗りをする必要がないことがわかりますよ。






 ▼ファンデーションをやめた方々からのご報告


 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


  ◆ASVCを使い始めてから、
   あきらかに肌の状態が改善されております。

   赤みはまだ少しありますが、白い肌の部分が増え、
   シミも少しずつ薄くなり、毛穴も目立たなくなってきました。

   ファンデーションをやめて
   今はお白粉、マスカラと口紅だけの化粧ですが、
   フルメイクをしていた時と比べると
   メイクを落としたときの肌疲れがなくなりました。

   やはり基礎化粧やメイクは
   肌にダメージを与えるものだったのだと確信しております。

   もう少し肌がきれいになったら、
   お粉もやめようと思っています。

   頑張って、教えて頂いている事を続けていきたいと思います。
                        (40代・女性)


 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


  ◆非接触生活を始めて2ヶ月半になります。
   ファンデーションをしない生活にもすっかり慣れましたが、
   やはり隠さない分、毛穴の黒ずみ、ニキビ跡が
   目立つような気がして気になります。

   しかし、肌は確実に良い方へ
   変化していると確信していますので、これからも迷いなく、
   この生活を続けていきたいと思っています。(30代・女性)


 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


  ◆毛穴が小さくなり、自分の皮脂が出るようになりました。
   年齢的にシワが多いこともあるのですが、
   ファンデーションを塗らない方が
   きれいに見えるようになりました。(50代・女性)


 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::






 ▼"よくなっている"という実感がモチベーションに


 さて。
 今回は段階的にファンデーションをやめる方法を
 ご紹介してきましたが、白木さん、いかがでしたか?


 「ファンデーションで隠せない分、
  肌トラブルが目立つように感じる方が多いようですね。

  でも、確実に肌は改善している。
  それを実感できるから、続けられるんですね!」



 ええ。

 どのようなファンデーションも
 つければ肌に負担がかかりますから、
 肌の弱い方ほど、やめた後の変化に驚くことでしょう。


 「たまにメイクをすると、薄付きでも
  びっくりするほど"お化粧している感じ"がするんですよね」


 なかなか勇気が出ないという方も、
 今回ご紹介した方法で少しずつ
 ファンデーションを減らしてみてくださいね。

 先輩フェローのアドバイスもご参考になさってください。

  ☆ノーメイクに抵抗があるなら
   http://hisesshoku-derm.com/contents/interactive/nomake.php






 ▼おわりに ~ やがて、ファンデーションがいらない肌に ~


 最後に、3ヶ月のサポートプログラムを修了した方(40代・女性)
 からいただいたメッセージをご紹介いたします。


 ┌────────────────────────────
 | 
 | 【化粧ノリではなく素肌を確認する日々に】
 |
 |
 | 素肌がとても気持ちよいことを毎日うれしく思います。
 | 基礎化粧品とファンデーションをきっちりつけていたときは、
 | 素肌にはほとんど関心がなかったように思います。
 | 
 | 基礎化粧品つけたあとのつけ心地や
 | ファンデーションをつけたあとの
 | 化粧のノリばかりを気にしていました。
 | 
 | ふとしたことから何もつけない生活を始めましたが、
 | 今はとても感謝しています。
 | 
 | 何もしないことで無関心になるのではなく、
 | 毎日きちんと素肌を確認する日々になりました。
 | 
 | 開始当初はシャンプーしないことに不安もありましたが、
 | あきらめずに続けてよかったと思っています。
 | 
 | そして化粧をしていたときにとても気になっていた
 | 脂浮きがなくなったことがうれしいです。
 | 
 | きれいに見せたくてした化粧が
 | 時間の経過とともに崩れ、汚くなっていた頃を思うと
 | あれは一体なんだったのだろうと思います。
 | 
 └────────────────────────────



  ◆日常生活は、素肌で過ごす。

  ◆どうしても必要なときだけ(肌にトラブルがなければ)
   軽くつける。


 これを続けていくうちに、
 ファンデーションをつける必要がない素肌になります。

 ご自分の肌の状態を見ながら
 上手にファンデーションと付き合ってくださいね。




 ☆ご意見をお待ちしております。
  質問・疑問なども、お気軽にどうぞこちらへ。
  →→ http://hisesshoku-derm.com/archives/01about/info.php





関連性の高い記事

【次のエントリー】
 →第417号 におう?ベタつく?『お湯洗髪に不安のある方へ』の秘密(1)

【前のエントリー】
 →第415号 フェローのその後『改善は続く』の秘密

このページのTOPへ