バックナンバーメールマガジン「秘密の皮膚科学」

2019年12月17日配信

第598号 綺麗になりたい?『メイクするとき・落とすとき』の秘密

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2019/12/17━☆
    健康な素肌を取り戻すために知ってほしいこと

           「秘密の皮膚科学」

    第598号 発行者:シニアフェロー 牛田専一郎
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆


 みなさん、こんにちは。
 シニアフェローの牛田専一郎です。


 「牛田さん、これからお友達と集まるので
  メイクしたいんですが、肌荒れは
  したくないんですよね~」


 年末年始はイベントがたくさんあるので、
 華やかに見せたいときもありますよね。

 特別なときのために、できるだけ
 肌を傷めないメイク方法を
 お知らせいたしますね。

☆-------------------------------------------------------☆

         綺麗になりたい?

     『メイクするとき・落とすとき』の秘密

☆-------------------------------------------------------☆


 ▼はじめに、大切なポイント


 「非接触メイクをする上で、
  一番大切なポイントはなんですか?」


 まず大前提として、
 洗浄剤を使わなくても落とせるよう、
 素肌を活かした、お湯のみで落とせる
 メイクをしましょう。

 また、きれいにメイクをすることよりも
 人を美しく見せるのは、「明るい表情」で
 あることも忘れないでくださいね。

 では早速、ファンデーションです。



 【ファンデーション・チーク】

 全成分に問題のないパウダータイプのものを、
 下地をつけずにブラシで薄くつけます。

 間近に鏡を置いてメイクをしていると、
 ついつい細かいところが気になって
 重ね塗りをしたくなってしまいますが。

 ポイントメイクまで終わったら、
 人と話をするくらいの距離に
 鏡を離してチェックしてみましょう。

 ファンデーションを重ね塗りしなくても
 自分が気にするほど、人からは
 わからないものです。


 「そういえばファンデーションは、
  つけていないときの方が綺麗と言われる
  ようになった実践者の方もいましたね!」


 そうなのです。

 素肌に透明感が出ると、ファンデーションを
 つけるとくすんで見えるということがあります。

 思い切ってファンデーションを
 つけない選択もあります。
 チークをつけるだけでも血色が良く見えますよ。



 【アイメイク】

 市販のアイシャドウやマスカラ、
 アイライナーは、一次刺激性物質を
 含んでいないものが
 ほぼ見つからない状況です。

 目の周りはトラブルが出にくい場所ではありますが、
 落とすときに外に広がって、
 額や頬に赤みが出てしまう方が多くいます。

 アイシャドウもパウダータイプのものを選び、
 マスカラはお湯で落とせるものを
 選びましょう。



 【口紅】

 発色のよいものや使用感のよい市販のものには
 一次刺激性物質が使われています。

 唇がかさついたり、皮がむけたりする場合は、
 口紅をつける前に白色ワセリンをつけて
 おくと、少し影響が防げるかもしれません。






 ▼メイクを落とすとき・落とした後は


 アイメイクを落とすときは他の部分に
 つかないよう、洗顔前にお湯で濡らした
 ペーパータオルや手ぬぐいで
 丁寧にぬぐいましょう。

 ファンデーションは、
 手ぬぐいなどを使わずに
 お湯のみの洗顔で落とすのが理想です。

 どうしても手ぬぐいを使う場合は、
 強くこすらないよう優しくぬぐうように
 してくださいね。


 「メイクをした日は、何か特別なケアを
  する必要はありますか?」


 メイクを落とした後も何もつけないのが
 基本です。保湿などはせず肌を
 休ませるようにしましょう。

 メイクをする日が続いたら、
 何もつけない日を取って肌を休ませる
 時間をしっかり作るようにしてくださいね。






 ▼おわりに ~肌の負担を最小限に~


 今回は非接触生活実践者の
 メイク方法や落とし方についてお伝えしました。
 白木さん、いかがでしたか?


 「メイクを落とした後に肌トラブルが
  出てがっかり、ということがなくなれば
  ときどきメイクをしても安心ですね!」


 そうですね。

 メイクをすることは、どうしても
 肌の負担になってしまいます。

 肌への負担がゼロになる方法はありませんが、
 人と会うことが多くなるこの季節、
 必要なときはぜひ今回の方法で
 メイクしてみてくださいね。

 「明るい表情」も忘れずに。





 ☆ご相談・ご質問など、お気軽にどうぞこちらへ。
  →→ https://jstcd.or.jp/contact/





関連性の高い記事

【次のエントリー】
 →第599号 年齢は関係ない?『60代・70代の方のご報告』の秘密

【前のエントリー】
 →第597号 髪の毛がバチバチ?『静電気対策』の秘密

このページのTOPへ