バックナンバーメールマガジン「秘密の皮膚科学」

2020年01月28日配信

第602号 基準は?『強い肌、弱い肌』の秘密

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2020/01/28━☆
    健康な素肌を取り戻すために知ってほしいこと

           「秘密の皮膚科学」

    第602号 発行者:シニアフェロー 牛田専一郎
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆


 みなさん、こんにちは。
 シニアフェローの牛田専一郎です。


 白木さんは「肌の弱い人」と聞くと
 どんな印象ですか?


 「うーん・・・かぶれやすくて皮膚科に
  通うような方でしょうか。

  私はまだ使える化粧品もあったので、
  そこまで弱くはなかったのかも」


 一般的にはそんなイメージが
 あるかもしれませんね。

 でも肌の強い人はほんの一部なんですよ。

☆-------------------------------------------------------☆

           基準は?

        『強い肌、弱い肌』の秘密

☆-------------------------------------------------------☆


 ▼毛穴やシミ、シワも?


 まずはこの肌の強さ診断チャートを
 やってみてくださいね↓


 ☆肌の強さ診断チャート
  http://www.hisesshoku-derm.com/archives/03self-check/skin_check/type.cgi


 いかがでしたか?

 みなさんのご報告やお話を聞くと
 「それほど肌が弱いほうではないんですが」と
 おっしゃる方が多いですが。

 毛穴が気になったり、
 肌に乾燥感があったり、
 シミやシワが気になるという方も、
 実は肌が弱い人に入ります。


 「乾燥感や毛穴が気になるのは
  普通のことで、みんながそうなのかと
  思っていました!

  では肌が強い人というのは・・・?」


 肌が強い人というのは、
 どんな化粧品を使ってもトラブルを
 起こすことがなく、シミやシワも
 できにくい肌質の方です。

 化粧品をエンターテイメントとして
 楽しむことができます。


 「ということは、肌に悩みがある人は
  みんな肌が弱いということですか?!」


 そうなんですよ、白木さん。






 ▼「肌がそれほど弱くはない」人が気をつけること


 どのような化粧品をつけても
 肌が荒れてしまう方は、一次刺激性物質との
 接触の影響がすぐに肌に現れるので、
 対処しやすいのですが。

 ニキビができたり、
 かぶれたりすることがない、
 肌の弱い人の中でも強い方に入る方は、
 気づかずに肌を傷め続けてしまいます。


 「大きなトラブルが出なければ、
  良かれと思っていろいろな化粧品を
  試してしまいがちですよね」


 ええ。

 知らないうちに接触を繰り返し、
 深部の炎症が進むと、くすんできたり、
 シミができやすくなったりもします。






 ▼おわりに ~肌が弱いからこそ~


 肌が弱い方こそ、乳液や化粧水で
 肌を保護しなくてはいけない・・・
 という化粧品会社の宣伝もありますね。

 でも、乳液や化粧水にも
 潤った感じや使用感をよくするために
 一次刺激性物質が使われているものが
 ほとんどです。

 肌が弱いからこそ!
 肌を傷めず、皮膚本来の働きを
 活かすようにしてくださいね。






 ☆ご相談・ご質問など、お気軽にどうぞこちらへ。
  →→ https://jstcd.or.jp/contact/



関連性の高い記事

【次のエントリー】
 →第603号 ちょっとだけ紹介?『フェローの「始めたきっかけ」』の秘密

【前のエントリー】
 →第601号 病院への案内地道に?『これまでの歩みとこれから』の秘密

このページのTOPへ