バックナンバーメールマガジン「秘密の皮膚科学」

2016年06月21日配信

第513号 肌に良い?『水素風呂』の秘密

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2016/06/21━☆
     健康な素肌を取り戻すために知ってほしいこと

            「秘密の皮膚科学」

     第513号 発行者:シニアフェロー 牛田専一郎
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆


 みなさん、こんにちは。
 シニアフェローの牛田専一郎です。

 突然ですが、白木さん。
 水素風呂ってご存知ですか?


 「最近よくテレビや雑誌で取り上げられていますよね。
  冷え性が治るとか、疲れが取れるとか、
  そして何より、肌に良いとか!?」


 読者の方からもリクエストをいただいていますので、
 今回は『水素が肌に与える影響』についてお話します。


☆------------------------------------------------------------☆

              ── 肌に良い? ──

              『水素風呂』の秘密

☆------------------------------------------------------------☆


 ▼読者のTさんから、こんなご質問をいただきました


 *━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*
  『肌がツルツルになるのは水素の効果でしょうか?』
  ------------------------------------------------------------

  この5ヶ月ほど、知人の勧めで
  水素を発生させる機械を使用して
  「水素風呂」というお風呂に浸かっています。

  エビデンスがあるのかどうかわかりませんが、
  「水素風呂」に入ると、ぬるいお湯でも発汗が多く、
  湯上りもお肌がツルツルした感触がして、
  湯冷めもしにくいのです。

  "水素は唯一皮膚から吸収できて、活性酸素を取り除いてくれる"
  というような事が書かれているのですが、
  そんな事はあるのでしょうか?

  水素風呂に入って肌がツルツルするのは
  "活性酸素を除去しているから"と言われるのですが、
  そのような体のメカニズムは本当にあるのでしょうか?

  この水素風呂の会社が謳っている内容は
  どこか理解し難いところがあるのですが、
  実際に汗をかきやすく、肌がツルツルしっとりして、
  入浴後の湯冷めもしにくいという事実があるので、
  水素自体が何か体に良い影響を与えているのかと
  思わざる得ないところもあります。


 *━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*


 Tさん、ご質問をいただきありがとうございました。

 まずは
 "水素は唯一皮膚から吸収できて、
  活性酸素を取り除いてくれる"
 という部分について。

 皮膚の役割は『体内を守ること』ですから、
 水素が皮膚を通り抜けて体内に侵入することはないでしょう。

 次に、活性酸素についてですが、
 活性水素水が体内の活性酸素へどのように働きかけるのか、
 具体的なメカニズムは明らかになっていないようです。






 ▼水素風呂で肌がツルツルになる理由


 「皮膚から水素が吸収されることはないのですね。
  けれど、Tさんは"水素風呂に入ると肌がツルツルになる"
  とおっしゃっています。

  これはどういうことなんでしょうか?」


 電気分解により水素を発生させる
 一般的な生成器の電解水素水は、
 pH9以上のアルカリ性となっているようです。

 人間の皮膚には
 『酸性に強く、アルカリ性に弱い』という性質があります。

 健康な皮膚は、皮脂・汗・皮膚常在菌などによって
 酸性に保たれていますが、強度のアルカリが皮膚につくと
 皮膚表面がタンパク変性を起こします。

 皮膚はアルカリ性に弱いため、皮脂膜が溶けてしまうのです。


 「"ツルツル"の正体はもしかして......」


 そう。溶けた皮脂膜です。

 硫黄泉などアルカリ性の温泉に入ったときにも
 肌がツルツル、ぬるぬるとした感じになりますが、
 これもまた皮膚表面でタンパク変性が起きているからなのです。






 ▼Tさんから再びご質問が


 ここまでの内容をTさんにメールでお伝えしたところ、
 こんなお返事をいただきました。


 *━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*
  『ツルツルになる理由が分かり、ビックリしました』
  ------------------------------------------------------------

  牛田様
  ご回答有難うございました。


  > 一般的な生成器の電解水素水は、pH9以上の強い
  > アルカリ性となっているようです。

  ということに、大変びっくりしました。
  資料室にあった『界面活性剤の秘密』の資料で、
  「pHと皮膚の関係」に書かれている

  > アルカリが皮膚につくとヌルヌルするのは、
  > 皮膚表面がタンパク変性を起こしているためである

  というのが、そういうことなのですね。

  また疑問が残ったのですが、

  (1)アルカリで皮脂が溶けてしまうのに、カサカサではなく
     ツルツルするのはどうしてでしょうか?

  (2)水素で代謝はアップするのでしょうか?
     (通常入浴より、発汗量が多くなる)

  もしよろしければなんですが、メルマガに
  水素と皮膚に関する記事を書いていただけると嬉しいです。

  
 *━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━*


 2つの疑問にお答えしますね。

 ◆(1)カサカサではなく、ツルツルになるのはなぜか?

  アルカリに触れることで現れる反応は、
  もともとの肌の強さによって変わってきます。

  肌の弱い方は、アルカリ泉に入ると
  肌に赤みが出たり、カサカサになったりすることがあります。


 ◆(2)水素で代謝はアップするのか?

  水素の効果で代謝が良くなる、ということは
  考えにくいと思われます。

  アルカリ性のお湯でなくても、
  ゆっくりと湯船に浸かると汗をかくことができます。






 ▼おわりに ~ 肌をよく見つめて ~


 今回は、読者のTさんの疑問にお答えしました。
 白木さん、いかがでしたか?


 「水素風呂で肌がアルカリ変性を起こすとは、
  私もビックリしました」


 入浴後に肌トラブルが起こらない、
 ツルツル感を楽しめている、リラックスできる、
 ということでしたら、使用してもよいでしょう。

 入浴後、身体に赤み・かゆみが出る、
 という場合は使用を見直しましょう。

 ご自分の肌の状態を見て、判断してくださいね。





 ☆ご相談・ご質問など、お気軽にどうぞこちらへ。
  →→ http://hisesshoku-ryouhou.com/archives/06info/info.html

関連性の高い記事

【次のエントリー】
 →第514号 1ヶ月半で?『ビギナーからのご報告』の秘密

【前のエントリー】
 →第512号 お答えします『紫外線・日焼け止めの疑問』の秘密

このページのTOPへ